YahooAuction

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

その昔、Yahoo Auctionという名前だったのですが、今はヤフオク!と表記するようになったみたいです。他にも楽天オークション、Biddersとしのぎを削るAuction業界ですが、ヤフオクはあらゆるカテゴリを扱う分野では大きなシェアをもっている印象です。Amazonマーケットプレイス、一つのカテゴリに特化した中古品やりとりや、個人で制作した装飾品を扱うサイトなど多角化している中古商品業界です。自分で商品を売りさばく手間は昔に比べれば楽になってきている印象です。ヤフオクの場合、落札後のやりとりは、その昔は、出品者と落札者とがメールでやり取りをし、現金振り込みを主体としたモノでした。今は、取引ナビというものがあってすべてヤフオク!のシステムの上でやりとりするため、互いのメールアドレスさえも必要としません。そして、落札商品代金も約億が仲介することによって、クレジットカードによる入金をサポートしていて、配送も割安な箱BOONなどの提携があったりと、進化をしています。


ただし、いいことばかりではなかったのも実情。ここ最近では売り手側はシステム利用料が必要になったり、落札側はヤフオク会員である必要があって、システム利用料がとられるようになっています。システムの変更により、利用者の本人確認が厳しいものになっていたり保証制度が充実したりと、オークションでの犯罪は減っている印象ですが、トラブルはまれにあるようです。リスクを認識して、上手に使いたいものです。


管理人もYahoo Auctionをごくまれに使うため、会員になっています。いろんなものを買ってますが、いろいろ調べたりして、何を買ったかとか、特定しないでいただければ幸いです。まぁそういう人間だというのがバレルだけなので、何を買ったかという過去はついてまわるものです。楽天やらアマゾンで買ったものも記録が延々のこっているみたいです。通販は便利だけど、そういう記録が残るのも意識しておかないといけませんね。


人間とは変態でありつつも、便利なモノを買う生き物です。開き直りが大事です。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス