Windows Driver Model

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

 Windows Driver Modelはハードウェアをウィンドウズから制御する主要な概念です。現在はWindows Driver Foundation(WDF)と呼ばれているフレームワークに移行されつつある。ハードウェア開発メーカや製作者はWDMやWDFに準拠したハードウェアにソフトウェアを与えて、Windows上で動作するようにして世に送り込まれます。ドライバーソフトウェアはデジタル署名が行われて、厳格に提供されます。


 WDM、WDFに準拠したドライバ開発はハードウェアの作成者が提供するのが一般的ですが、ハードウェアを手にしたユーザがハードウェアやソフトウェアドライバーを解析して、機能をつけ足したりすることも可能であるため、一般的にドライバ開発を行う人も散在しています。謎が多いので大きな改造はできませんが、できる人にはできる。そんな感じです。もともとハードウェア開発とソフトウェア開発に関する業務を行っていた人のスキルはすさまじいです。


 ここではプリンタドライバとかの読み解きをしたりしてみようと思います。古くから存在するWDMのカテゴリーとしてまとめて記述します。


解析



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス