韓国語

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

使用地域は韓国(およそ4800万人)、北朝鮮(およそ2500万人)(併せて朝鮮と称しておきます。)。 さらには日本のニューカマーと呼ばれる人たちが、およそ70万人。 そして、中国にもおよそ100万人。ロシアにはおよそ40万人が使っている言語で、日本では正式には朝鮮語として表現するのが適切であるとされています。


朝鮮王朝の4代目の王である世宗(セジョン(せそう))によって作られた発音文字で「訓民正音(クンミンジョンウン)」が制定され、朝鮮地域で利用されるようになったが、実際に多くの人に使われるようになったのはそれから数百年の時を経た1943年頃です。それまでは上流階級(韓国ドラマでよくあるヤンバン両班)の人たちだけの間で漢字を使った文字表現がされていました。あまり日本がーって言いたくないのですが、朝鮮半島の庶民の識字率が低くて日本統治下(植民地ではないです。統治下です。)にあったときに、どうしたもんかなーと思った人がいたみたいで、韓国語の発音に適したハングル文字みたいなものがあって、なんやこんな便利なものがあるんやんか。なんでちゃんとまとめて理解しようとせんの?ということでハングルの体系をまとめて、日本人によって実用化できるように庶民に広く流布したとされています。


日本語と語順が同じでありながらも、発音が異なる文字が多いため系統的な類縁関係は無いというのが現在の見解となっています。


北朝鮮への入国は簡単ではない事情もあって、ここでは韓国に行ったときに使える言葉としての、韓国語という表現を用います。


管理人は外国語をマスターできる気はしませんが、知りたいという気持ちはそこそこありまして、英語8割。中国語・韓国語1割という感じで勉強していくつもりです。とりあえず、韓国語をマスターできれば、7500万人の人と意思疎通ができるようになる可能性があり、わかりあえないかもしれませんが、意思を通わせることができるようになる。そういう言語です。

勉強日誌



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス