歌劇 イーゴリ公

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

目次

概要

作曲:アレクサンドル・ボロディン


聴きどころはやはり歌劇の中の一部だけです。ほかの部分もいいと感じる人はいるかもしれませんが、序曲と韃靼人(ポロヴィッツ族)の踊りに繋がるシーンのあたりだけが抜きんでていて、こんなに素敵な音楽なのになんで、急にその他の部分は退屈に感じるのかよくわからない。あえてそういう風につくってるのだろうか?ちょっと違う趣向でこの曲をピアノだけで演奏するスゴ技の持ち主もいて、その演奏もナカナカのものだ。

公式Wikipediaでの同名記事へのリンク


視聴できるサイトへのリンクまたは検索のキーワード


※視聴の範囲を超えて著作権を犯している可能性もあるため、著作者の申し立てやリンク先サイト管理人の判断によりデッドリンクになる可能性もあります。

楽曲を購入できるサイトへのリンク

  • ボロディン : 歌劇「イーゴリ公」全曲 およそ18,000円※価格は変動するため参考価格です
商品リンク


ディスク:1

1. 序曲
2. プロローグ 美しき太陽に栄あれ!
3. プロローグ ルーシの敵との戦いに、いざ行かん!
4. プロローグ 諸公よ、我らが出発の時じゃ
5. プロローグ 行きたけりゃ行けばいい
6. プロローグ ああ、あなた、私の愛しいお方!
7. プロローグ お前には弟としてヤロスラーヴナを託そう
8. 第1幕 乾いた大地の上に、昼の陽光が照り
9. 第1幕 ポーロヴェッツの娘たちの踊り
10. 第1幕 昼の光が落ち
11. 第1幕 さあみんな、娘たちよ
12. 第1幕 陽は山向こうへ沈んで眠りにつき
13. 第1幕 ゆっくりと昼は傾き
14. 第1幕 ああ! 君は何処に?
15. 第1幕 あなたなの? 私のウラジーミル


ディスク:2

1. 第1幕 でも、あなたのお父様はどうかしら?
2. 第1幕 疲れ果てた魂には夢も休息もなく
3. 第1幕 失礼いたします、公、お話が
4. 第1幕 調子はどうだ、公よ?
5. 第1幕 いいや 違うぞ、友よ
6. 第1幕 オーイ! 奴隷女たちをここへ連れて来い
7. 第1幕 風の翼に乗って
8. 第1幕 我らが汗の栄光は先祖に比肩す
9. 第2幕 ウラジーミルに栄光あれ、栄光あれ
10. 第2幕 お楽しみになりましたか、公?
11. 第2幕 もしもプティーヴルの公になれば
12. 第2幕 ガーリツキイ公に栄光あれ!
13. 第2幕 待て、皆の衆、聞いてくれ!
14. 第2幕 ヤロスラーフの御子なるウラジーミル公の御傍に
15. 第2幕 御主人様を直ちに公の椅子に即けようではないか!
16. 第2幕 私の夫、イーゴリが
17. 第2幕 公妃様、何やら娘たちがやって参りました
18. 第2幕 ああ、公だわ! 御主人様だわ!


ディスク:3

1. 第2幕 ようこそお越し下さいました、貴族の皆さん
2. 第2幕 公妃様、我々はこれが初めてではありません
3. 第3幕 軍団が帰還するぞ
4. 第3幕 我らの剣は我らに勝利をもたらした
5. 第3幕 ラッパを吹け!
6. 第3幕 よもや汗は我らを故郷へ連れて行くのでは
7. 第3幕 何故に我は戦場の露と消えざりしや?
8. 第3幕 公、出発の支度をお急ぎ下さい
9. 第3幕 ウラジーミル! まさか、これは全部本当なの?
10. 第3幕 イーゴリ公が逃走しました!
11. 第4幕 ああ! 私は泣いている、さめざめと泣いて
12. 第4幕 ああ、吹き荒ぶ風が悲しげに唸るように
13. 第4幕 周囲は何と陰気なこと
14. 第4幕 あの人よ、私の逞しい夫!
15. 第4幕 グドークを弾けよ、さあグドークを
16. 第4幕 みんな! こっちだ!
17. 第4幕 主のお恵みで、我らは再び


※基本的にこの項目に記述するリンクはAmazonアフィリエイトのリンクですが、他のショップの場合はURL移転や廃止によってデッドリンクになっている可能性もあります。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス