Swift 3D

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

アメリカのコロラド州ボルダーに本社を置くElectric rain社が作成したmacromedia/Adobe flashとの連携を特徴とした3DCGアプリケーションです。Version6.0までが販売されていましたが、現在は廃業されています。管理人は4.5まで所有しています。3Dモデリング機能(プリミティブ配置・パス旋盤射出による合成・分解・拡大・縮小にアドバンスモデラーとよばれるポリゴンレベルの変形操作・頂点選択でモデリング)とオブジェクトの階層機能およびアニメーションの機能を保有したシンプルな3D機能にswfアニメーションムービークリップとしてレンダリングする機能や各種レンダリングエンジンを利用した3Dの2D化や3D動画をレンダリングできるものです。


個人で作成できる3D映像の限界点くらいまでの機能はあると思います。2万円程度のものだったと思いますので、比較的しっかりとした作りでありながら、当時としては格安・低コストで制作・維持されてきたソフトウェアでした。


ちなみにVersion4.5は、Windows10でもインストールすることが出来て動作します。とはいっても現在ではどのバージョンのアプリケーションも入手することはできないので幻のアプリケーションとなっています。


日本ではD-STORMが代理店業務を行っていましたので、現在でも当時からの日本のユーザは最低限のサポートを受けられます。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス