化学

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

 物質の正体を明らかにしていく学問。化学という字を10回も書けば、化けるという字の頼りなさを感じ。化学という漢字自体も疑わしくなる所謂、ゲシュタルト崩壊しやすい。見えないが、そこには窒素やら酸素やら水素が存在するし、見えているものもある。それらを一度、正体不明の何かと考えて、化けの皮を剥がすという慣用句のとおりにやっていく。すでに先人たちが見つけた法則はかなり信ぴょう性が高い。まずはそれらを学ぶことも必要です。しかし、わかっていないままのことも多いことは頭の片隅に置いておく必要もある。この宇宙全体の20%程度しか人間には存在を確かめれていないのだから。それはおいておいて、そのわかっているという20%のそれらの組み合わさり方や、温度や圧力の変化でどうかわるのか。あるいは特殊な精製方法で新しい結びつきが発生したり、特殊な構造になったりするのを発見していく学問でもあると自分は思っています。物質は素粒子から出来上がっているので、そいつらの動きを知っておくという意味では、その根底には物理、モノの動き方をある程度知っておく必要もあると思います。


  • アボガドロ定数 あるいは アボガドロ数 とも呼ばれる。6.022 * 10^23 1molあたりの原子の個数(要素粒子)


個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス