ラプソディーインブルー

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

目次

概要

作曲:ジョージ・ガーシュウィン


この曲は音程という概念を無視した部分をふんだんにとりいれた一風変わった作品で演奏する側も非常に難易度の高い技術が要求される曲です。冒頭のクラリネットのグリッサンドも通常はめったに使わない奏法で非常になめらかな変化を要求された採譜がされているため、口のカタチや指の微妙なふさぎ方を駆使していたりします。現代の管楽器はキーによって制御される穴が多いため、アナログな変化で穴をふさげるのは一部の音域に限られます。ピアノによるソロとなる部分が大部分を占めるのですが、楽団全体で息の合った演奏にするのは非常に難しいものであると感じます。演奏する困難度を知った上で聞くとまたひとつ、その素晴らしさを理解できるというのもクラシックの違った見方になると思います。歌手の歌声が素晴らしいものであることは、J-POPなんかでもよく知られていることだと思いますが、楽団の舞台の上にたっている奏者たちもまた、ひとりひとりが才能あふれるひとたちだということを忘れてはいけないことだと思います。そんなことをあらためて感じることのできる楽曲だと思います。

公式Wikipediaでの同名記事へのリンク


視聴できるサイトへのリンクまたは検索のキーワード


※視聴の範囲を超えて著作権を犯している可能性もあるため、著作者の申し立てやリンク先サイト管理人の判断によりデッドリンクになる可能性もあります。

楽曲を購入できるサイトへのリンク

  • ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー およそ1,560円※価格は変動するため参考価格です
商品リンク


収録曲目

1. ラプソディ・イン・ブルー
2. エル・サロン・メヒコ
3. アパラチアの春
4. 弦楽のためのアダージョ 作品11
5. ≪キャンディード≫ 序曲


※基本的にこの項目に記述するリンクはAmazonアフィリエイトのリンクですが、他のショップの場合はURL移転や廃止によってデッドリンクになっている可能性もあります。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス