祝典序曲 ショスタコーヴッチ

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

目次

概要

作曲:ディミトリー・ショスタコーヴィチ


軽快な旋律がぐるぐる変化しながら心地よいリズムを刻んだりを繰り返し色彩豊かな部分が登場し、聴き心地の密度は最強クラスの楽曲です。最強ってなんだ?とにかく個人的に好きだってことです。こういった音楽を聴かない人でも愉快だって感じたり、凄いって感じたりするのかはわかりませんが、親しみやすい曲なんじゃないかって思っています。そんなことないのかな…。普通の人の感性ってのがわからなくなりつつある。

公式Wikipediaでの同名記事へのリンク


視聴できるサイトへのリンクまたは検索のキーワード


※視聴の範囲を超えて著作権を犯している可能性もあるため、著作者の申し立てやリンク先サイト管理人の判断によりデッドリンクになる可能性もあります。

楽曲を購入できるサイトへのリンク

  • ショスタコーヴィチ:祝典序曲、交響詩「十月革命」、交響曲第2番「十月革命に捧ぐ」、オラトリオ「森の歌」 およそ1,406円※価格は変動するため参考価格です
商品リンク


※基本的にこの項目に記述するリンクはAmazonアフィリエイトのリンクですが、他のショップの場合はURL移転や廃止によってデッドリンクになっている可能性もあります。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス