Suica

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

 suicaは言わずもがな、JR東日本が提供する電子マネー決済で主に鉄道各社とも相互乗り入れしているため、ほとんどの交通システムで利用することができる。しかしながら一部の私鉄や地方のバスでは相互契約がされていないことがあるため確認が必要。

主要十カードは、交通のみの支払いだけでなく電子マネーとしても相互運用している状態なので、どこのカードでも便利だが、地方における交通系電子マネーは相互になっていない事が多い。


主要十カード

  • 北海道旅客鉄道(JR北海道、Kitaca)
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本、Suica)
  • 東海旅客鉄道(JR東海、TOICA)
  • 西日本旅客鉄道(JR西日本、ICOCA)
  • 九州旅客鉄道(JR九州、SUGOCA)
  • パスモ(PASMO)
  • 名古屋交通開発機構(マナカ)・エムアイシー(manaca)
  • 福岡市交通局(はやかけん)
  • 西日本鉄道(nimoca)
  • スルッとKANSAI(PiTaPa)


 スルッとKANSAI(PiTaPa)だけは電子マネーの相互利用はできないためsuicaでpitapa対応の自動販売機なんかでの決済ができない。運賃の支払いは出来るとういうことが起こる。

ICというロゴは上記のPitapa以外のの電子マネーに付与されていて互いに交通系電子マネーを取り扱っているサインと考えてよいと思う。

ICマーク

 ICマークのある電子マネーはその他25種類の地方、交通系電子マネーが一方的に使える。地方カードではICマークのついている電子マネー取扱店ではしはらえず、交通運賃としても使うことはできない。ICマークが現在乗り入れできない電子マネーは北海道の旭川電気鉄道(ASACA)と(道北バスDoCARD)。現金で支払って利用して下さい。どちらかのカードを作れば、両方を電子マネーで支払えて、交通の電子マネー化をほぼコンプリートできます。まったく対応していない地方の鉄道もまだまだ沢山あるので、現金で支払って乗りましょう。


 suicaはJRE Pointというところに入会しておけば、JR東日本エリアでの運賃支払いのたびポイントがたまる仕組みです。


https://www.jrepoint.jp/login関東圏にお住いの型はぜひ入会しておくべきでしょう。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス