県庁おもてなし課 有川 浩

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

高知県の観光を考えるという一大事を任せられることになった青年とたまたま出くわしたアルバイトの女性とが意気投合しつつも、県の観光を見直し、新たな展望を立ち上げると言う一大スペクタクルを描いた実在する高知県のさまざまな観光地を引き出しながら、無理難題を解決したかのように感じる作品です。ちょっとした恋愛伏線のお話も面白いです。なんていうか庶民的というか、理想的庶民像というか、そういうものが描かれています。無理やり読まされたので、あまり心に残っているシーンというのはありませんが、ちょっと強がっている昔、観光誘致案に熱のあった男の娘さんが、幼いころから一緒だったけど家を出て行った義理の兄が東京で作家をやっていて、県庁の観光を考える主人公がその兄とバイトの女性と一緒にその娘さんの家に行くシーンで娘さんが突然の来訪にどこかに走り出してしまうところはちょっとグッとくる読み応えのあるシーンになっています。結構、伏せたつもりですが、誰が誰か、わかっちゃいますかね。でも、大丈夫ですよね。


商品リンク

県庁おもてなし課 (角川文庫)


個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス