Universal Windows Platform

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

記事名のとおりですが、UWPと略されるて表現されることが多いです。UWPはWindows10誕生でうまれたマイクロソフトの新しい中間制御プログラム群(分散オブジェクト技術)でCOM DCOM COM+ .NetFrameworks WindowsRuntimeといろいろやってきて辿り着いた技術です。WindowsRuntimeの膨大な技術が一瞬にして古い技術になったことには驚きですが、おもいきったことをしたものですね。すべてが無駄になるわけではない感じで発展はしていますがUWP APIによって構成されWindows10 SDKとして配布されている開発ツールを利用してUniversal、つまりは広範囲のWindows10デバイスで共通して利用できるアプリケーション開発を行うためのものと位置づけられているのだと思います。まだ出るべきものが出ていないところもありますので、本当にそうなるかは、定かではありません。


Windows10以降のストアアプリとWindows8で動作するストアアプリとでは異なる中間制御プログラム群を形成していて、Windows8と互換性を保つためにはWindowsRuntimeを利用する必要がありますし、Windows10の新技術が必要であれば、UWPを使うということになります。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス