テレビ

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

メディアへ戻る。

概要

アナログテレビの電波帯域を有効利用するべくデジタルテレビへと移行したものの、これといって有効利用したような感じは実感していない今日この頃、テレビを見る若者も減っているという噂。ネットは広大だ。それで、デジタルテレビ切り替え特需に沸いた日本の電気機器メーカーの作ったガラパゴスデジタルテレビとアジア圏の格安デジタルテレビ。いまでは日本のテレビメーカーは風前の灯だ。いくらいいもの作ったって、コンテンツがつまらなきゃ、テレビに高性能な機能を必要とする世帯も増えるわけがない。電気機器メーカーの人なんてのは頭のよい人の集団だからテレビのつまづきごときで会社が崩壊するようなこともあまりないだろうけれど…悩ませどころだろうね。


それはそうと、いろいろな技術的な発展があったのも確か…


プロテクトもかなり厳しくなって、個人利用にも不便な仕組みになっている。ダビング10やら、コピー禁止、コピーワンスという専門用語も耳にされた人は多い事でしょう。悪い事をするやつがいるからできた仕組みでもあり、権利者たちの強欲さによってもささえられている技術なのだと思う。このプロテクトのおかげで、利用用途に応じて同じコンテンツを何回も買ったり、長時間かけてアナログ・デジタル録音録画をするという猛者が登場したり、いくらかの日本人の貴重な人生の時間を搾取してきた部分もあるのではないだろうか?まぁそれは、それぞれが好き好んで失った時間だとも言えるので、たいしたことではない。もっと日本は発展していたかもしれないのになんとも残念な世の中になってしまったと感じる。だからといって、具体的にこういう権利構造にすれば、あっちもこっちも潤ったのにという明確な提案ができるわけでもないので偉そうなことをのたまうこともできませんが、録画媒体のあれこれになんやら補償金とかいってお金をかすめ取るカスはまったくのカスだとも感じます。


最近、テレビをみていて思うのは、ワイドショーや民放のニュースのやり方がもう少し気持ちのいいものにならないのかとやや不満を抱く。ニュースひとつであーでもないこーでもないと論評や社説を述べたい気持ちもわからんでもないけれど、民放のニュースは酷い。毎日が視聴率との戦いなもんだから放送内容は、その日の一番悲惨な事件をもってくる。一人の人の命の重みはみんな平等なのに、同じ日に子供が虐待されて殺されても、一人の人間がみずから他国に行って人質になったということを延々と放送し、殺された子供の放送はなかったり、それで、いざ人質がころされたら次はもとにもどして数日前の虐待の事件。見てる側も仕方なしに見せつけられるのがテレビという存在でもある。いやなら見なければいいは通用しない。民放といえども国の許可を得て、貴重な電波を使って日本の国民に情報を発信しているのだ、ひまさえありゃテレビみてる人も多いのが日本人のほとんどだ、なんなら、テレビの内容ひとつで、その一日の日本人の気持ちをコントロールすることだってできる。


震え上がるような凶悪な事件があれば、われ先へとマスコミは被害者宅へ乗り込むし関係者の気持ちもつい知らず、面白半分にインタビューをする。何が報道だとおもわせるような時間の配分だ。くだらない論評を重ねるばかりで、事件の予防になるような社会づくりへの提案はほとんどない。犯罪心理をあばき、その犯罪者の社会環境にどう問題があったのか?罪を憎んで人を罰せずだ。最初から金持ちで幸せな家庭で両親に愛され自由に育てられ、慕われて、敬まれていきていけば、犯罪者になる確率はどれだけ低いだろうか?すべての犯罪は社会の責任であり、連帯責任があるとすれば、ひとりひとりが痛みを感じなければならないはずだ。テレビが他人事なら、みてるほうも他人事になってしまう。広告の収入を得て視聴率をあげることで収益を得るテレビ局の構造が報道をゆがめているのだとしたら、まずはその構造を変えなければ、よいテレビ番組は作れないのではなかろうか?時代がかわったなどと言い訳を並べずしっかりと見据えてやってほしいものだ。芸能人の幸せな話に時間を割くのはいい。楽しい話に時間を割くのもいい。だが、離婚だの、不幸だのスキャンダルをおいかけつづけて何が楽しい?そんなものは雑誌やオンデマンドで見たい人だけが見ればいいのではなかろうか?公共の電波に本人も嫌な思いをするような話を無理やり乗せてほしくない。


そんな風にぼくは考える。


でも、そんなこと考えたって世の中かわらないのは知っている。ただそう思っているという事を知っていてほしい。それだけだ。


追記170306:

近年の民放は情報系のリアルタイムやニュースの枠が多い。これは視聴率というよりは実時間で見てもらうということを重きに置いていて、録画して撮りためるような視聴体系のコンテンツを極力減らしたいというTV局側の狙いがあるんじゃないかと推察します。頑張ったところでどうにもならない枠にはドラマの再放送をあてこんだり、2時間ドラマの再放送なんかを流す傾向にあると思われます。バラエティ番組も試行錯誤はありますが、収録時間と取れ高の割合をあげるべく、通常1時間の番組を月に1回くらいがそれぞれの番組が持ち回りでSP枠として2時間から5時間の番組なったりしている感じです。CMの割合はおおよそ10%から18%です。10%が放送法の規定なので、のこりは番宣をねじ込んだり番組と番組の間に別番組を入れ込んで、つげかえみたいなことを試行錯誤している感じです。つまりは、スポンサー料の低下とテレビ制作コストの上昇や機材の調達や各種権利費用なんかの増加があって、収支がおいついていかない状態に推移しつつある苦境にあるということです。それでいていまだに昔のようなTV業界人の利権みたいなものを死守したいという思いがあいまっている感じです。芸能人になると知名度と日本ドリーム的なことはある可能性がありますが、単に高収入を目指すならクリエイティブな発想で企業を起こした方がお金になる時代になっています。芸能人の収入なんて大したことないという寂しい時代はこれからも続くと思います。プライバシーを犠牲にする割には(× うっとおしい 〇 うっとうしい)と感じる人たちが取り巻いてくるプライバシーのない生活に耐えれるかというところです。アイドルのような一定の美しさをもつ女性ならば、誰でもファンはつくと思います。地下アイドルでさえファンはいますし、風俗でもファンはつきます。イケメンばっかりが自分を見てくれているという状況を作り出せれば楽しいと感じるかもしれませんが、そうでもないのが普段の活動となり、同じ業界人同士の触れ合いや、有名企業あるいは一定の稼ぎ得る手法を確立した企業人との出会いのなかに理想の男性を見出したり、あるいは、その逆のことが巻き起こっては、やはりプライバシーをさらけ出すということになります。


人を楽しませるという職業であり、受け入れがたい趣向の人たちも含めて楽しませなければならない、思った以上に辛いというか一筋縄にはいかない職業であるということを肝に銘じて、世の中を楽しませていただけたらと思います。強烈なアンチを抱えることもあるわけです。辛い思いをしたときには、きっと近くにいる優秀なタレントや誰かが助けてくれるとは思いますが、一人で戦わなければいけないこともあるのやもしれません。とかく、TVやメディアを支えるのはそういう人のこころざしであり、クリエイティブな映像作家。脚本家。業界人の中でも世の中に面白いものを届けたいという思いがあつまってこそなのです。とりまきによる負のスパイラルに巻き込まれたりしないように、業界が発展していくといいなぁと思います。なんだかんだいってTVを見て育った世代です。あらゆる世代の役に立つTVやメディアのバランスであってほしいですね。

情報バラエティ

情報バラエティ番組で放送された生活の知恵をここにまとめます。 テレビ ダイエット系

 

メディアへ戻る。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス