傷追い人

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

この作品の主人公は、復習という名目で、鍛えられた力を発揮し、悪と戦っていく物語でありながらも、その舞台背景がポルノ制作会社であったり、助ける女性や利用する女性を性欲によって、従えるというか愛をもって制するという感じの一昔前の男のあり方みたいなものを描いた男気のある内容となっている。昨今は男女平等とかいってますが、結局のところ、体の構造が違うのだから男が力仕事をするし、女性だけが身ごもるし、子供を育てるのにも女性が適任だったことは否めないと自分は思っています。もちろん、社会進出したい女性の気持ちもわかりますから、そういう待遇が整備されていくこともあっていいと思います。でも生物体系としての男と女の役割があるわけです。時代が変わったとはいえ、そういった根本的な原理の上にたっては、男女平等をはき違えない程度に権利を主張する必要があると思います。男女は同じではないので、不平等であってあたりまえなのだと思っています。現代のジェンダー学なんかに耳を傾ければ女性の主張や社会的な考え方の変遷がわかりますが、それはそれ。女性は女性らしさをもっていてこそ、社会から遊具されたり、守ってもらえたりという立場でありつづけられるのだということも忘れないで欲しいなと願っています。この作品では、エロをとおして、そのような一昔前の男の強さや女性が一人の男に惹かれ引き付ける魅力を描こうとしているのだと思います。所詮、単なるエロアニメに見える人もいると思いますが、そういうことです。たぶん、男の人はこの作品を読んだり見たりすると少しひきつけられてしまうと思います。あそこを勃起しながらみるのも乙なモノです。現代のネット社会にうずまくエロの媒体に比べれば、たいしたことない内容になっていますが、子供時代にこれをみていた自分はすこしオマセさんだったのだと思います。簡単に言うと変態。発育に影響を及ぼすいかがわしいアニメ作品なのかもしれませんね。見る人によるでしょうが、深いものを感じる懐かしい作品です。こんなのをテレビで放送できた時代があったこと自体もなんとなく変化を感じますね。


商品リンク

  • アニメ VHS
傷追い人 VHS
傷追い人 ACT2 VHS
傷追い人 ACT3 VHS
傷追い人 ACT4 VHS
傷追い人 ACT5完結編 VHS


  • 漫画
傷追い人 少年向け:コミックセット


個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス