Python

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

言語と開発環境へ戻る。

 

概要

 主にiOS向け Pythonista3にて動作確認したPython3のコードについての記事になります。あと、Windows10環境におけるVisual StudioのPythonと、Anacondaについての記事もあります。


 Anacondaって変な名前は何?と思うこともありましょうか?蛇の学名がPython reticulatusです。但し、python言語そのものは空飛ぶモンティパイソンという映画の名前を借りたという説があります。映画タイトルから生まれたpythonは後付けでアナコンダにイメージを寄せていて、pythonという学術名からAnacondaは生まれた。そんな感じだと思います。


 Pythonにはいろいろな環境があります。2.x系Pythonと3.x系Python。2.xと3.xを切り替えて使えて、パッケージ数が豊富なAnaconda。他にもAnacondaと同様に異なるPython環境があります。じゃAnaconda一択じゃね?とかなりますが、Python3.6系以上を使うのが良い。シンプルな体系の範囲内で頑張るというのも簡単なプログラムをする人にとっては楽に感じるものもあります。要するにAnacondaは優秀だけど、容量が重くなりすぎる、PythonのモジュールインストーラーpipというコマンドとAnacondaのcondaというコマンドが入り組むと環境破壊が進むというややこしさもあります。Anacondaはフェラーリみたいに優秀だけど騒音でご近所からクレームが来て悩まされるみたいな感じです。身の丈にあったものを選ぶ必要があります。結局、そこが複雑怪奇になっているPython。絶賛迷走中です。永遠に解決される見込みも無いと考えている人も多そうです。フェラーリを乗りこなすには近隣の目や窃盗団や愉快犯から車を傷めつけられない自衛技術と、性能を発揮する環境の構築と運転技術が必要です。近隣をノロノロ走って、周りからは金持ちというステータスを恨む視線。強靭な心臓がなければ、恨む視線を無視して楽しく乗ることは出来ません。デメリットばかりで走るのは意味が無いことですからね。Anaconda良さそうだけど、いろいろ問題もある。Pythonにしとこうかと逃げ腰になっても、Anaconda環境じゃないと使えないモジュールが出てきて立ち止まったりもします。バイリンガル?2台持ち?そういうのもいいかもしれませんね。メンテナンスが大変ですが、いろいろなものを操れる才能も必要だとは思ったりもします。全てを知る的な奴です。二兎追うもの一兎を得ずでしたっけ?そういうこともありますので、最初はどちらか一つから始めるのもよいかもしれません。miniconda?Anacondaのちっさい奴ね。初期モジュール少な目。40いかない位のモジュール数だそうです。Anacondaは300近いモジュールです。自分は公式からAnaconda3をDownloadして自分で入れたモノを使っています。


 最初の一歩から、複雑なPythonですが、全てを理解すれば、面白い事ができるかもしれない。これから降りかかる苦難を楽しめるゆとりが必要です。


 準備はいいかい? ようこそ、Pythonの世界へ


 Plot 折れ線、パレート図、カラー見本3Dプロット
 Scatter 散布図
 Hist ヒストグラム、積み上げグラフ、複数グループヒストグラム、横向きヒストグラム
 Pi  円グラフ、ドーナツグラフ、切り出し円グラフ
 BoxPlot 箱ヒゲ図
 Violin ヴァイオリングラフ
Python matplotlibで学ぶ…グラフ描画プログラム

 

言語と開発環境へ戻る。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス