G線上のアリア

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

目次

概要

作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ


G線というのはC(ド) D(レ) E(ミ) F(ファ) G(ソ)という音階のGの音のことで(5線譜の下から2本目)これをG線上といっているのだと思います。そして、この曲はバイオリンの4本の弦の内、解放状態で弾いた音がGになる弦だけで演奏できる範囲に音が収まることからこの曲名がつけられてい、アリアってのは歌劇なんかで歌い上げる部分のことをアリアといいますから、端的に言うなら「ソの音の弦ための歌」みたいな感じなのかなぁと考えています。音域に関する説明をしましたが、一つの弦だけで演奏するってはあまり見かけません。あまり由来は気にしなくていいと思います。いろいろな説がありますが、なんだかんだいっていい曲です。

公式Wikipediaでの同名記事へのリンク


視聴できるサイトへのリンクまたは検索のキーワード


※視聴の範囲を超えて著作権を犯している可能性もあるため、著作者の申し立てやリンク先サイト管理人の判断によりデッドリンクになる可能性もあります。

楽曲を購入できるサイトへのリンク

  • G線上のアリア/オーマンディ・ロマンティック・コンサート [CD] ユージン・オーマンディ; フィラデルフィア管弦楽団 [CD] ユージン・オーマンディ およそ518円※価格は変動するため参考価格です
商品リンク


※基本的にこの項目に記述するリンクはAmazonアフィリエイトのリンクですが、他のショップの場合はURL移転や廃止によってデッドリンクになっている可能性もあります。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス