ルームロンダリング

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

 ルームロンダリングは事故物件は何回か住んだ人がいれば、説明義務をおわないという不動産の法令の裏をかいて、専門の住民を用意して、うまくルームロンダリングをするという中で、主人公の仮の住民は霊が見えるという能力をもっていて、その部屋で死んだ人の霊のうるさい叫びを聞きたくなくても聞いてしまい、無念を晴らすという行動に出てしまう。極力はかかわりたくないと思っているが、だんだん情がわいてきてしまう。霊があらわれると主人公が離さずもっているアヒルの置物がひかりをはなち霊があらわれたことを知らせる。不動産ブローカーと主人公の関係はつづきいろんな物件へと移り住んでいくうちに徐々に発展していく物語となっていて、おもしろい。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス