家電技術

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

_現状は家電を遠隔操作するための技術は既に存在している。あとは法整備だ。電波法やら安全基準やらを確立せねばならない。でもまぁ遠隔したい家電なんてのは思いのほか少ない。換気扇とかリモコンとか、なにかあったときに警報器をならしたり、ある程度おおきなストレージができれば日々の記録をして、行動から医療に情報をわたせるかもしれない。家では、人に見られて恥ずかしいような行動も多いはずだから、トイレやお風呂で裸をみられたりはしたくないし、夜の営みや、一人の営みや変態行為を見過ごしてくれるようなシステムでなければならない。


冷蔵庫の中身を自動で管理したりする技術。家の経済状態を考えてくれる技術。どんな仕事をすればお金を最大限稼げるかかんがえてくれる技術。ハローワークや求人を見なくても自動的にその日の一番大事な仕事を割り当ててくれて、最大限の見返りを身の丈にあった分だけもらえるような技術。はたまた先の項目でもふれた人間型ロボットの導入による家事全般の自動化。ロボットが楽をするための時間短縮のための便利な家電が必要だ。人間はより速く外出の準備をし、身を清め、身なりを整えることが必要で、体調の管理も万全を期してほしいし、快楽や娯楽を最適に選択できる必要があり、関わりたい人と関わりたいときにすきなだけ関わり、嫌いなものからはなるべく遠ざける。虫が嫌いな人には徹底的に家電が虫を排除してくれるし、自然を愛する人はある種の観賞用の生き物は部屋をある程度通り過ぎてもよい設定にできたり、家族や友人ともバランスのとれた設定ができる自動知能も必要だし、それらのいざこざをコミュニケーションによっていつでも解決できるし、誰にもあいたくないときの自然な人との隔離方法を提案してくれるような機能も必要だ。


快適に過ごすとは百人百様であるが、大体の人が快適に感じることをすべて技術的に可能にできれば、これほど素敵な家電はないかもしれない。

地道な改善について

概要ではおおざっぱに目指すべき姿を記述したが、現存する家電に対しての改善について気が付いたことがあって時間があれば、ココの事象について以下に記述します。今のところ未記入。時間がない。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス