陽はまた昇る

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

VHSの規格戦争の渦中にあった日本ビクター社の社員の探求心を描いた感動のストーリーで、製造にかかわる人にはぜひ見てほしい作品です。技術者の思いというのはこういうことなのだと共感できる作品です。だから上に立つ人間(文系あがりでも理系上がりでも技術者上がりでも)は、その思いにこたえれる人間であって欲しいです。自分は出来れば生涯を技術者として生き抜きたいとそう思っています。もちろん上に立つ人が、いないと技術者の小さな作業は経済効果を産まないわけで、技術者が偉い訳ではないです。互いが互いを尊重し合い、協力し合って、大きな会社にしたり、世の中を支えたり、世界から愛される立場にならないといけないと思います。もし上に立つ立場にならないようなことがあったとしたら、そういった思いってのは背負って行かないといけないんだと、この作品をみてそのようなことを思いました。最後に出てくる松下幸之助の役を演じている人の振る舞いが神々しいですね。神格化しすぎと言われるかもしれませんが、やっぱすごいです。田中重久と松下幸之助は自分の敬愛するべき技術者ですね。若いうちにこういう作品にであえてよかった。


商品リンク

陽はまた昇る DVD


個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス