ガンバ大阪

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

目次

概要

ヤットと宇佐美選手(J2シーズン後半戦戻りの頃から)が好き。最近は米倉選手もいい。AFCの全北戦の後半アディショナルタイムで敗退かとおもわれた最後の最期に逆転というゴールをスライディングで流し込んだ。ここ一番で決めてくれた雄姿が鮮烈に頭に焼きついた。こういう大事な場面でひっくり返せるパワーってあまり見れないだけに魅力的。死にかけ寸前の絶体絶命のピンチで助けてくれる人ってやっぱカッコいいよな。

応援方法・チャント

  • 応援方法とチャント参照先については、当管理人のブログ「よねろぐ」にて掲載していますので、省略。
よねろぐ ガンバ大阪カテゴリ
  • 初心者ガンバファンで一番気になっているのはやっぱ手拍子だと思う。攻められている時に選手を鼓舞する手拍子だが何気に難しい。
1---1--11-1-1-1-
1---1--11-1-1-1-
1---1--11-1-1-1-
1-__オイッ!オイッ!オイッ!
1---1--11-1-1-1-
1---1--11-1-1-1-
1---1--11-1-1-1-
1-__オイッ!オイッ!オイッ!
1---1--11-1-1-1-
1---1--11-1-1-1-
1---1--11-1-1-1-
1-__オイッ!オイッ!オイッ!
自分は上記のようになっていると思っています。
1---で四分音符(一拍)だと思ってください。つまり
1-が8分音符ね。てことは
1で16分音符であって
1--は付点8分音符ですね。異論は認める。


  • 年間パス持っている人は基本、開場の2時間30分前から2時間前の間にいけば先行入場できるよ!
彼女とか誘った時はいい場所とって、楽しく見れるように計画的に行動しましょう。一人でくるなら、先行入場なんていらない立ちっぱなし(市立吹田スタジアムができたんで、先行入場できなくても座れるくらいはできるようになったよね。たぶん。まだ新しいスタジアムでの試合にはいったことないんでわかんないっす。いいな。見に行ける人たち。管理人はTVで我慢してますよ。)で命をかけて応援せよ。死なない程度にね!いっしょに行く人が同類のガンバのためにすべてを捧げれる根性持ちなら、なんとでもなるよ。応援マナーを守って、知らないサポータ同志の結束を高めよう!大阪の血が流れてんねやったら、当然やんなぁ。

試合

*ガンバ目線のまとめではありませんご注意下さい。これは管理人個人のガンバ大阪と共に戦ったという、そういう感じの記録です。はっきりいって、第三者にとっては何の役にも立ちません。それはおまえの日記に書いとけよ!的な所が散見されます。

2020シーズン

2020-09-19 vs 北海道コンサドーレ札幌 19:00~ Away 札幌厚別スタジアム 第17節
 1-0。勝てた。遠藤選手からはじまった絶妙なフィードからの展開で最後は渡辺千真選手がねじ込むシュート。決まりました。やっぱ遠藤選手のパスが冴えてる時があるね。個人の技術力が相手チームと同じか上わまわっているときは、遠藤選手がいた方が良さそう。相手チームの技術力が高い時は、個人技で負けてパスが通りにくくなるので、遠藤選手の良さが消される。ハードワークで立ち向かうしか無い。ならばもっと走れる選手の方が有効。そんな感じかな。チャンスがいっぱいあって決まらない時は遠藤選手を途中から入れるべき。そんな風にウイイレ気分で言ってみた。因みにウイイレやったことない。

   

2020-09-13 vs 湘南ベルマーレ 19:00~ Home パナソニックスタジアム吹田 第16節
 0-1。また負けた。なんだこの失速具合は。Jリーグタイム見てますけど、1点も取れないのは、見どころが無さ過ぎて、さすがに辛い。負けても引き分けても1点はとって欲しい。1点とらないといくら守っても勝てないんだから。よくない負け方だった。

 

2020-09-09 vs 柏レイソル 19:00~ Away 三協フロンティアスタジアム 第15節
 0-3。かなり辛い負け方。3点差は辛い。失速モード全開です。0点はまずいっしょ。駆け付けたサポーターの皆さんに悪いっしょ。90分ごとに1点は必須の課題。

 

2020-09-05 vs ベガルタ仙台 19:00~ Away ユアテックスタジアム 第14節
 4-1。勝った。ルーキーの山本選手と倉田選手 アデミウソン選手 井手口選手が躍動した試合だった。山本選手の低い弾道でありながらゴール枠を捉えた冷静なシュート良かった。チカラ入り過ぎないで、ちゃんと狙うのは大事。よかった。倉田選手のは切り込んでの鋭い枠隅のシュート。流石。アデミウソン選手の下がりながらのヘッドはいつぞやの試合を思い出す。正確さ。あれがまぐれでないことは、このシュートで分かった。最後は井手口選手。物凄い勢いで詰めてきた。なんという嗅覚。驚いた。いい試合だった。点がいっぱい入ってご満悦です。

 

2020-07-18 vs トリニータ大分 19:00~ Home 吹田スタジアム 第05節
 2-1。勝った!攻め込んでごちゃごちゃからの倒されでPK。これを宇佐美選手がしっかり決めて同点に!そして後半にかけあがりからの広く展開した状態からアデミウソン選手にスルーパスが通って、良いコースにシュートが炸裂してゴール。勝ち越し。これを守り切っての勝利。なんか調子いい出だしで今の時点でもう5位。これは優勝する感じ。

 

2020-07-11 vs 清水エスパルス 19:00~ Away IAIタジアム 第04節
 2-1。勝った!宇佐美選手から藤春選手でゴール前へいって、それからいろいろな小刻みがありつつ最後は小野瀬選手からの1点と試合終了間際の勝ち越しゴールを渡辺選手。右へ攻めるガンバが得たチャンスから一人で奥から手前へとゴール前で切り開いてのシュートが低い弾道で左下隅に決まってのゴールでした。良かったね。まぁまぁいいシーズンスタートですね。このまま優勝しちゃうな。こりゃ。こういうこと言うと、フラグたっちゃうけどね。言わせてよ。

 

2020-07-08 vs 名古屋グランパス 19:00~ Away 豊田スタジアム 第03節
 2-2。どうなった?これからJリーグタイムを録画でみるんだぜ。 おー。引き分け。遠藤選手も途中出場してからの味方の1点があって良かった。1点目はクロスから三浦選手が頭で合わせて1点。相手に2点とられて、間際に前線に入れたロングボールがパトリック選手にわたり、それを落としたボールが渡辺選手のもとへ行き、それをしっかりと決める同点弾。

 

2020-07-04 vsセレッソ大阪 19:00~ Home 吹田スタジアム 第02節
 1-2。負けた。でも遠藤選手がスタメンで出場回数で歴代1位の記録という記念すべき試合を敗戦とは虚しい。しかもダービー。しかも無観客。Jリーグタイムだけしか見てませんけど。遠藤選手は次からはバシバシ記録を更新しまくるだけですね。いい働きをして、文句なしの記録にしてほしい。1点はアデミウソン選手のPKでしたね。

 

2020-02-23 vs横浜FM 14:00~ Away 日産スタジアム 第01節
 2-1。勝った。遠藤選手がスタメンで出場回数で歴代1位タイの記録という記念すべき試合を勝利でかざれたのは、良かった。今シーズンからは視聴契約を辞めたので、試合の感想もなくなるかも知れない。たまに地上波でやってくれるので、それを見るだけだ。


 開幕戦以降はコロナウィルスの影響で延期になっています。早く治るといいな。マスクを医療機関に優先的に行き渡るようにして、手配出来るような体制が整うと良いな。一般市民は再利用可能なマスクを使えるように販売を整えて、無駄にマスクを使わないようにして良いと思う。花粉症用には取り替え可能なフィルタがつけれるような構造のものにするとか、ややこしいか…なんの力にもなれないのが歯痒い。あと自分に出来ることは不要不急の外出を控えるだけかな。みんなで乗り切ろう。ガンバ大阪のサポーター皆はお手本にならないとな。

2019シーズン

2019-10-19 vs川崎フロンターレ 14:00~ Home パナソニック吹田スタジアム 第29節
 2-2。引き分けた。試合の中盤はかなり相手に支配されて振り回されて我慢のサッカーで、よく引き分けに出来たなという感じでした。少ないチャンスを決めきるという質の高さと集中力があったと思う。試合序盤の小野瀬選手の引き剥がしからの強烈なシュートがポストをたたき跳ね返りを詰めていた渡辺選手が決める1点目。それから、2点かえされてからの前がかりになったガンバの攻撃でうまく倉田選手に入ったクロスから強烈なヘッドが枠を捉えてゴール。相手選手とも激しく頭をぶつけ合いそのまま負傷交代…。心配だわ。これがガンバにとっての貴重な勝ち点1をもたらす結果になりました。これはこれで、良かったのかな。なんか、弱めのガンバを受け入れてしまっているような。今シーズンの終盤は残留が目標になっちゃってるし仕方ないか…。
 
2019-10-13 vs北海道コンサドーレ札幌 13:00~ Away 札幌ドーム ルヴァンカップ準決勝第2戦
 0-1。負けましたね。アウェイゴール1つとられてたのがやっぱりイタかった。0で抑え切れたら良かったのだけれど、後半の中盤ごろに鈴木武蔵選手にミドルをやられた。するどかったね。菅原選手の股を抜いてあのスピード。しょうがないわ。初のタイトルとれるんちゃうかなっていういきおいだったなぁ。ファンのひともアツイし、何回かタイトルとってるガンバファンとはちょっとアツが違うなと思った。ちょっとだけやけどね。そのちょっとってのが今回は少し効果的に働いたのかも知れない。無念なり。一点も取れなかったしどうなってんのっていうしあいでしたね。5点2点0点って嘘でしょ。調子落としまくりでした。宇佐美選手の怪我でかなりトーンダウンしたような印象です。最近の遠藤選手の役割りを担ってたとこあるのかなって思います。
 
2019-10-09 vs北海道コンサドーレ札幌 19:00~ Home パナソニック吹田スタジアム ルヴァンカップ準決勝第1戦
 2-1。勝った。アウェイゴール1つとられたのはイタイけどまずは勝てたので良かった。ハンドからのペナルティキックを宇佐美選手が決めて、試合終わり間際にこぼれ球をダイレクトに倉田選手が正確に枠を捉えてのゴール良かった。前の試合とは少し違う決定力だったけど、なんとかなった試合だった。日曜日はお昼からか…次も勝って決勝に進出して欲しい。でも決勝いったらかなり難しい試合になりそうな予感。負けるの怖い。
 
2019-10-04 vs北海道コンサドーレ札幌 19:00~ Home パナソニック吹田スタジアム 第28節
 5-0。勝った。今シーズン最高に良く出来た試合だった。急に何が起きたってくらいの後半45分だったなぁ。前の試合の不運さも解消されるくらいの感じで、実力がどんなもんなのかよく分からなくなった。倉田選手、アデミウソン選手、宇佐美選手、渡辺選手、藤春選手がそれぞれ得点。倉田選手のは、走り込んだスペースにアデミウソン選手からパススピードと距離が完璧な感じ、走り込んでいたので体勢的には難しかったけどしっかり枠内にシュート出来て良かった。アデミウソン選手のは、バックステップでのヘッドなのに物凄いシュートスピードでマジか!と思った。宇佐美選手のは、前にガンバにいた時を彷彿させるドリブルによるこじ開けと振りの早いシュート。渡辺選手のも相手を引き剥がすような横へのドリブルからのうまく狙えたシュート。藤春選手のは、キーパーとの競り合いもあっての強引なネジ込みとどれも上手くいったなぁ。これが皆んなの実力だとしたら調子上がり過ぎだけどシーズン後半のココでようやく本調子って事なのかな。うまく行き過ぎて怖いわぁな試合だったな。次のルヴァンでの2連戦も同じくらいの調子で行けるように体調維持管理とか練習したりしていて欲しい。選手全員の個の力が発揮できればこの程度の調子の良さは毎試合でもおかしくはないとは思ってた。ずっと続くといいな。そして、更なる磨きのかかった圧倒的な強さのガンバであって欲しい。


 順番は倉田選手→宇佐美選手→アデミウソン選手→藤春選手→渡辺選手の順でゴールでしたね。記憶力の弱り方が凄まじいな。
 
2019-09-28 vsセレッソ大阪 14:00~ Away 長居スタジアム 第27節
 1-3。負けた。守備の連携が悪くて序盤に2点取られ、後半早々にも1点取られ、見所もなく終わってしまった。大阪ダービーなのに戦意喪失の展開で1点でも取れたらいいなというその程度の希望しかない試合だった。セレッソがうまいという感じもなくたまたま上手くいった感じで、ガンバファンからすると、長い時間上手く行かず、つまらない試合に感じた。セレッソファンならハマりすぎて楽しかったんだろうなぁ。ガンバに隙があり過ぎた。残念。応援に駆け付けたガンバファンのみなさんの熱い声援は良かったのになぁ。終わり間際にアデミウソン選手がキーパーにぶつけに行った真横からのクロスがオウンゴールを誘う一筋の希望は良かったかな。もっといいとこ見せてあげて欲しかった。
 
2019-09-14 vsサガン鳥栖 19:00~ Home パナソニックスタジアム吹田 第26節
 1-0。勝った。試合も終盤になっての渡辺選手のヘッドから際どい所を捉え、ゴールネットを揺らした。良かった。なんしか、思いがこもっていて、良かった。渡辺選手としてもそろそろゴールでファンを喜ばせたいという頃合いだったし、ガンバの選手としてやっていくために結果が欲しかったと思う。そんな熱いゴールだった。決まったあと感きわまって、うずくまっていた渡辺選手を見るとそういう風に思えた。ガンバファンとしても大事な一戦だったし、良いゴールだった。アデミウソン選手の綺麗なクロスによるアシストが出来たのも良かったし、その横を駆け抜けて相手選手を引きつけて、アデミウソン選手に余裕を作った宇佐美選手が後半になっても駆け抜けていたのが良かった。相手を崩しきる策にはかけているが選手が持てるチカラを発揮した試合だったと思う。今のメンバなら、もっと崩しきる事は出来ると思うので、そこは普段の練習やらでもっと高めてほしい。試合全体で見ると何回か相手に決定機を与えているので負けていてもおかしくない展開だったと思う。締め切っていたといえば締め切っていたのかもしれないけれど、こじ開けられていた。でも、試合には勝てたから次にまた頑張ればいい。大阪ダービーだし、負ける姿は見たくない。試合終わり間際の藤治選手が倒れた状態になったのは心配だし、カレー券をコンプリートした小野瀬選手がいないのも心配ですね。遠藤選手のファンとしては先発してくれて嬉しい。知力が追いつく事は無いにしても、その分、はやく効果的に動けるとか技術があるとかで、総合的に遠藤選手を超える選手が若手で現れないといけないのだけれど、今のガンバにはそれを感じさせる選手はいないように思う。マルケル選手。ガンバへようこそ。
 
2019-09-07 vsFC東京 19:00~ Away Nack5スタジアム ルヴァンカップ プライムステージ第2戦
 1-2。負けたけど、試合方式で勝った。ディエゴ選手に出たガンバの右側サイド奥のフィードに抜け出されかけたところを菅沼選手が対応するも突き飛ばされるような恰好になって、振り切られて、失点。後半に入ってから裏を狙われて、うまく対処できるかと思ったボールをうまく刈り取られてGK東口選手と相手選手とで1対1になったところを上手く流し込まれて失点。0-2で2戦合計でも1-2と負け越してしまう、是が非でも1点が欲しい展開からのパトリック選手のクロスにヘッドが冴えた。パトリック選手は以前にガンバに在籍していたときに比べてパスワークがかなりよくなったし、決定機の動きもよくなったと思う。助かる。2戦合計で2-2のガンバが1点のAwayゴールで、試合方式上の勝利をグッと手繰り寄せた。これを守り切って2戦合計での勝利。


 突き飛ばされる感じのプレイは、そんなのアリなん?っていう感じだった。あれだけブロックされたら倒れるし、2失点目もボールの意外な動きを読まれて、両方ともうまいことやられた。両方ともは防げない感じの失点。この試合をとおして個と個のぶつかり合いで負けている部分も普段のガンバではありえないほど多かった。おそるべしFC東京。
 
2019-09-04 vsFC東京 19:33~ Home パナソニックスタジアム吹田 ルヴァンカップ プライムステージ第1戦
 1-0。勝った!久しぶりに勝った。2戦合計の試合なので、この試合方式の勝利を決めた訳ではないが、単体の試合として勝てたのは良かった。やられかけていたが、守備が気合い入っていたと思う。播戸さんの解説だったけど、なかなか厳しい評価だが、この試合ではおおむね正しいことを言っているように感じた。遠藤選手の凄さを贔屓目に見ての褒め方はうまかった。速くはないが走り続けれる体力、ケガをしない試合運び、知的な試合戦術眼、仲間を活かそうとする力、基本的な技術力の高さよくわかった。倉田選手の熱い思いもこの試合はうまくハマっていた。一点決めたからか?よく追いかけ切れていた。自分がチームを勝たせる!ということが出来る試合というものへの執念をみた気がする。これはこれで大事。宇佐美選手が少しうまく試合に入れていなかったのは心配。夏だし体調不良なのかな。選手個々の微妙な体調の加減はわからないが播戸さんの視点は正しいような気がした。試合途中から入った割にはボールを追いかけ切れていない。播戸さんが危惧した試合が始まる前の檄のとおりだった。小野瀬選手、菅沼選手、井手口選手もよく動いていて効果的な守備になっていた。東口選手は前の試合よりは落ち着いていて良かったと思う。播戸さんも指摘していたように試合終盤でのロングフィードは仲間を疲れさせているだけだったので、そこは修正した方がいいと思った。播戸解説員は雑い感じはあるが、現実を的確に評価していたと思う。あと、新しいことがちょいちょいこの試合ではあって、相手選手のデビュー戦と1000試合超えの遠藤選手の両極端ともいえる対比と兼ねてから初の試みが宣告されていたVARの初適用。そしてVARを導入したから使いたくなるような場面でのあえて使わないケースへの毅然とした判定と試合運びを左右する部分で実に微妙な判定でのVAR導入。今回はガンバとしては不利な判定でしたが…みてもよくわからないし、覆すほどか?と思った。ボールが落ちたところでは入っていないと思うけど、そのあとの跳ね返りで、もう少し、入ってから戻っているようにも思えるので、そこを吟味すると判定は確たる証拠も得られないなら、最初の判定のそのままでも良かったんじゃないか?と思ったり。わかりやすいポイントで判定して、VARが役に立ったね的な印象は与えられたといえば与えられたか…。ガンバファンだから、クッソクッソな判定にしか思えない。あとは、試合開始時間あたりでの雷で試合開始が遅れたことにより、選手のウォーミングアップを元プロのサッカー選手でよくしゃべる播戸解説員がウォーミングアップを解説するという非常にためになる話は良かった。その練習はどういう役に立つの?的な素人の疑問をかなり解消してくれたと思う。経験者だからこそわかる練習風景の解説ってのは素晴らしいと思った。チームがどういう調整を重きにおいていて試合の狙い。課題。試合運びで目指しているものがうかがい知れるというのがわかった。練習ひとつで戦術が予想できるというのがわかるということが体感できた。そりゃ大した効果ないと思っても、未公開練習もしたくなるわな。対策をたてた練習ばかりされるといやだもんね。ガンバファンとしては勝ったし、テレビでみておもしろいサッカーだったと思う。あとは次も勝ってJリーグ杯を制することだな。レジェンド宮本監督がいまひとつ結果を手にできていないのも寂しい。宮本監督に華を持たせてほしい。長谷川監督はなんやかんやで清水の人ってイメージだったし。レジェンド宮本監督だからこそ結果を!ジュビロの名波監督みたいにしてはいけない。それがガンバ大阪。
 
2019-08-31 vs横浜Fマリノス 19:00~ Away 三ツ沢ニッパツスタジアム 第25節
 1-3。完全に負けた。遠藤選手は今のガンバに足りない知力が補えるが、スピードが少し落ちる。劇的にチームを変えれる印象。横浜Fマリノスのハードワークは凄すぎる。前から前から連動して全員で取りに来る。どこにそんな力があるのかってくらいやられた。さすが上位を狙うチーム。ひとまず残留を決めなければならないチームとは毛色が違うね。小野瀬選手の個の打開がうまくいったのは、満足ですね。あれが見れただけでも十分っす。欲はありません。上位チーム相手なら、これくらいで満足っすかね。三冠のときには無かったような守備の崩壊が頻発するのは、何が原因なんでしょうね。東口選手も代表から漏れて、ちょっと焦りがはいってるかな?いいとこ見せたい!っていうのはあるだろうし、キーパーのフィードからチャンスを演出したいというのはわからないでもないが、ミスはよくないっすね。一回代表になってから外されるのはメンタル的にはきついと思う。一度も代表になっていない方がメンタル的には向上心だけで挑めると思うし、本人にしかわからない辛さはあると思う。ん~でも、おしい攻撃が全部はまっていたら、勝てていたような気もするし、あと少しだよね。あと少し。守備が若干だめでも攻撃で仕留めれるチームにはなれそうな気がする。
 
2019-08-23 vs鹿島アントラーズ 19:00~ Away 県立カシマサッカースタジアム 第24節
 2-2。分けた。追いついた。強いチームだったし、同人数だったしややポジティブに捉えれる内容でした。あまりうまい攻撃ではなかったかもしれないけど、いい傾向の攻撃パターンになりつつあるかなと思った。宇佐美選手のアイデアとかは好き。全体の動きがよくなっているから、活かせている部分もあると思う。それでまた全体がうまく動かされて良くなっているような、そんな感じ。多分、遠藤選手が入ってもいい感じにはなりそう。でも、最近スタメンからも外れてるし、体力とか試合勘は落ちてきていると思うので、そこらへんは心配。定期的に出場して、試合の中で10km近くを動き回るという作業が基礎体力を養うと思うし。もっと磨きのかかった攻撃を続けることで、難しいボールさばきでのシュートも質が上がってくると思う。続けて欲しい。
 
2019-08-18 vsジュビロ磐田 19:00~ Home パナソニック吹田スタジアム 第23節
 1-1。分けた。下位争いで一人少ないのに最後の最後で追いつかれた。

 

全部の試合みてたけど、感想を書く気になれなかった。

++++++++++++

 なんか、強いんだけど勝てない。そんな感じ。攻め方を攻略されているので、崩せない。ボール回しのレベルが低いのかなぁ。もっと大胆なプレーで相手を揺さぶらないとこじ開けれないような気がしてます。素人意見ですけど。何が足りないんすかね。個々の力も他の上位チームと比べてもまぁまぁある。どっちかっていうと知力が足りない。今のやり方を続けてたら勝てない。得点に繋がっているプレイの傾向を理解して、ガンバらしい着実な繋ぎをやりきって、最終的に高い確率で得点につなげてきた動きにもっていく。それを繰り返す。シュート数も少ないので、着実な繋ぎの後の決定機を迎えるプレイにいけていない。個の力が加わったので、その動きに導けるプレイヤーが増えないとね。なんしか知力が足りない。そんな風に思う。もったいない。

++++++++++++

 
2019-03-17 vs川崎フロンターレ 15:00~ Away 等々力スタジアム 第04節
 1-0 勝った。あまり本調子ではない前年覇者の川崎フロンターレ相手に一進一退の攻防で見応えのある試合展開だった。あぶない場面もあったけど、試合を通して守備としてはやるべき事はやっている感じで良かった。5ちゃんねる界隈では遠藤選手はもう年を取りすぎて上手く行っていないみたいな意見がチラホラ見かけられるけれど、やっぱり技術力もあるし、戦術やアイデアが豊富で、あれだけ長くやっていて、相手にも癖みたいなものを知られている部分があったとしても、それでも十分にガンバ大阪の試合運びを有利にしている部分が多いし、上手く行く時はめちゃめちゃハマる。そんな感じがある。もちろんミスもあるし、飛び抜けた速さや、強いシュート力というのは見られないところはある。不利な体勢からの強さをあまり見せないのは、相手の接触に対して弱いのではなく怪我をしないように逃しているような気がする。シーズンを通して一定の力を発揮し続けるところが遠藤選手の凄いところなんじゃないかなって思う。あとは年齢を重ねてもカッコいいし、女性ファンも多いし、なんだかんだいって日本屈指のボランチであり、フリーキックの名手という日本国内にとどまりながらも世界レベルにある身体の能力がまだまだ見受けられる。ガンバというクラブにとっては集客力を持っている選手でもあると思う。コーナーキックをする姿を見ていたいというサッカーファンもまだまだ多い。だから、コーナーキックではカメラを構えるファンも多い。彼が現役であるうちに多くの勇姿を目に焼き付けておきたいという、それくらいの存在だと思う。ここ2試合は遠藤選手の動きの良さを自分自身は感じているので、こういう文章を書いた。やっぱ凄くね?遠藤選手。伝わらないだろうなぁ。ボールがない時と近くにあるときと遠くにボールがある時の動き方が絶妙ですよ。上から見ている絵で、やっとでそう感じることが出来るのに、フィールド目線だけであの動きをやってるんだからさぞかし凄いんだろうと思ってしまう。それくらい冴えている。フィードの距離感とか、ワンクッションを置くだけの作業も安定している。華やかさが無いのだけれど、そこを出しゃばらずに味方に任せているところが感じられる。遠藤選手だけができる役割なんじゃないのかな。遠藤選手が居なくても試合は出来るかもしれないけれど、遠藤選手のいるサッカーは楽しい。そういう瞬間が数多くある。とそんな感じで見ていたらあっという間に後半も終わりかけていていて、終わり間際のかけあがりから出た早いクロスが密集地帯をスルーすると、何故かそこまで上がってきていた三浦選手が超フリーでゴールに流し込む崩し。そんな感じの試合でした。つまり?いろいろとあーだこーだ言っているうちに決着が付いたようなそんな試合でした。よかったよかった。

 

2019-03-13 vs松本山雅FC 19:00~ Home パナソニック吹田スタジアム ルヴァン杯第02節
 2-1 勝った 相手に許したフリーキックがスーパープレイで綺麗に突き刺さり先制を許すも圧倒的にボールを拾い続け支配したのはガンバ。ファンウィジョ選手からの絶妙なスルーパスに応えた小野瀬選手が決めて同点に、そしてアデミウソン選手のショートカウンターに追付いしていたファンウィジョ選手。相手の執拗な妨害に屈することなくゴール前まで走り切るとアデミウソン選手からの柔らかいパスが足元に来て、素早い振りでゴールに流し込んでの逆転。本節は遠藤選手を前線において自由に動き回るポジション取りをするという作戦と前から取りに来るハードワークな相手をいなすようなビルドアップ時の人数を相手チームより多くする+下り切ってのパス回しが上手かった。いい作戦だったと思う。

 

2019-03-09 vs名古屋グランパス 15:00~ Away パナソニック吹田スタジアム 第03節
 2-3 負けた。でも、いい試合でした。最後の逆転はオウンさんがゴールしまして、残念でしたが、ヒーローインタビューはオウンさんではなくて残念です。オウンさんはどこにでもいてどこにもいない。こういう時のインタビューはちょっとしらける。

 

2019-03-06 vsジュビロ磐田 19:00~ Away YAMAHAスタジアム ルヴァン杯第01節
 0-1 負けた 雨の中頑張ったのに負けたのは痛い。疲労もたまるし。身体に悪い。身体温めて調子を戻して下さい。

 

2019-03-02 vs清水エスパルス 15:00~ Away IAIスタジアム 第02節
 4-2 勝った 後半だけで4得点はいい攻撃だった。あれをやらないといけない。

 

2019-02-23 vs横浜FM 15:00~ Home パナソニック吹田スタジアム 第01節
 2-3 負けた 完全に不利な展開だったが最後に1点とって得失点差を縮めたのは良かったと思う。

 

2018シーズン

2018-12-01 vs柏レイソル 14:00~ Away 協立なんちゃらスタジアム 第34節
 4-2 負け過ぎた。勝ちに執着するあまりにやられた展開でもあったと思うし、ファンウィジョ選手抜きで、勝ちに徹するのはリスクが高すぎた。そして、何よりあのスタジアム独特の空気にも押されたと思う。黄色軍団怖い。やっぱ相性のわるいスタジアムだ。選手の動きが若干、鈍いというよりも、なんか効率が悪い動きになってしまっていた。選手の目線にならないとわからないことなのかもしれないけれど、やりにくさを増長させる景色が広がっているんだと思う。そして、何より相手チームの動きが冴えていた。降格するチームとは思えない鋭さ。決定力に欠ける我らがガンバには厳しい布陣を組まれた。でも、ファンウィジョ選手がいなくても2点取れたのは良かったと思う。アデミウソン選手が自分で持って行って決めたのは、来期に繋がる攻撃パターンになってほしい。決めきるってのは大事。記録を作ることはできなかったけれど、不運な試合でもあった。難しいコースのシュートが偶然的にも枠に行くというのも不思議なもので、多かった。相手選手のセンスが神がかっていた。あれでは今のガンバには勝てない。強いチームでもうまくいっていないチームと戦って負けることは稀にある。野球でも最下位のチームは勝つときは勝つ。そんな感じの試合だった。来シーズンはゼロからになったので、負けてちょうど良かった。変な記録にとらわれることなく、フレッシュな気持ちでタイトル奪取に果敢に食らいついていってほしい。クラブワールドカップで鹿島がガンバ以上の成績を残さないことを祈るばかり。適当に健闘してもらいたい。最初にヨーロッパのチャンピオンチームに勝つのはガンバでなければならない。
 
2018-11-24 vsヴィファーレン長崎 14:00~ Home パナソニックスタジアム吹田 第33節
 2-1 いやぁ勝ちましたね!もぎ取りました。勝ちに拘っているからこその結果だった気がします。全員が勝つ!という思いを前面に押し出していました。今日はコレでいい。という、そういう妥協がなかったですね。1点目は小野瀬選手への飛び出しに合わせた崩し切った形での先制でした。カッコよかった。そのあとの中村敬斗選手のクリアミスからの失点。決まるとは思わなかったけど、グサッと入れられました。あの角度から打って入るって滅多に無いっす。これは長崎さんも相当にシュートへの意識が高い現れです。一点でも多く、一回でも多くチャンスを作って、見に来ているサポータを喜ばせるんだっていう気概を感じる戦いでした。最下位とは言え、あなどれない。そんな感じでした。そして、後半は、前への推進力を早めようという監督の指示があったそうですが、冷静でした。前への意識は高い故の長崎さんの帰陣の速さに遠藤選手が、こういうケースでは、ちゃんとボールを回して、相手を動かす必要があるという判断が働いて、それが全員に伝わったかのようなボール回しが続いたあと、このボール回しのトライで最後は決めるんだという意識が高まったところでの、早いフィードがでると渡辺一真選手の一撃のシュートを呼び込みました。これは奇しくも相手キーパーに阻まれ、その転がった球に素早く反応していた中村選手が決めきるという結果に!うまく行き過ぎ!っていう感じでしたが、やった~!ってなった一点でした。凄い。不思議な感覚の崩しでしたね。なんだろね。あの空気感は。とにかくこの一点をまもり抜いたガンバが9連勝と21年ぶりのクラブ連勝記録をたたき出す事態に。ついにやりよった。クラブの歴史に名を連ねるシーズンへとの昇華。あのていたらくからの、まさかの記録樹立。真面目に取り組んでいれば、こういうデータをも塗り替えれるんすね。いやはや。あとは最終戦。勝って新記録への布石。やりきってほしい。次も17位が決まっている柏さんということで、気を引き締めていかないといけない戦いになりそうです。アツい。最後までアツい。そんなシーズンになりましたね。ファンの願いは一つ!


 ファンウィジョ選手は惜しかったけど、黄金の脚賞ということで、納得の受賞ですね。良かった。ものすごい得点力でした。ファンウィジョ選手のおかげで、この記録を作れたと思う。高い得点力を持つ選手がガンバには必要だったし、そういう選手を活かすチームワークがとても良い循環を巻き起こしていました。サポーターも凄かった。サイドを入れ替えて臨むガンバに応える声援でしたし、現地の方は流石です。自分も行きたかったけど、気づいたらチケット完売というまさかの事態でした。ホーム最終戦にこれだけ押し掛けるファンを獲得していたなんて!素晴らしい!感動。感動。楽しい一日になりました。
 
2018-11-10 vs湘南ベルマーレ 15:00~ Home パナソニックスタジアム吹田 第32節
 1-0 勝ちましたね!相手チームのペースを考えない運動量。だいぶ苦戦を強いられる作戦です。でも加勢をかけてくるところで、防ぎきれれば、という展開。東口選手の調子が戻ってきて、先発できたのは助かったかもしれない。いっぱいファインセーブもしてもらいました。オジェソク選手が体調不良ってことで、自分が贔屓にしている米倉選手が左サイドを張ってくれていました。そして後半、米倉選手が飛び込んであげたクロスがドンピシャでファンウィジョ選手にわたり、ヘッドでゴール。米倉選手がいきなりのアシストで、ファンウィジョ選手も連続ゴールを6にして全て勝利の記録はクラブ最高記録タイでエムボマ選手、宇佐美選手にならぶ記録。その後も互いに惜しい展開もありつつ、ガンバは猛攻を防ぎきっての勝利で8連勝。強いとは思っていましたが、ここまで強いとはね。相手はジャイキリが得意のチームでルヴァンカップも優勝してJリーグ杯で初のタイトルを獲得したばかりで、かつ、勝利に飢えているという状況。怖さが半端ない。でも最後までハードワークしたし、ハードワークしてくる相手に対応するチーム力をもっと高めて、もう少し優位にゲームを進める展開をする体力の使い方をしなければいけないという課題も見つかったし、今シーズンは最後まで勝ち続けて、欲しい。今節は我らがヤットさんこと遠藤 保仁選手が600試合というとてつもない記録に到達。凄すぎる。体調管理もプロっす。けがをしにくいプレーでファンを魅了し、チームの勝利に貢献しつづけるという超人的な人でありつづける凄さ。このまま10連勝までいって、クラブ連勝記録をつくって欲しい。でも、次も勝ちに拘るチーム長崎さんなので気が抜けない。来週は見に行きたいなぁ。
 
2018-11-03 vs浦和レッズ 16:00~ Away 埼玉スタジアム 第31節
 3-1 快勝っすね。小野瀬選手の先制弾は1トラップでシュート体勢にもっていったミドルシュート。隅の隅に決まって、スーパーゴール!そこから、ガンバのペースでしたね。追いつかれても、なんか負ける気がしない感じのプレイが目立っていました。2点目はヤットさんからファンウィジョにゴールまで行ってこい的なフィードがでると、ファンウィジョ選手がいい感じで相手ペナルティエリアまでドリブルで切り込む。まぁ無駄なく切り込んでいったので、素人ならボールとられてたんでしょうけど、横にも行けるような、いつでも違う方向に切り返せる感じでボールをコントロールしていたところが素人とは違うんでしょう。浦和の選手も一度もファンウィジョ選手に絡むことなくあっという間にシュートまでもってかれました。さすがにシュートコースが厳しいなとおもっていたんですけど、すごい回転のかかったシュートでキーパーの守備範囲を超えて、これまた枠を捉えるという軌道に持ち直したコース。凄かった。とどめの3点目も藤春選手が駆け上がり切ったところをマイナスのパスでアデミウソン選手へ、これをアデミウソン選手がきっちり枠内に強烈なシュート!。素晴らしいゴールでした。まもるというよりも攻めて、戻ってきたボールを締めて守るというスタイルは前にかかってくる選手を振り落としながらの時間の使い方になってよかった。相手は前がかりでガンバのパスワークがさえわたっていれば、やられることはほとんどないという感じで締め切った試合でした。安定の強さを感じました。渡辺一真選手が入ってからもずっとフォワード陣がハードワークしていて良かった。渡辺一真選手の強烈なシュートも2回ほどあったし、あとは渡辺一真選手のゴールラッシュが見てみたい気もする。なんしか、決めるべき人たちが、しっかり攻めてくれたのはガンバらしさを引き出していたと思う。締めるべきところもわりかし締めれていたし。ガンバにとっては良い試合でした。最後まで勝ち続けて欲しいですね。ここからは降格争いを演じているチームとの死闘に関わる試合になります。ガンバは降格がほぼなくなったので、モチベーションがちょっと違いそうなのが心配ですが、チーム一体、サポーターとも一体になって、強い気持ちでいなしきってほしい。
 
2018-10-20 vs横浜FM 15:00~ Home パナソニックスタジアム吹田 第30節
 2-1 アマノ選手のノールックパス?シュート?を仲川選手にねじ込まれて先制をゆるす展開に。東口選手の膝が前半7分で違和感に襲われたので、そこからかなり調子悪かったっす。林選手もきっちりと仕事できるようにはなってきているので、少しは東口イズムが覚醒しつつあるのかもしれません。とにかく前半はつらい展開でした。後半からキーパーも交代し、ファンウィジョ選手も入ってだいぶ勢いが変わりました。そして、右サイドバイタルまで攻めてパスを受けたファンウィジョ選手がすばらしいねじ込みと素早い振り抜きでゴール一閃。凄かった。そして、まさかの藤春選手+小野瀬選手という完璧な崩し。藤春選手へイイ感じの抜け出しのスルーパスがでて、それをマイナス気味の地を這うクロスに応えた小野瀬選手。完璧なアシスト精度でした。ガンバ強い!負ける気がしない!アデミウソン選手+渡辺一真選手+ファンウィジョ選手に倉田選手や藤春選手、今野選手、小野瀬選手、遠藤選手が躍動してるし、三浦選手、ファビオ選手、オジェソク選手、菅沼選手の守り分厚い。東口選手の足の具合は心配です。全員が連動して、いい仕事ができるくらいのバランスになったと思います。小野瀬選手のJ1初ゴールは非常に喜ばしい出来事でした。J3からの生え抜き選手がここまで力をつけて、これだけの結果を残せるなんてすばらしい。自分も自分の仕事をまた頑張りたいと思える試合でした。積み上げれるところまで勝ち点を積み上げて欲しい。上に行けば行くほど賞金はあがるんでしょ?とにかく、がんばってホクホクのフトコロ事情にしていい私生活を送って欲しい。サッカーに私生活に充実させてください。ガンバ大阪オレ!米倉選手もみたいなぁ。

 

2018-10-06 vsセレッソ大阪 14:00~ Away 長居競技場 第29節
 1-0 激しいぶつかり合いありの気持ちのこもったプレーが沢山みられた試合でした。今野選手の中盤での球の刈り取り力と感と技術。すさまじいです。今野選手とヤットのホットラインの正確さはボール支配と戦術の組み立てに優位にする形を作り出していて、素晴らしい。渡辺一真選手の迫力のあるシュートやゴール前でのパスも生きていてよかった。もう少し、正確さが増すとよいなとは思います。アウェイに乗り込んだサポーターの層の厚さも光ってましたね。ガンバガンバ大阪ガンバのコールが鮮やか。そんなこんなで迎えた前半アディショナルタイムに倉田選手からのアデミウソン選手のフィードがぴったりと来て、それを冷静にワンタッチでのループシュートへ!これが、非常に高い精度で枠を捉え、セレッソ大阪守備陣のなすすべもなくゴール!自分も両腕を挙げて喜びのポーズ!思わず、両手が上がったね。後半は双方ゆずらずのせめぎあい。ひやひやもあったけど、ガンバ堅い守りは健在でした。勝ててよかった。でも、いろいろとケガとか無理とか、負荷がかかって、傷んだ選手も多いのが厳しいですね。次の試合ではファンウィジョ選手も戻ってくるし、アデミウソン選手も含めて楽しみの多い展開です。次も勝って、降格圏内からの大脱出を決めて欲しい。勝ち点40以下が降格の目安なので、まずはこれを超えていきたいですね。心配せんでも、今のガンバなら降格はないでしょう。怖いのはケガとかでいまのバランスが崩れることです。体調管理とかストレス解消とかしっかりやってほしいっすね。
 
2018-09-29 vsサンフィレッチェ広島 16:00~ Home 市立吹田パナソニックスタジアム 第28節
 1-0 一進一退の攻防の中、コーナーキックのセットプレイから三浦選手の頭に当たったかのようなボールがファンウィジョ選手の前に来て、押し込んでのゴール。これを守り切って、4連勝。1位の広島さんからも勝利。だいぶ強いっすねガンバ大阪は。そういうことですよ。余裕です。今日は太陽の塔コラボレーションのユニホームの日で全員にコンフィットシャツが配られたみたいです。欲しい!でも行けないからしょうがない諦める!スポーツオーソリティの店員さんが着ていたので、売ってるのかなぁと思ったけど売ってなかったっす。一応、レプリカは売ってるらしい。1万円越え。高い!買えない!買えるけど!買えない!高い!それだったら普通のユニフォームの方を買います。というわけで、来年こそは参戦したいと思いました。
 
2018-09-21 vs清水エスパルス 19:00~ Away IAIスタジアム(アイスタ) 第27節
 2-1 DAZONE Friday Matchだそうで、普通に見逃しましたが、見逃し配信で確認させていただきました。開始早々のまえがかりで、スローインをちょいちょいはさみながら前進しつつ、開始1分もせずに山口から移籍してきた井野瀬選手がスルーパス。すかさず、走りこんでうらをとったあとクロスをあげるとファンウィジョ選手にわたりクロスバー直撃の強烈なあたりがさく裂。しかしボールはスピンしながら、入りそうではいらないバウンド気味でゴール前をワンバウンド、それをクリアした清水の選手のボールがゴールネット上部に突き刺さりオウンゴール。ほっといたら入ってたかもしれないし、入ってなかったかもしれない。あともう少し待てば結果はわかるあたりでしたが、ともかくオウンゴールの記録に。でも、ファンウィジョ選手は幸先よいシュートでした。その後、ファンウィジョ選手が崩し切ったボールを決めるという展開もあり、本当に得点になって前半終了。そして後半75分頃に相手に1点を取られる展開に。苦しい展開でしたが防ぎきっての勝ち点3。清水の選手の捨て身のまえがかりが恐ろしいくらい連発しまして、まじあぶなかったです。ああいうのを封じ込める作戦の切り替えが求められる。どうしたもんかのう。
 
2018-09-15 vsヴィッセル神戸 19:00~ Away ノエビアスタジアム 第26節
 2-1 関西ダービーとか阪神ダービーとかいいますが、とにかくダービーを制しました。やりました!やっぱファンウィジョ選手の動きと制動力はいい。1点目はオジェソク選手の起用采配がズバリとなった良い駆け上がりからのクロスが、イニエスタみたいな柔らかいパスになって、ちょうど相手選手の頭を飛び越えて倉田選手の足元に来ました。ちゃんと枠内に飛んで大満足です。2点目は、その倉田選手が持ち上がったところを、キーパーとディフェンダーの間を通せば良いところにちゃんと内とみせかけて外のフェイントをかけながら走り込みをしていたファンウィジョ選手にどフリーで渡って、キッチリとゴールへパスしました。完璧でしたね。今野選手も帰ってきたし、ファンウィジョ選手も帰ってきたし、渡辺一真選手もいるし、小野瀬選手もいい感じだし、遠藤選手は相変わらず元気出し、藤春選手の走力とボール保持力にも磨きがかかってきたしスローインもうまくなってきてる。あとは全体の連携力アップと疲れやすいので、メリハリと落ち着きが必要ですかね。でも、最近のJリーグのレベルも上がってきて、小賢しい時間稼ぎも通用しなくなってきてます。困った。もう一つギアの高いチーム作りが求められていますね。みんないて、強さが発揮されます。やっぱりFWが得点を決めてくれないと士気が上がらないので、得点をとれる選手がいるのは心強い。ファンウィジョ選手は当面の安心材料ですね。アデミウソン選手のドリブル力も生きると思う。なんとかバランスのとれたチームになった。なんにしてもアジア大会でファンウィジョ選手が大活躍したのはガンバにとっては良いことでした。日本にとっては辛いですけど。


 それにしても、ルヴアンカップダメダメでしたね。キーパーのちょっとした綻びであれだけ失点するのは凄まじいっす。キーパーって難しいポジションになってきてるっす。


 ファビオ選手も感激の勝利。三浦選手も躍動してたし、高選手も高江選手も気合十分です。さらに米倉選手もいるし。渡辺一真選手のシュートをみても期待できる感じ。もっと磨きをかけてファンウィジョ選手並みの得点力になってくれればどっちかが欠けたときにもバランスが保てるし、強いガンバが戻ってきた感じはする。イニエスタ選手がいても凌げた。つうかイニエスタ選手は格が違い過ぎる精度とコントロール能力とポジショニングとアイデア。体勢が難しくても常に触り方をしっている感じが凄かった。やっぱプロ中のプロは曲芸師ですね。凄まじい。


 今期はとりあえず降格しないことと、来季にむけたチーム作りをしてもらえればそれでいいかなと思います。来年もヤットさん頑張れるように体調管理をお願いします。自分も体調管理頑張って、仕事に遊びにと充実させたいと思います。大満足の3連休初日。気分が良いです。
 
2018-09-01 vs川崎フロンターレ 19:00~ Home 市立吹田パナソニックスタジアム 第25節
 2-0 2位の川崎さんに勝利ということで、大満足の自分。0で抑えたし、川崎さんはいいきっかけを作ってくれた。ありがとう。川崎さんは強いチームだけど、ガンバはもっと強いはずのチーム。得点シーンはいずれもセットプレイからということで、ここ最近うまくいってなかったので良いですが、流れの中の得点力が低いので、次節以降もまだまだ安心できない。でも、きちんときめてくれる渡辺一真選手はやっぱスゴイ。枠の外に蹴ってしまう制御の無さがガンバ品質だったので、移籍してきていただいて、ほんとに頼もしい。あとはみんなと仲良くなってもらえるといいですね。まだよそよそしい感じがします。気のせい?カップ戦に向けてもいいはずみになった。やれるはずのチーム力はあると思います。集中して、連携して、最低限の結果を残すシーズンにしてほしい。
 
2018-08-01 vsジュビロ磐田 19:00~ Away ヤマハスタジアム 第19節
 1-1 追いつかれて引き分けた。ツネ監督おしかった。ちょっと冷静さを欠いた最後だった。ガンバらしい攻めの姿勢で追いつかれたので、面白さはあった。でも、今は降格争いから抜け出さないと駄目な時期。面白さより、堅実さが必要だった。ファンとしてはね。でも、この調子で行けたら、降格圏内なんてあっというまに抜け出せるから、良しとしたい。ここ2戦は見てて面白かった。だから久しぶりに記事書いた。ガンバ大阪が戻ってきた感じ。引き続き、感動を導き出すチーム作りやってほしい。ファンウィジョ選手の詰めのゴール。前節の米倉選手のふわりゴール。よかった。どちらも攻め続けたからこそ得られた偶然のゴールだったと思う。けど、あの精度で入ることは滅多にない。もの凄いゴールだったと思う。胸張って、ガンバ大阪のエンブレム突き出していいようなゴールだった。ガンバらしさのあるチカラのこもったゴールだった。今後に繋がるという意味でも有意義なゴールだった。多くのファンは喜んでます。それでいい。いったれいったれ。
 
2018-06-13 vsジュビロ磐田 16:00~ Away ヤマハスタジアム Jリーグ杯 ルヴァンカップ プレイオフ
 3-2 勝った!けど、ここ一年、ぱっとしなかった。でも、なんか危機感というものは共有し始めていると思う。サポーター、選手、監督、スタッフ、経営陣。折り返し地点まで来た。快進撃を見せてほしい。個の成長を求められるのは、やっぱ長沢選手!ファンウィジョ選手は個の力は十分。アデミウソン選手もそうだけど、こういった選手をおぜん立てできるチーム力が必要っす。ファンウィジョ選手は宇佐美選手に近いものを持っている。足の振りの速さ。ゴールへの執念。それでいて走れる。あとはガンバ愛が宇佐美選手くらいあったらいいなとは思う。そして、成長すると強力なガンバになっていくとしたら倉田選手、藤本選手、米倉選手、オジェソク選手、藤春選手。倉田選手は枠へ蹴れる落ち着きと抜け出すときのスペースの見つけ方が、大事。藤本選手はもうちょっと全体を俯瞰できる精神力とアイデアが求められると思う。米倉選手はボール保持力をもっと高めないとダメかもね。よく走れてるので、そこからの一対一で競り負けない経験やあたりの強さフィジカルって奴?がいると思う。オジェソク選手は最近、米倉選手や藤春選手みたいにサイドを切り込む力がついてきていると思う。もっとやっていいと思うけど、パスワークの正確さと競り負けないアイデアが必要ですね。まぁ素人がどの口きくねんっていうのはありますが、そんな感じ。
 若手の中村、市丸、高江、初瀬、井出、食野選手らは、みんないいセンスあると思うけど、まだトップの器ではないですね。謙虚に自己をみつめて欲しい。トップチームに入ることすらできない人はいっぱいいる。いいところまで来てるんだから、ますます研鑽してほしい。
 井手口選手、今野選手、遠藤選手はやっぱとびぬけてる。想像におよばない動きをするし、安心感ある。でもミスもあるので減らしてほしい。GK林選手は東口選手に気負いせず自信をもってやってほしい。東口選手がいなくなるなんてことは想定できていたはず。そんな時期はこれからもまだまだある。頑張ってほしい。
 なんしか、もうJリーグ杯は本気で取りに行かないとダメだと思います。J1は、残留が目標になってしまいましたし。ファンを喜ばせるのは、Jリーグ杯しかない。意地を見せてほしい。
 なんか久しぶりにココを更新した。スタジアムには2回行きました。昨シーズンの最終ホーム、神戸戦と今シーズンホームのJ1柏戦引き分け。
 ガンバブルー美味しい。スタジアムの優雅さ、臨場感最高。ガンバ大阪遠藤選手に魅せられて良かった。いくつもの感動を人生に付加してくれた。遠藤選手のような心持ちを見習って生きていきたい。そう思わせる存在。年下だけど、見習うところが半端ない。サッカーはにわかファンだったけど、ここのところは自分の生き方を考えさせてくれるくらい影響力のあるものになっています。一緒に泣いて笑って、そうやって寄せあえるチームになったと思う。
 ひとりのファンですが、選手のみなさんや監督は、こういうサポーターの気持ちも動かすというそういう仕事をやっている。他人の人生に色を添える仕事です。役に立っていることを想い、サッカーが好きで進んだ道を楽しんで欲しい。そして、ガンバ大阪ファンやサッカーファンはそういうものにお金を出すし、互いに支え合える。選手みんなのために働くし、また見に行く。お金を使う。お金を受け取る。感動を返す。また見に行く。そのために仕事を頑張る。こういう循環が生まれるのがサッカー経済。
 ワールドカップでレベルの違いも感じるけど、ガンバがAFCで優勝して、クラブワールドカップで優勝という軌跡をたどって欲しい。
 ここに名前のでてこなかった選手もみんな頑張って欲しい。
 

2017シーズン

2017-02-08 vsマレーシア代表(ジョホール・ダルル・タクジム) 19:00~ Home 市立吹田スタジアム AFC H組グループリーグ プレイオフ
3-0 やった!勝った!マレーシア国内リーグ1位のチームが相手でした。相手は国内リーグ全勝優勝。タイ国内リーグ1位チームとの試合に勝って、このプレイオフの出場の権利を得ているとのことです。いや、規模は小さいとはいえ、なかなか気合の入ったチームだとは思います。それが、国内リーグ戦4位で、繰り上げプレイオフ当選のガンバとやりあうという展開。ガンバの毎年のように繰り返されるスロースターターっぷりが全開になれば、あやういと思っていましたが、なんつうか個人の力が圧倒的に上回っているなという試合序盤の展開でした。一発でうまくやられる展開にならなければ勝てるというそんな感じでした。その不安を打破する一発が20分過ぎに炸裂!。今野選手が左サイドにきりこんで前向きボールを保持すると、すかさず出したクロスが中央を走りこんでいたアデミウソン選手にピタリと合いコントロールの効いたヘッドがゴール右隅を貫き先制のゴール!。久しぶりの快感をガンバサポーターは味わったはず。待っていた1点が久しぶりに入ったよ。嬉しいね。そして、その数分後、たたみかけるように同じ形から藤春選手がスルーパスを出すと、相手選手3人くらいが関与できるその細い隙間を縫って中央の長沢選手にピタリと届く奇跡的スルーパスがさく裂。これを落ち着いて、長沢選手がゴール枠内に飛ばし、追加点のゴール!この展開なら安心できる点差。もう勝ったなという展開が続くものの、やはり追加点がないと寂しいかもねという時間帯に突入。そして後半にはいっての70分頃、超ドフリー!でペナルティエリア左側でボールが藤春選手にわたるも、相手ディフェンダーの飛び込みを見極めれず、相手選手にあたってのゴールちょいはずれシュート。おしい。と、思ったそれで得たコーナーキック。遠藤選手のキックが新加入の三浦選手にピタリとあって、ヘッドがさく裂。ジャンプ力とボールに合わせる飛び込み力がすごすぎ!相手選手がだれも競り合うようなこともなく、体半分くらい高く飛び込んでのゴール。良かった。倉田選手、東口選手、井手口選手、オジェソク選手の動きも健在。堂安選手も惜しいシュートありましたが僅かに枠をとらえれず、アレは残念。新加入の大宮から泉澤選手が試合終わり際に投入されるも、なんとなく試合には入りきれずという感じの印象。今後に期待。長沢選手は1得点ありましたが、フリックするようなパスの精度がイマひとつ。守備陣は危ないシーンが少なかったので力量はわからずですが、2、3回ほど守備の乱れから相手にシュートを許す場面もあったので、この辺はもう少し徹底したチーム力が必要かなと思いました。上から俯瞰だけなので選手にはわからない部分も多いと思いますし、技術力もない一般人が見ていて思った印象なんで、高望みしすぎな感想ですが、そんな感じです。相手に与えたFKでの高いライン設定を保った陣形はなんか新しい守備の強さを感じました。スロースターターガンバらしくない気合の入った試合だったと思います。この内容を今シーズン初の公式戦でやれるというのはちょっとなんか期待できます。遠藤選手も元気そうでなにより、ちょい休み太りしたかなっていう感じはある…体づくり気を付けてください。問題ない範囲だと思いますね。それよかいきなりのCKのあの精度。調子いい。集中力を感じる試合でした。今年こそはアジアの頂点。チーム一丸となって目指してほしいし、士気を高めていってほしいですね。それとサポーターがよかったと思います。ゴール裏のあの熱気。なんじゃアレはっていう感じ。べっぴんのガンバガールたちが増えた印象。サッカー観戦を楽しむ美しさ。いいと思います。平日だったっていうのもあってバックスタンドとかはあんまり人いませんでしたけど、平日でもびっしりになるような地域密着の熱いクラブチームになっていけそうな予感はしました。あともう少し、ガンバが結果を残し続けないといけないのかもしれない。勝利のセレモニーとかあったんかなぁ。テレビ中継ではわかりませんでした。現場は寒かったと思いますが勝利したし、また見に行きたいって思う人がいっぱいいたんじゃないかと思うとちょっと嬉しいですね。自分ももっと元気になってあの場所に行ってみたいなぁ。久しぶりの試合だったので、感想がだらだらと長くなってしまいました。こんなところまで、読んでくれた人いたなら、ありがとうだね。


これでAFCのH組グループリーグへ進出決定です。前回の因縁の全北現代モーターズ(ヒョンボクヒュンダイ)は審判買収疑惑で出場資格取り消し、そのかわりに済州(チェジュ)が韓国リーグから繰り上げで出ているみたいです。あとは中国のあまりきかないチームとオーストラリアのあまりきかないチームが相手ですね。サッカーチーム知らなすぎか…。


AmazonのFire TV Stick(およそ5000円、もっと上の機能のバージョンのシリーズもありますがサッカーみたいだけならこれでいいみたいです。)を購入中です。3月初めに入荷、発送されるそうです。開幕戦を自宅TVで見るのには、必要な機器ですが、間に合わないっす。PCのHDMI出力を繋いで試してみようかな~。DAZNってどうなの?ま、あせることたぁないか。今季Jリーグ中継を独占しているWeb配信サービスのダ・ゾーン DAZN(およそ2000円)も契約しないといけないけど、FireTV Stickがきてから考えます。4/6以降でよければ New Fire TV Stickを購入する方がよいみたいです。


追記 20170221

ダ・ゾーン試してみました。ダメですね。スカパーの方が断然良かった。日本の高画質なTV環境というのは世界では通用しないのでしょうか?イギリス企業にがっかりです。Jリーグ放映権の独占による獲得をしたなら、したなりのことはやってほしいですね。フレームレートが乏しいのでややカクカクしてるような感じがします。カクカクというか、なんというか、少し動きがワープしている感じ?なんつうか、なめらかなんだけど、その中間の映像もあったんじゃないかと感じるようななんともいえないほどに絶妙に心地の悪い印象のなめらかさなのです。鈍い人は気づかないかもしれないし、自分だけの違和感なのかもしれない。画質もイマイチ。ACLは日テレNews24とG+なので、料金的には良くないですが、画質は安心ですね。Jリーグって、こんな状態のTV放映でいいの?衰退していくんじゃないのこれ?スカパーでもデータ連動OndemandのWeb配信やってたし、何が問題だったんだろうか…。そんなにお金が大事だったのかな。ダゾーンはWeb配信専門だから、放送機材が安くすんでる分、強気の買い取り額を提示できるのは当たり前なわけで、放送環境の条件とかをJリーグが緩くしたってこと?そんなのでいいの?Jリーグ。月額1750円だから文句言うなってことなのかな。いろいろと心配です。スタジアムには、あまりいけないので、ダゾーンで我慢します。なんとなくボールのありかと、選手が動いているなっていうのはわかりそうなので、我慢できるかもしれない。我慢は大事だよね。耐えがたきを耐えます。カクカクするのは環境やfireTV Stickのせいかもしれませんけどね。箱形のデッカイAmazon fireTVのほうが安心のスペックのような気もするし、4/6に出ると言われているnew fireTV stickを待った方がいいのかもしれない。わからない。newの方はCPUやメモリの容量が良くなって、同じ値段です。でもJリーグは始まってしまうわけで…。とりあえず、fireTV stick → 古いのをBook offとか、オークションで売り払って、new fireTV stick → それでも満足できなければ箱形Amazon fireTVに落ち着くという技もあるかと思います。最初から箱形でもいいですけどね。なにが正解か?人それぞれだと思います。どれもタダってわけじゃないですからね。あまり悪口は言いたくないですが、やはりダ・ゾーン自体の問題ということも十分に考えられます。でも、すっごい見やすい番組(サッカー以外ですが)もあったという感想もちらほらみかけるので、今後、どういう形態でどういう風に見るのがいいのかわからんですね。docomoのスマホ・携帯・SIM(モバイル回線契約ICカード(スマホも結局コレを契約しているわけですが…))を契約している人はDAZN for docomoという格安のDAZN契約サービスもあるみたいです。確認をお忘れなく。


2017-02-22 vsアデレード ユナイテッド 18:00~ Away ハインドマーシュスタジアム AFC H組グループリーグ
3-0 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!2年ぶりで9試合ぶりのACLでの勝利。長沢選手の2試合連続の得点。ヘッドがさく裂。パスも今日は良くなってた気がするし、すこしづつパワーアップしている!次は、前線へのロングフィードをヘッドで競り勝っておさめるチカラだね。でも当分はパス精度優先で練習しておいた方がいいですかね。わかりませんけど。そんな気がしました。そして、畳みかけるような押し込みから相手キーパーが倒れこんで、今野選手のねじ込み。最後はファウルで得た相手陣地中間あたりからのフリーキックを遠藤選手が蹴ると三浦選手にピタリ。そしてそれにキーパーが無理な飛び出しをして、ボールがゴール前にとんだところを相手選手がゴールにむかってはしりこんでしまっていたところにバッチーンとあたってオウンゴール。やりましたね!やりましたね!次は3/1に済州っす。ホームっす。その前に開幕戦あります。甲府戦ですね。一足遅れの開幕戦ですが不安感抜群のDAZNで楽しみましょう。つうか、今日の時点で突如発表されたnew fireTV Stickってなんだよ。しかも同じ値段で高性能って…焦った自分は完全にっつうか少しだけ負け組だよ。1か月待ちで入手したStickが旧機種になるとは、世の中はわからん。予測できない。


2017-02-26 第1節 vsヴァンフォーレ甲府 1700~ Home 市立吹田スタジアム
1-1。何とか引き分けた。つうか、それ以前に後半は51分過ぎまでDAZNが停止で日本中の誰もがTV中継を見ることを許されなかった。違法放送だけが残された道だったらしく、全国のガンバファンは苦境に立たされたに違いない。期待していなかっただけに、虚しい。ここまでとは…。一応、DAZN側に見れませんでした。と一行のメールによる苦情をいれておいた。サーバ管理者は試合中、大変な思いをしたに違いないのだろうが、それもこれも準備不足のなせる業、サーバ負荷をかけた状態でのテストと放送事故時の訓練が足りていない。と思う。今更だが、放送事業としてはなりたっていないと思う。でも、10年2100億円の契約に目がくらんだJリーグという組織にも問題がある。よくこれで独占配信を許可したもんだと。相手の力をためさないままに1社配信を許すなんて、ずさんすぎる。ファンをないがしろにしすぎだ。こういう大きな問題はちょっとやそっとではなおせない。しばらくは強靭な我慢をファンは強いられるのでしょう。辛い。見逃し配信だけでも動いてくれれば幸いと思うべきか…。ちなみに後半51頃から配信が復活したというよりは、その頃から、DAZN側が裏でもうひとつの配信サーバ系統で男子バレーボールリーグの中継に使っていたものをJリーグ配信用に切り替えるという裏技でなんとか見れるようにしたという感じ。これは偶然発見した人でないと気づけない配信手法。公式には試合終了の5分前にツイッターでアナウンスしたようです。この問題は明日あたり、各社報道機関がDAZN叩き的な報道をしてくれないといけないわけで、誰も言わないのだとしたら、相当に大きな圧力がかかっているとみていいと思います。2ch実況板のサッカー実況chのスレッド、DAZN実況スレッドPart6あたりが、なかなかの最速ぶりで配信をバレー枠でやっていることに気づいたツワモノがレスをしています。凄い。というわけで愚痴はこれくらいにして、試合ですが、まだ見逃した部分はみていないのですが、とにかく、サイドの守備の詰めがあまくなったところを、一発のクロスで超ドフリー選手にわたり、一撃を食らうという失点が後半の中盤であったらしく、ビハインドの状況で、ピンチ。ものすごいボール支配率でゲームを進めるもなかなか最後の最後で牙城を崩せないというそんな状況。そして、DAZNが公式に復活アナウンスをして、少しは中継を見ている人が増えたあたりでのアディショナルタイム突入となるペナルティエリア右傍からのFKが火を噴きました。われらが遠藤選手の蹴ったボールが今野選手の飛び込みにフィットしてボールがゴールに流れ込むという劇的な同点弾が生まれる。カクカクした映像ですが、なんとなくわかりました。素晴らしい。なんとかもぎり返した勝ち点1。去年は負けから始まったから、良しとしよう。来年は勝ちたい。誰も見ていない配信の実況を頑張ったアナウンサー。お詫びの実況を入れてましたが、誰も見てなくても頑張って実況しました。是非、見逃し配信で!ということですので、あとで見てみようとは思います。


もうしばらく、DAZNが本気になるのを待つしかないっすね。ガンバ大阪だけが日曜日の試合の日の視聴意欲の威力を見誤った代償を理解してもらわないといけないですね。浦和戦も控えてますし…。DAZNは1000万人が配信を見ても大丈夫な規模や能力を持ってるんしょ。本気出してもらわないとね。


2017-03-01 vs済州(チェジュ) ユナイテッド 19:00~ Home 市立吹田スタジアム AFC H組グループリーグ
1-4 (´・ω・`)負けたね。前半のオウンゴールから力尽きた感じ。コーナーキックとほぼ変わらない右サイドFKをいつものごとく遠藤選手がいち早くクリア!かと思いきや、ヘッドの当たり方が薄くなり、イレギュラーフリックされたボールはゴールに。ナイスオウンゴールというような軌道。まぁやってもうたもんはしょうがないと、引き締める間もなく、ペナルティエリアライン付近で胸にあててトラップしようとしたボールが処理を誤ったように強く跳ね返り相手の前に落ちて、追加点を奪われる。そして後半早々にも失点。混戦模様となったボールが相手にわたりグラウンドにたたきつけられるような強引ボレーを決められるという運の悪いような失点。そして…まえがかりにならざるをえない状況で守備の乱れから一気に相手フォワード選手にフィールド中央ぐらいからボールを奪われたかと思うと、まさかのボールロストだったためか、東口選手がずいぶん前にポジションをとっていたところを突かれて、ロングシュート!これが、うまい具合にゴールに吸い込まれ、4失点目。なおも、まえがかりで応戦するわれらがガンバは試合終了間際に、相手ゴール前で混戦になった所、アデミウソン選手があと一歩でボールを触ればゴール確実というようなところから相手に手でユニフォームを引っ張られ倒れ、これぞPKでしょていうようなファウル。これをおちついてアデミウソン選手が決めて、一矢報いる。ここで試合終了。


流れの悪さが前の甲府戦の引き分けから続いた感じ。断ち切らねばならない!頑張っていきましょう!遠藤選手のインタビューは切り替えなければいけないという気持ちが伝わってくるものでした。よくない内容でしたが、気持ちを明るくしてやりなおしてほしい。サポータのコールの強さは相変わらずで、よかったなぁ。応援がフェアプレイでよかった。相手の選手からサポータへ頭を下げる挨拶的な礼があって、それに拍手で応えるのも、よかったと思う。試合が終わったらノーサイド。人間と人間だよね。まぁでも次はやり返す!って感じなんだろう。オッシャー!!!!次だ!次!ってJリーグはDAZNか…テンションさがる…まぁいい。まぁいい。見逃し視聴を通じて、なんとか、なにやってるかはわかるということがわかった。DAZNでも十分!じゅうぶん!オッシャラー!!!!心の超解像技術と心のスムージング処理で超滑らか映像じゃい。見逃し配信ありきっす!って、どんだけポジティブやねん…。生中継で見れるといいな。


2017-03-05 第2節 vs柏レイソル 1500~ Away 日立柏サッカー場
3-1。やったー!長沢選手が2ゴール。先制は藤春選手がサイドをかけあがったところにナイスなパスが出て、超ドフリーからのクロスがピッタリヘッドに!そして、そのドフリーさ加減のおかげもあって、相手ゴールキーパーの動きまで見えた感じで決めれたとのこと。素晴らしい!そして、しばらく膠着状態が続くも、きれっきれのアデミウソン選手。幾度となくドリブルで柏ディフェンスを切り裂く。ただし、シュートは決めきれず。どうしたん?アデミウソンさん!凄すぎる。そうこしてると2ゴール目は初瀬選手のクロスにピッタリとキックが合って、ものすごい角度のパスにものすごい角度のシュートが飛び出すという神ってるシュート!これを長谷川監督はラックがあったと表現したのだと思う。3点目はアデミウソン選手が相手選手がスライディングしてきたところをうまくこかされてPK獲得!これを本人がおちついて決める。いやはや、相手に1-1に追いつかれたのも忘れるいい出来栄えでした。ちなみに後半早々に相手にコーナーキックを与えてしまっての失点でした。セットプレイでのファーストクリアが甘くなるのは、いただけない。おとしどころを常に意識した跳ね返しが必要。あとは勝って兜の緒を締めるという気持ちを忘れず、いままでうまくいってなかった部分の練習を研鑽してほしい。アデミウソン選手は今日みたいなプレイができると良いですね。覚醒っす!一人で攻め込んで、不発でもそれはディフェンスを助けたことになります。十分な脅威ですし、さらにシュートが決まったりしたらすさまじいです。相手を脅かすこと自体に大きな意味がある!相手より多く連携して走れば強い守備になるような気がします。相手を常に上回らなければいけないね。鬼門といわれる柏のサッカー場でこの戦果は上出来だったなぁと嬉しいです。監督は声が裏返っていたので、もうちょっと発声のトレーニングして、落ち着いた方がいいですね。


DAZNは生中継!とりあえず期待してたとおりの映像。画質が悪い&不連続&不安定。イイネ!ハラハラする中継です。


2017-03-13 第3節 vsFC東京 1900~ Home 市立吹田スタジアム
3-0。勝ったよ!!勝ちましたよ!!一気に2位へ昇格。まだ3節だけどね。完封っすからね。完封。ぷぅ~!ぽぉ~!先制はアデミウソンさん!遠藤さんがすかさず出したロングパスがぴったりとゴール左側サイドを駆け上がるアデミウソンさんへ!そして、ひとりひらりと交わしてV字折り返しドリブルで少し中央へ。そして、薄い角度から、シュート!これが反対側のクロスバー内側を直撃して、回転のかかったボールはゴール内側に跳ね返りさらに反対側のネットを揺らすというパワーもあるシュート。これが先制ゴールに!なんつうか、個人技でついに最後まで持ち込んだ第三節。ついにやりましたね!残りはオウンさんが2得点。いずれも長沢選手がつめよるところをオウンさんでしたが、1本目は倉田選手が放ったシュートからのオウンさんだったので、公式記録は倉田選手のゴールになったみたいです。やりました。そうこうすると、FC東京に攻め込まれたところで今野選手が右サイドに流れたボールにつめより相手選手にぶつかりそうになって立ち止まると、相手選手がゴール側に向かってぶつかってきて倒れる。今野選手はノーファールを主張。選手全員が猛抗議。抗議の甲斐もなく、結局PKに。直前まで抗議に燃え滾らせていた東口選手。ガンバGK人生で一度もPKをとめていないところに、相手は今シーズンはまだ無得点の大久保選手。いざ、勝負!すると、シュートはゴール左側へ、これに東口選手が反応!ボールをはじく、そしてなおもつめよる大久保選手に倒れこんでいた東口選手が、もうひとふんばりして、詰め寄ったボールを更にはじき出して、PKは決まらず。初のPK制止。やったぜ!そこからの東口選手はかみがかったようなセービングを連発、一点も入る気配もなく試合終了。完封。ぷぷぷぷぷぅ~~!いえぇぇぇぇぇっぇぇぇぇぇぇぇぇlっぇぇぇぇぇぇぇいジャァスディス!!!!!!!!!byサンシャイン池崎


なんつうか凄い試合でした。アメージング。アメージング。この気迫で江蘇に立ち向かいたいっすね。


2017-03-15 vs江蘇蘇寧足球倶楽部(コウソソネイソッキュウクラブ) 19:00~ Home 市立吹田スタジアム AFC H組グループリーグ
0-1 (´・ω・`)負けたっすね。いやはや、緩い時間帯があったり厳しい時間帯があったりいろいろあったっすけど、相手の20億円越えで獲得されたというラミレスさんの華麗なシュート一本でねじ伏せられました。倉田選手が反応して飛び込んだんすけど、足を取られて滑るという一瞬のミスが、相手選手のシュートを許し、それが、ゴール左上の隅の隅に決まり、東口選手のいない我らがガンバには厳しい失点になりました。あれはトレナイ。そのあとも気迫の攻め、気迫のFK獲得。いやPKだろ的なのとか、いや、これぞまさにハンドでPKという展開もスルー。その後も審判にもてあそばされたかのような試合運び。それでも一点かえすという意気込みはあったけど、すべてが空回り。なんつうか、調子よくなってきて連勝し始めると起こる得点が取れない現象に悩まされた感じ。これって何が原因なんだろ。アデミウソンさんもすっかり影をひそめる展開。それだけ相手に警戒されてうまくやり込められたということでしょうか?遠藤選手もわりかし動きにくそうでした。100億円軍団は攻撃的というよりは頭脳派+堅守という感じ。悔しい。長沢選手の調子というか運とかいうか、感覚のずれが大きかったのと、倉田選手の躍動にイマイチ伸びがないのも問題。いいんだけどね。伸びしろを出さないとガンバは成り立たない。決めきれる男になるか、ドリブルで相手をもう一枚いなせる力。こういうのが必要だね。初瀬選手や堂安選手も新人というだけあってAFCでは、ちょっと緊張しすぎてる?わかんね。何が原因なんだろうか。気が付けば、グループリーグ勝ち抜けも厳しい状況に。勝たないとだめなのに、これではタイトルとかそんなことにならない気がする。つうか、審判もしっかりしてほしいっす。PK一つはあったはずなのに…。まぁでも、よく守り抜いたというべきか…いや結果がほしい。みんな頑張ってたとは思うだけに…打つ手がわからない。


2017-03-19 第4節 vs浦和レッズ 1700~ Home 市立吹田スタジアム
1-1。ひきわけー。ぎりぎりで追いつかれた感じの引き分けです。あまりボールが支配できない展開が続く中、先制点は後半早々でした。前半もあれだけ走らないとレッズを止めれない展開でしたから疲れたと思いますし、点を取るなら後半の今しかないというワンチャンスを素晴らしい展開でものにしました。今日は倉田選手のドリブルがより一枚よくなっているなぁと感じ、ひょっとして、管理人のアドバイスが伝わってるんかなぁとか勘違いしながら見てました。切れ込む、切れ込む。レッズの守備体系の間隔の大きいところがあればその隙を突いて前へ前へとドリブルしようとする意識が良かったと思います。そんな鋭いドリブルを繰り出し前へと進むとすかさずオジェソク選手へフィードしてこれがぴったりと合うとオジェソク選手がすばらしクロスをフワっと、今野選手が本日2回目のヘディングシュート!相手キーパーも補給できない感じの厳しいコース。見事な先制。そして…アディッショナルタイム3分。最後は相手選手のゴールを体を張って止めた倉田選手なのに、運悪く手にあたってしまい、まったく意図していないのにPKに。これが決め手で同点となりました。無念。


西村主審はあの判定でゲームをああいうカタチにしてしまう必要があったか考え直してほしいなぁ。あれだけいい試合していて、最後はあの判定でPKで引き分けって…レッズに有利な判定だったように思う。あれだけしのぎまくっていた選手が報われないし、あれだけ攻撃の形を作っていた浦和の選手の気力とはいったいなんだったのか?自力できめさせてあげほしいものです。時間の問題だったかもしれないけど、あの判定はどうなんかなぁ。なんかなぁ。


相手が引いて浦和ディフェンス陣がボール回しをしている前線で、アデミウソン選手と長沢選手や両サイドの選手が動いているとき、連動しているとき、疲れていないときは、ボールに保持者に対してのプレッシャーが効いていたと思うけど、だれかが疲れて、連動しなくなったときにプレスが無駄になっている感じがしました。もうちょっと前線の連動力があったらいいなと思いました。あとはサイドをえぐられた時のディフェンスの下がり方が無駄に多い。クロスをあげさせない詰めがないと中を締めているガンバといえどもやられやすくなります。あとはクリアの質ですね。今回も結局、クリアが相手にわたってPKになってるし、打ちにくいボールをいかに大きくクリアできるか?安全な場所にボールを運べるか?相手のいない場所に瞬時に蹴れる判断力。こういうのが大事なのかもしれないです。難しいっすよね。それとアデミウソン選手の前線でのチェックの厳しいときと遠藤選手の中盤でのチェックが厳しい体制のときの別の作戦が必要ですね。誰かが空き易い状態になっていて、どこかにスペースができやすいはずなんです。こういう極端なシフトをしいてこられたときのうまくいかない判断と切り替えと連動力のスイッチのON/OFFのメリハリが大事な気もします。倉田選手や長沢選手や初瀬選手がより動けるようにならないといけないのかもしれないし、効果的なスペースを見つけて動ける力が試される。AFCにむけていい試合になったと思いますが、ちょっと時間があるので忘れちゃいそうですよね。でも、今日のような試合にプラスアルファの策略や個々の力を磨いていかないとだめなんかなぁ。極端なシフトによって生まれるはずのスペースを見つける動きなんて超難しいっすよね。個人で解決できるような課題じゃねぇっすね。倉田選手とアデミウソン選手の成長が凄まじいので、このあたりに期待しておくか、長沢選手の感覚が研ぎ澄まされるのを待つか。何に期待するべきか?連動力?ムズイ。


DAZNはあいかわらずでした。これももうちょっと早く改善してほしい。DAZNの中の人はWeb配信をTVで見ると結構みづらいということを克服する気概はないのでしょうか?自分でつかってみたらわかると思うんすけど、1年目はずっとこの調子でいくん?


2017-04-01 第5節 vsアルビレックス新潟 1400~ Away デンカビックスワンスタジアム
3-2 勝てた。ぎりぎりでやり返すというしびれる展開。良かった。けど、試合の感想を記事にし忘れたため、これを追記したのは実は5/5です。どんなゴールだったかまでは思い出せないっす。ごめんなさい。(´・ω・`)


2017-04-07 第6節 vsサンフィレッチェ広島 1900~ Home 市立吹田スタジアム
0-1 負けた!!しかも、試合あるの忘れてた。生で見てない。金曜日開催ちょくちょくあるんすね。知らんやった。しまった。気が付いたのはアディショナルタイム入ってから。慌ててDAZNを動かすといつも通りの低画質のちょくちょく止まったり、カクカクな感じで、しかも負けてるし!でも最後のファビオ選手狙いの放り込みがナカナカの点に繋がりそうなプレイで背筋が凍る。これではいらないんかいみたいなプレイが二つ。ファビオ出直しや!とファビオ選手の良いプレイをけなして試合終了。その後、試合を見直しました。前線の選手の技術もあるかもしれませんが、連携をしていないので、ボールをすぐにロストしてしまっている印象。前線の選手が後ろ向きに受けるようなパスはとおっても、横にフリックしたり、後ろ斜めにフリックしたりしてパスがとおるような決め事がないせいか、結局ボランチにボールを戻すだけのどうでもいいパスが多くなっている印象。ここの連携がやっぱ攻撃力がおちている部分かなぁと思います。あとは、決定力。低めに抑えれないなら地面にたたきつけてもいいから低めで強烈なキックをできたほうが何かが起こる気配があると思います。やっぱ、決定機には枠に蹴らないとね。泉澤選手も倉田選手もいい感じでしたが、もうちょっとだね。泉澤選手の横へ切り込むドリブル良かったすよね。倉田選手と同じか、それを超えるドリブル力があるなと思いました。んでやっぱ守備では、相手を目前にして下がりすぎる部分があって詰めれていないのはよくないと思ってしまいます。相手の攻撃を遅らせる必要もないくらい守備が整っているのに下がっていてはいけないと思いました。もうちょい積極的にならないと相手にチャンスのクロスを許している印象です。でも、まぁここらで悔しさをMAXにして、AFCに挑めるのは良いタイミングだと思います。気持ちを奮い立たせてAFCに一丸となって取り組んでほしいですね。火曜日が楽しみです。セレッソ戦も金曜日なんすね。 違いました。16日になってましたね。どこで見間違えたのか…。
2017-04-11 vs江蘇蘇寧足球倶楽部(コウソソネイソッキュウクラブ) 22:30~ Away 南京オリンピックスタジアム AFC H組グループリーグ
0-3 (´・ω・`)完全に負けたっすね。始まって速攻の7分で2失点。100億円コンビが仕事を。そして、ラミレス選手のFKからホンジョンソ選手だっけかが、うまく頭であわせて、ふわりとボールがういただけの緩いヘディングがゴールに。運もあちらにあるのか!一方のガンバは意気消沈。アウェイの応援もTVで映し出される50人程度の勇士たちのみ。寂しい。相手の守りの堅さは前回同様。カウンターのときの連動とラミレス選手とテイシェイラ選手の二人であっというまにゴール前まで持っていかれる展開。後半はシステムを変更して流れはよくなったけど、試合は動かず。でもACLが終わったわけではないのが救い。2位勝ち抜けで良いので、次こそ勝とう!


2017-04-16 第7節 vsセレッソ大阪 1400~ Away 長居陸上競技場
2-2 引き分け。3年振りの大阪ダービーはNHK大阪が総力をあげた生中継。大阪は素晴らしい。2チームあってよかったね。試合の方は残念ながら引き分けでした。内容的には負けていてもおかしくない内容だったので、引き分けはなんとかもぎ取った勝ち点という感じ。次のACLでは絶対に勝たなきゃいけないから心配です。点をとったりとられたりのシーソーゲームになったので試合は結果的に両チーム盛り上がったというところでしょうか?試合後はシーンと静まり返ってましたけど…。1点目はガンバが先制。われらが藤春選手がスローインから始まるカウンターの末、キーパーの前に転がったボールにいち早く反応し、素早くまた抜きシュート!良かった!その後、セレッソに2点とられて、後半アディショナルタイム中のCKで井手口選手が蹴ったボールをファーサイドで頭で落とし、これをセレッソの選手が甘いクリアでゴール前に詰めていた藤春選手が直接ボレー!これが残念ながら、ヒットせず、っていうか大外しのカスリキック。かすったおかげでボールがフワリ。それをもう一回ヘッドでふわりとさせたかどうかは記憶があやふやなのですが、結果的に一番前に詰めていた倉田選手の左側あたりに!セレッソの選手もすごい勢いでボールに詰め寄るなか、倉田選手は反転しながら自分のスペースを最大限に作りながら倒れこみつつのボレーがさく裂。倉田選手の身のこなしの技術の高さが誰よりも勝った素晴らしいシュートでした。いやはや、追い詰められたときっていい攻撃するんすけどね。それでも結果に結びつくかつかないか程度っすもんね。とにかくね。シュートまでもっていくという強引さが足りないのと、シュートが不発になってからのカウンターを恐れすぎなんじゃないかと思う。だって、恐れたところで結局、せめきれないでカウンター食らってるんでしょ。行くと決めたら行ききらないと意味ないような気がする。前に運んだ時にサイドならクロスあげるとか、縦に入れたら、サイドにフリックとか、走りこませるとか、そういう怖さをもっと出さないといけないと思う。全部が全部せめきるとつかれるので、その辺は司令塔がサインを出すとか、選手全員のモチベーションの統一を図るとかしないと疲れるような気もする。いくときは行く!っていうやりきるという信念。このルールの時間帯を作らないとダメなのかもしれない。遠藤選手はこれをアピールする選手なんだけど、周りが鈍いのか理解できていないような気がしてならない。もうちょっと遠藤キャプとサッカーのサインというかプレイに対するリアクションを統一するお話でもした方がよいんじゃないかなぁとか、そんな問題ではなく、今野選手とアデミウソン選手がいないという穴なのかと思ったり、この長いシーズンを戦い抜けない不安だけが押し寄せてきます。ファビオ選手がいなくなった時間帯も守りがやばくなってましたし…両サイドが下がり気味になると牙城が一気に崩れるという感じで、このときのサイドのもろさは異常事態です。いち早く、クロスを上げられないように詰めるか、クロスを少しでも上げにくいように詰めないと、相手もプロ。結構な精度のクロスがあがってしまう。気を付けてほしい。選手層の厚さを見せつけるべく、ケガで出場できない選手の分までカバーしきってほしいし、常に新しい強さのガンバが出るような展開にしてほしい。出場している選手はガンバでプレイできるレベルの選手であることに違いはないのです。全員が役割を理解していつでも全員サッカーができる体制を構築してほしいね。目指すはCWCの頂点っしょ。一発目のジャイアントキリングはガンバが成し遂げるべき!
2017-04-21 第8節 vs大宮アルディージャ 1400~ Home 市立吹田スタジアム
5-0 勝った。遠藤選手がスタメンじゃないという変則スタート。体を少し休ませたのかな?ヤットは体動かした方が調子いいのにね。でも、ヤットがいなくても躍動して、得点しまくれたので、よかった。ヤットがいないせいか大宮がうまくいっていないのか、原因はあんまりわからない。ただ、ヤットが入ってから1点しか入らなかったのは、疲れたせいか?それとも試合をおちつかせるために入ったからなのか?とにかく0点で抑えれたのは良かった。何がなんだかわからないくらい攻め切れていたと思う。うまくいっているときの攻撃だ。次は難敵。おちついて勝ってほしい。
2017-04-25 vsアデレード・ユナイテッド 1900~ Home 市立吹田スタジアム AFC H組グループリーグ
3-3 (´・ω・`)最後の最後に追いつかれたっすね。わけあって、試合も見れていませんし、録画もしていませんでしたので、次ですね。(汗
あああああ!!!!済州が勝ってる!ってことはかなり厳しいことになってる!アデレードさんが次節負けてくれたとしても、ガンバは済州を相手に3-0以上の結果を出さないといけない!やべぇっす。5-0くらいの結果を出す気で行かないとダメなんか…。厳しい。前半で2点取ったらわくわくできるかも。超前がかり作戦( `・∀・´)ノヨロシクです。


2017-04-30 第9節 vs横浜FM 1700~ Away 日産スタジアム
1-0 勝てた。堂安選手の素早いシュートが冴えたね。シュートへの意識が良かったゲームだと思う。成果が少ないのが残念だけどね。成果を増やせるトレーニングが必要。勢いは良かったので、やっぱ若いというか走るというのも大事だなと思いました。ただ、やっぱり知略ももう少しないと疲れるよね。やっぱ遠藤選手のそれは見応えがやっぱあるんすよね。出てないと寂しい。勝てたからいいんかな…。
2017-05-05 第10節 vs清水エスパルス 1400~ Home 市立吹田スタジアム
1-1 引き分けた。決めきれないねぇ~。そんな中で倉田選手に出たクロスは決めなきゃっていう軌道。これをきっちり決めきれた倉田選手は進化を感じました。続けてほしいですね。まだ認めてないらしい。続けてこそっしょ。いやぁ長沢選手のポストにあてたやつは、もうなんつうか、特訓をプラスしないとだめでしょっていうお仕置き的な感じ。おしい。いわば勝ててたし、アデミウソン選手が持ち込んでこかされた奴はPKでしょ。あと何点かはいっていてもおかしくない展開。練習やね。守りはよくまもれていたと思いますが、後半の入りは前がかりになっているせいか守備がいまいちピリッとしてなかった。あんなせめぎあっているところにボールがでたとこにクロスをフリーで打たせるなんてダメっしょ。んで、反対側に走りこんできてるドフリーの選手に気づかないって…。引き分けるべくして引き分けた。遠藤選手が入った瞬間からぐいっと流れを引き寄せれたのはすごかった。何が起こったのかわからんかった。どういうことなん?すげぇっす。ACLは厳しいけどあきらめないで着実に点数をかせげる展開にもっていってほしい。前半の入りで奇跡をおこしまくれる展開にしないといけない。おそれずクロスを放り込んだり駆け上がったりしてほしい。サイドの切り込みは奥深くからの折り返し狙い。サイドにいけない場合でももたついたら迷わずクロスのサインを決めておいてほしい。やりきってほしい。


2017-05-11 vs済州ユナイテッド 1900~ Away 済州オリンピックスタジアム AFC H組グループリーグ
0-2 結局、負けるという展開。まえがかりだったんすけどね。ことごとくはいらなかったっす。審判の判定次第では前半だけで2-0でしたよね。そしたらもう少し気が楽になってあと2点はいってたかもしれない。というような場面もあったし、大差で負けたくせに惜しい試合だったと思っているのはガンバファンだけかもしれません。終わってしまいました。なんつうか、他の3チームが勝ち進んでいて、ガンバだけが敗退という寂しい展開。Jリーグではそこそこ上手くいっているのに、世界ではダメなんて…つまんない。けど、Jリーグで勝ちを積み重ね、天皇杯とYBCルヴァン杯とACL枠とJチャンピオンをとるしかないよ。ガンバのスタンドを埋めるには、それしかいない。面白いサッカーを追求していると思う。しかし、なんつうか、のこり10分まではあきらめてなかったんじゃないかな。ドン引きの済州から5点とる勢いだった。最後のあたりできわどいパスが繋がらないのが決定機を作り出せない要因だったのかなと思う。相手の動きを利用した秘策的パス回しが必要。ガンバ相手に守備固め+カウンター狙いのチームは多い。試合全体で攻め込む時間帯ってのは全体の20%程度のガンバとしては、この20%をいかにして点数という結果に近づけれるかだと思う。相手の動きを利用した崩し。こういう秘策が必要。無い?んじゃ仕方ねぇわ。全体では12分くらいしかチャンスはない。ワンプレー2分としても、大いなるチャンスは平均6回くらい。あれだけボール保持していて60%近くはミドルのエリアで横にパスを回したりやり直したりしてるんす。前に入れた時の決定力。大事です。
2017-05-14 第11節 vsコンサドーレ札幌 1900~ Away 札幌ドーム
2-0 勝てた! 相手の戦力がアレなだけに勝たないといけない試合。だいぶやられてましたけど、勝てたのは良かったっす。勢い的には引き分けになっていてもおかしくない流れでした。でも、前半終わり間際で藤本選手のフワリとしたシュートは時間もとまる鮮やかなモノでしたね。決定力は大事だね。後半には泉澤選手がしっかりとモノにしました。アデミウソン選手が自力で持ち込んだ2発が決まっていればなおGoodだったんですけど…惜しい。他の選手の決定力Up。あるいは今回決めた二人の決定力が持続すること。追い求めて欲しいです。


2017-05-20 第12節 vsサガン鳥栖 1900~ Home 市立吹田スタジアム
2-0 勝てた!豊田さんがいないので勝てたかもしれない。助かった。いても勝ててたか?。とにかく首位浮上!!よっしゃ。阪神タイガースとガンバ大阪とで、大阪地域が2大プロ球技スポーツを掌握!ついにこの日が来ました。なんとも感慨深い。で、試合なんですけど、うまく三浦選手があげたクロスが長沢選手にあたって先制。2点目はオジェソク選手のマイナスのクロスが多くのDFをかいくぐってノータッチで、ペナルティエリア中央の倉田選手のところまで届いて、思いっきりボレー!!かっこよかった。あーれー倉田ごぉ~る♪あーれー倉田ごぉーる♪秋(しゅー)見せてやれ!あれー倉田スーパーゴール!x3よかった。もっといったれコール中の得点だったね。で、後半にはいってもう一発!アディショナルタイムで長沢選手ヘッド。ダメ押しでした。いつものガンバスタイルでしたよね。危ないシーンもありました。基本サイドが空いているので、中をしめて対応するガンバとしては、カウンター気味にサイドクロスがはいって、ドンピシャだったりクリアミスがおこると、一撃を食らうというスタンスです。これって対策方法はないんすかね。いつもこのパターンを予防するべく、サイドをつぶす体力が大事になります。入れ代わり立ち代わりサイドを対応する選手がかわるのがガンバです。全員がサイドの空きを意識して、ボールがサイドに出たら限界まで詰める準備。ここが大事。これが出来ないとクロスが自由に出されてしまう。このとき、クロスのコースを消す動きとマークにつく動き。ハードワークハードワーク。それと、ときどき、やっぱ前線でのDFの足が止まるときがあるので、このときのバックはいつも以上にがんばらないといけくなる。これを食い止めるのも重要だよね。あとは長沢選手の決定力とアデミウソン選手の決定力が高まるといいね。長沢選手はパスもだね。ドリブル力はアデミウソン選手と倉田選手と泉澤選手あたりにがんばってもらいましょう。でもー今日は勝ったから、それほど課題があるようにも思えない感じの試合でした。続けることですよね。より強いチームに対応できる力として厳しめなことを言いました。とにかく勝ったし首位だし、このまま勝ち続けさえすればおのづと見えてくるのはJチャンピオン。ACL枠獲得。頑張ろう!サポーターのみなさんの応援もよかったっす。いい休みになったね。


2017-06-04 第14節 vsジュビロ磐田 1500~ Away YAMAHAスタジアム
0-3 負けた。よくわからない負けっぷりだった。ガンバ大阪の悪いところが出まくった試合でした。見に行ったサポーターのみなさんにも申し訳ない試合です。よく考えないとダメですね。この試合の反省材料は壮大です。ええ。調子の悪いチームではないはずなので、次の試合まで静観していたいと思います。完全に負けたガンバファンにとっては今シーズン最大のつまらない試合でした。なんつうか勝ちへの執着心が足りないというか感じられない。走り負けもしてたし、残念です。プロサッカー選手でありガンバの選手である誇りを胸に次の試合に向けた取り組みを期待したいっす。われらがガンバ大阪に勝ちを!


2017-06-17 第15節 vsヴィッセル神戸 1900~ Away ノエビアスタジアム
1-0 勝てた。久しぶりのパトリック選手登場でしたが、不発でした。途中から出てきた長沢選手が倉田選手のクロスにヘッドを合わせて1点をゲット。いつもの前から厳しくいくガンバのやり方に戻した後半で決めきれるときのガンバの良いところがでましたね。前半のやや引き気味で堅くしてのカウンターはうまくつながっていなかったし、チャンスもうまく作れていなかった。あのやり方をやるなら、もっとカウンター力のある精度の高いパスが必要だと思う。後半の前から厳しくいくスタイルで、相手を崩し切れていなくてもクロスをなんとしてでもねじ込む回数を増やした方が、チャンスも作れるし、可能性も上がるような気がする。クロスを相手に奪われた時のカウンターに注意しなければいけないので、クロスを上げた時の攻守の切り替えの集中力が必要になるんだと思います。難しいっすね。水曜日の天皇杯初戦は勝ってほしいです。スタジアムにいかないと見れないみたいです。管理人もいろいろあって、見に行くことはできません。TV中継もなさそうです。良い結果の知らせを待ちます。


2017-06-21 天皇杯 vs大分 1900~ Home 市立吹田スタジアム
2-0 勝ったみたい。2点だっけ?みてないからわからないけど…よかった。


追記17-07-08:3-0だそうです。最後クロスぎみのシュートがそのまま入ってましたね。忘れてました。
2017-06-25 第16節 vsフロンターレ川崎 1900~ Home 市立吹田スタジアム
1-1 引き分けた。戦略?良くなっていたと思う。前から激しく行くときは行き、守るときはサイドを厳しく、中を締める。徹底していたし、縦へのスペース作りのパスミスも減った感じがある。まだまだ完璧ではないけれども…それなりに良かった。FIFAコンフェデレーションズカップをやっている最中なので、ポルトガルに比べたら全然走り足りないところはある。あの人たちのタフさはどこから来るのか?パススピードと精度もポルトガルはすごい。それはおいとくとして、決定力が激低っ!浮かせすぎ。難しい軌道とはいえ、当て方によっては枠内にいけそうなところでの枠外が多い。相手も多かったけど、ガンバはある程度というか相手チーム以上に崩し切ってからしか中に入れないのだから、より集中しないとダメだと思う。遠藤選手の激しいスライディングは雨という天候を生かした機転の利いた守備だったと思う。体に負担の少ない方法でより堅い守備になっている。選手生活を長くやるうえでは重要な考えかただと思う。よりケガの少ない安全な方法で最高のパフォーマンスを出す。出し切る。とにかく決定力が足りない。厳しい軌道からの枠内や、走りこんでからのシュート。息が上がっている時のパスの精度。ここが大事。でも、負けなかったし、迫力のあるプレーもあったし、見応えのあるサッカーにはなっていたのはよかった。なんつうか、気迫っていうのは感じた。こういうサッカーをやらないといけないね。長沢選手のヘッドは枠内に飛んでたし、決定力を感じるヘッドでした。続けてほしい。そういう意味では決定力さえあれば、入るときは簡単に入るチームだよね。アデミウソン選手のPKあったら勝ててたなぁ。


2017-07-01 第17節 vsベガルタ仙台 1900~ Away ユアテック仙台スタジアム
3-2 勝てた!試合開始早々、アデミウソン選手が切り込んでオウンさんでした。そして、後半、井手口選手が得点して、こりゃ勝てたかなと思ったら、仙台の選手たちの怒涛のまえがかり!それであっさり2点取られて、引き分けか~まじか~と落ち込んでいた。後半アディショナルタイムに獲得したフリーキックを頭を負傷しているファビオ選手がヘッドで角度をかえてねじ込むという劇的な勝ち越し。良かったっす。鹿島戦、勝つで!勝つで!勝つでー!


2017-07-05 第13節 vs鹿島アントラーズ 1900~ Home 市立吹田スタジアム
1-0 負けました。ガンバのシュートは不発に終わりました。最初のチャンスで、枠に行けなかったところから、これは厳しいなと思いました。練習がまだ足りていない。われらがガンバ大阪はHomeで不発続きです。でも、いい試合運びだったようにも思います。ときおりおとずれるチャンスはありましたし。アデミウソン選手はいつものように前まで運べるものゴール率が低いのが悩みどころです。前の試合も結局オウンさんに合わせれただけですからね。アデミウソン選手のもうひとのびに期待です。ドリブル力とスピード。そしてボールコントロール力はすさまじいものがありますが、アイデアが得点に結びつかないという空回りが続いている感じ。倉田選手は枠にいかない癖が戻ってきた感じ。長沢選手の一発はあるものの、パス力がイマイチ。前回決めきったファビオ選手も今回の試合に限ってはそれは決めないとっていうシーンもありました。三浦選手はコーナーキックやセットプレーでは影をひそめる展開。藤本選手もシュートが枠外多すぎ。少ないチャンスを決めきるガンバスタイルからすると決定力は生命線だと、何度も何度もそうここに書いてきてますので、書き飽きたけれど、それでも口が酸っぱくなるほどいいたい。決定力は大事だよ~。遠藤選手はうまいんだけど、最近はミスも多い。集中力が低い?日本代表の試合くらいの思いで試合に臨んでいるのか心配です。負けたら何百万というお金が吹っ飛んでいると思って取り組んでよいと思います。神経を研ぎ澄ましてほしい。オジェソク選手は寄せが遅い&甘い&勇気も足りないし、最善の守備が出来ていない。サイドを攻められたときにゴール側に下がりすぎ。相手が打つ瞬間よりより早く動いてボールにアクションしないとダメっしょ!!!普段の守備はいいのに…ふんふん。という感じのことを考えていたら、後半早々に右サイドをえぐられると、角度のないところからのシュートがゴール右上隅の隅の(隅のx10!)というくらい隅にボールが流れ込み失点。なんなんこれっていうゴール。本田選手なら絶対ゴールポストっていう感じなのに…入るときは入るもんやなぁ。ははは♪ははは♪と、イライラ。その後も「あー、惜しい!」はあるものの結果は得られず。悔しい結果になってしまいました。最後のなんかは東口選手まであがってきての絶対最後のプレーっていうところでの混戦があって、東口選手のヘッドを相手ディフェンダーがゴールエリアのラインの奥くらいからはじき出されるという、あと数cmねじ込めたら認められたかもというあたり。東口選手にガンバでの初ゴールという記録つけてほしかったなぁ。おしいおしい。けど負けは負け。やり返すための修練を積んでほしい。ファンのために。そして、各選手、自分自身のために…ガンバの栄光のために…勝がスローガンなのだから…


2017-07-08 第18節 vs清水エスパルス 1800~ Away IAIスタジアム
0-2 がっつり負けた。前半の呉屋選手の頑張り以外のプレイは眠くて眠ってしまった。体力温存?そんなことするようなチームだったっけ?タフさがガンバの売りじゃんか…といいつつも寝てしまったくせに文句を言うのはよくないですね。現地のサポータのみなさんは奮起してました。気が付いたら2-0だった。騒いでるなぁと思ったら失点してる感じ。2失点目はキーパー不在のところにズドーンとやられました。失策です。サッカーも野球にヒットやエラーがあるようにエラー記録とかつけた方がいいんじゃないかと思いました。あんなの清水の得点ではないです。ガンバのエラーです。とは、いいつつも…目の覚めるようなプレイをみせてくれた後半。結果は全然伴いませんでしたが、勢いだけはよかったともいます。あとは決定力っすね。呉屋選手も初先発とあってよく動けていましたが、肝心なところでの精度やストライカーとしての嗅覚がまだ覚醒していない感じ。惜しい。アデミウソン選手との連携がみれたのは楽しかった。前にぶっこめる二人の気概ってのは、なんか波長があってるような気がしました。アデミウソン選手もまだゴール率があれなもんで、結果は出ませんでした。長いこと書きましたが、今日の試合はよく頑張りました止まり。こんな試合は2度とみたくない。そんな展開でした。まだ上位にはいます。きっちり勝ち切る試合をお願いします!


2017-07-XX 天皇杯予選3回戦 vsジェフユナイテッド千葉 1900~ Away フクダ電子アリーナスタジアム
2-0 天皇杯予選。勝ったみたいです。全く見れてません。


2017-07-29 第19節 vsセレッソ大阪 1900~ Home 市立吹田スタジアム
3-1 がっつり逆転勝ち。点の入らない試合展開で失点をして、これは厳しいという試合運び。ぐーこのまま、やられてしまうのか~くやしぃ~と思いつつも冷静に、流れを変えるにはファン選手がいきなりの大活躍でデビュー戦からの得点とかじゃねぇと、ここ最近ずっと無得点のガンバは何にも起こせないんじゃないかと思い始めた後半の中盤、なかなかいい流れがガンバに押し寄せ、ファン選手の燃え滾る俺にボールをヨコセ!シュートしてやる!っていうそういう気迫を感じていたところ、そのときが来ました。ドカーンとヘッドで枠にねじ込み相手ゴールキーパーがボールをはじきつつもゴール!よっしゃー!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って感じ。ミスがちょろちょろと調子の出ない藤本選手に変えてアデミウソン選手という一手はゆるめず放った長谷川監督。この交代には同感で、最近、ねじ込めていないアデミウソン選手ですが、この一得点をきっかけに続いてくれるんじゃないかと思いましたが、違いました。流れは変わったものの、決めたのは、強烈な井手口選手のコーナキックを三浦選手が超鈍角ヘッドでコースを変えた早いシュート!これがゴール隅に決まって逆転。まえがかりになるセレッソの陣形をうまくいなすガンバはアデミウソン選手が一人で持ち込むという、あーこれは3点目も来て勝ち切ったなと思ってよっしゃーやったぜーと両手を挙げて喜んだのもつかの間、ゴールキーパーにはじき返されるというストライカーにあるまじき1対1での敗北を喫する。まじかー!まじかー!そんなんでいいんかー!とおもいつつも、駆け上がるガンバの前線・中盤選手たちによる詰め寄りが効いて、最後はアデミウソン選手の足元にボールが転がり、さっきの1対1よりきびしい守備陣形に向かってシュートをアデミウソン選手が放つ!これは難しいかーと思ったが、今度は針の穴を通すようなシュート!ボールはゴールに吸い込まれるという驚きの決定打!よっしゃらーとさっきの1対1からの時間差ゴールを噛みしめる。これを決めるなら、その前で決めろー的な思いがこみ上げるが、これは大きな3点目。勝ったな…と思うとスタジアムにこだまする我らがガンバ大阪サポーター軍団による大合唱「俺たちがー大阪さ~♪」みんなが勝ちを確信した瞬間だったと思う。対戦成績をまた一つ伸ばした大阪ダービーにほっこりできる土曜日になりました。スタジアム動員も過去最高を記録。これが大阪!っていう試合でした。いいスタジアムをもてて、それで勝てて、喜べて、やっと140億円の価値の片りんを見せたなぁと思いました。こういうガンバを見続けたい。気を引き締めて後半戦を勝ち進んでほしい。


2017-08-05 第20節 vsヴァンフォーレ甲府 1800~ Away 中部銀行スタジアム
0-1 敗戦。最後の最後にウィルソン選手にやられるという負け方。ガンバは決定力がイマイチ。前節はまぐれみたいなもんだったんかな?練習せんとね。練習。こういうのって練習しないのかな。できないのか?寂しいなぁ。6戦連続無得点のチームに負けるなんて。さすがはガンバ大阪。大勢駆け付けたサッカーファンの期待を裏切らない空気の読み方。1点入っただけで相手チームに泣かれるなんて、なんていう感動的な負け方。うがぁーーーーーうぎょーーーーーー!うっぎぃーーーーーーーーーー!やり場のないストレス。どこにぶつけよかね。140億光年前の宇宙に向かって、光速を上回るニュートリノをぶつけるしかないね。ビッグバンだよ。T2Kに頼むわ。大爆発やわ。どうやってニュートリノを曲げたろか的な…どうやって加速させたろか的な…年間600億円くらいかかる電気代とか…ニュートリノに加速機を使うとか…そういう天文学的な数字をたたき出したね。今節。天文学的記録。
2017-XX-XX 第21節 vsサンフィレッチェ広島 XX00~ Away エディオンスタジアム
2017-XX-XX 第22節 vsジュビロ磐田 XX00~ Away 市立吹田スタジアム
2017-XX-XX 第23節 vs柏レイソル XX00~ Away 市立吹田スタジアム
2017-08-26 第24節 vsサガン鳥栖 XX00~ Away ベストアメニティスタジアム
3-1 久しぶりの勝ち星☆彡。なんつうか、つい最近までの試合展開がありえなかったわけで、枠に入れることを覚えた我らがガンバ大阪は強すぎて感動したー!でも、これまでの試合は振り返りたくもないということで空白にしておこうかと思います。虚構の日々があったことを忘れてはいけない。何千、何万、何十万、何百万、何千万のガンバファンが没落した日々。忘れてはならない。まだあきらめてはいけない!最後まで勝ち切る!やり切ってください選手のみなさん!天文学的な記録…打ち出したな。今日よりすごい試合やらないといけないってこと忘れてはいけない。世界を震撼させるプレーをガンバ大阪で見せつけなければならない!世界を驚かせる。世界を感動の渦に巻き込むような気迫で日々を過ごしてほしいです。超々々々々…トップクラスの選手になるのです。日本選手が日本クラブでバロンドールとっちゃえばいいんだと思う。それがガンバ大阪。異次元クラブ。
2017-08-30 vsヴィッセル神戸 1900~ Away ノエビアスタジアム YBCルヴァンカップ順々決勝 第1戦
0-0 何も起こらず。AwayでゴールをとれなかったのはHome&Away方式では厳しいということですが、自分自身は試合をTVなんかでの中継とかですら見ることができず。どんなんだったかもわかりません。次は見ます!


2017-09-03 vsヴィッセル神戸 1900~ Home 市立吹田タジアム YBCルヴァンカップ順々決勝 第2戦
2-0 勝った。この残暑厳しい中、よく動いていたと思います。厳しい時間帯もありましたが、1点目は遠藤選手のCKからの流れでキーパーがキャッチする直前を長沢選手がヘッドでとらえて、ゴール。最近、うまくいっていなかったセットプレイからの得点があっさりと決まる。後半はじまった早々でしたね。2点目は右サイドからのクロスがグラウンダー気味のクロスになって、ファンウィジョ選手が詰めるもフィットせずと思いきや、その後ろから泉澤選手がぽっかりあいていたゴールに流し込むという良い展開でした。同店でも負けになるこの試合の追加点はありがたい。遠藤選手のパスカットの読みが冴えてました。

2016シーズン

2016-02-14 vs名古屋グランパス 14:30~ Home・市立吹田スタジアム PanasonicCup こけら落とし
こけら落とし戦は選手6人入れ替えOKというシステムで実施。さて、誰が最初のゴールを奪うのか、そしてガンバ初ゴールは誰が決めるのか、そしてガンバの失点はあるのか?初失点を喫するのか?メインスタンドを正面に左サイドのガンバサポータ側ゴールには誰が最初のゴールを決めるのか?反対側は誰が決めるのか?そういういろいろな初記録がかかる。だれがピッチに立ちこけら落とし戦で初スタメンを飾り、誰が最初の交代選手となるのか?初物尽くしの記録記録の一戦です。まだJ開幕前なので、J公式記録にはならない初物ですが、これはこれで歴史に名を刻むよね。そして初の試合にはスタジアム観戦をしなかった自分。初試合の観客としては名前を連ねることはできませんでした。今日かけつけたサポータは市立吹田スタジアムで行われた初の公式試合に始めて参戦した記録的サポータになったわけです。すべてはここからはじまる。おうちで観戦した自分は、初戦を家で生で見たという記録を選んだわけです。試合の結果は3-1で快勝です。初ゴールはなんとオウンゴール。なので、アウェイ側のゴールは自殺点で名古屋グランパスの選手が決めたという記録です。最後に触ったのはキーパーなのか?ディフェンダーなのか?微妙なところでしたが、ディフェンダーの足にあたって入っているように見えました。なかなかの記録から始まりましたね。そして、2点目は今野選手のヘッド!ガンバ初のアウェイ側ゴール!そして、失点を喫する。後半早々なので、またもやアウェイ側ゴールが揺れる。そして、そして、ホーム側の初ゴールは丹羽選手!今日は相手チームによるホーム側ゴール失点は守られました。ホーム側ゴール無失点記録だけが引き継がれる感じです。


何?記録記録ってうるさい?そうだろそうだろ。おれはそういう見方しかできない偏屈もんだよ。でも、初勝利で無敗記録は守れた。歴史は続く!すべてはここから始まる。そういう日だったよね~。みんなお疲れさん。3万5000千人もあつまるんやね。吹田素敵!最大の4万人にどれだけ近づけれるか?チケット完売試合の数と集まり具合。まだまだ記録記録!そして、強いガンバ、強い応援スタイルの構築。まだまだこれからだよね。コールリーダが思い描くスタジアムの姿。なんとなくわかる。熱いガンバサポ増えるといいね。楽しくみんなで応援できるようなそういう雰囲気づくり。そして、資金繰りとか経済効果とかがまわりまわって、もっともっと大阪が活気づいたり、ガンバ大阪が有名になったり、世界に誇れる青と黒になる。そして、今の選手たちがガンバの歴史に色濃く残っていくことを祈ります。それがサッカー選手になった人たちの夢でしょ。みんなの夢を背負って、みんなの夢を膨らませて、はじけ飛ばせ。飛翔せよ。吹田スタジアムの天空を切り裂くような栄光を!


?何言ってんだお前? わかる。 いまは、誰もわからない。 いづれわかる日が来る。そういうことだよ。
2016-02-20 vsサンフィレッチェ広島 13:30~ 日産スタジアム FujiXeroxSuperCup
負けたよ。1-3です。1点目は寿人さんに押し込まれる失点。そして2点目はPK献上。なんつうか、頭にしかあたってないのにペナルティエリア内でハンドの判定。見えてもないくせに笛吹くなとオモタ。で、われらがガンバの反撃。カウンターからの阿部ちゃんからきれいなクロスが宇佐美選手のヘッドに直撃。完璧なるアシストと完璧なるヘディング!これはまだまだ分からないと思った矢先。相手コーナキックの流れからクリアミスが相手のボレーにドンピシャ。撃沈。


タイトル早速おとしおった。イタタタタ。


サイドが攻められすぎると広島にはやられる印象がある。いつもの守備パターンではカバーできない速さがある広島さん。強い。こういうチームに対抗できる守備パターンが必要だと思いますね。運が悪いっていう部分もあるけど、そういう状態でも絶対に相手に運を渡さないくらいの対策が必要だと思う。きっちりとしたカバーが必要。相手に直接ボールがわたるようなクリアは不要。よく見て体を動かしてほしい。守備陣がイマイチだな。ま、オレはサッカー素人なんだけどね。


2016-02-24 vs水原(スウォン)三星 19:30~ Away 水原ワールドカップスタジアム AFC G組グループリーグ
引き分けた0-0。ボールポゼッションはうわまったかもしれんが、少し押され気味だった。相手にボールがわたるとサイドを切り込まれてシュートまで持ってかれる展開。いつもなら、サイドを切り込まれてもコースを切れるDFの活躍があるんだけど、今回はコースをふさぎ切れていなかったりマークが甘くなっていたりしていて、ガンバらしくない戦いだった。攻撃の厚みはいつもと変わらないくらいあったけど、決定力に欠ける。今回は相手の決定力の方がかなり劣っていたことが助かった原因だ。まだシーズンはじまったばかりで、みんな鈍ってるのかな。アジアのチャンピオンになってクラブワールドカップもとっちゃうのが夢なんだけどなぁ。こりゃ先が思いやられる。でも、まだアデミウソン使ってないし、こっちには獲得した弾がまだある。球種はこれから増えていく。見てろ世界よ。吹田スタジアムの凄さに唸るがよい。まずはJ開幕で勝ち癖をつけていかないとね。
2016-02-28 第1節 vs鹿島アントラーズ 1400~ Home 市立吹田スタジアム 公式戦初使用!
負けた0-1。何やってんだよ。何のための新スタジアムなんだよ。ファン32000人の前で負けてどうすんだよ。やる気もっと出せよ。って愚痴りたくなる結果。いや、でもよく走ったよ。アデミウソンさん!あの走りっぷりを見習えよパトリックさん。宇佐美さん。長沢さん!井手口さんはルーキー的存在の割にはよくやったほうだと思う。丹羽選手の肩をやられたのは痛かったっすね。誰のせいで負けたとかそんなんはない。あんだけえぐられるスキをカイオさんに与えるなんて集中力途切れすぎ。もう。なにやってんだよ。プンプン!げきおきだよ!げきおこ。AFCのトーナメントからは見に行くけど。それまではTV観戦決定だよ。140億のスタジアムを使えるクラブの初戦で負けるチームの公式戦なんて見に行きたくねぇし。応援したくないよ。あほか。ばかか。それでもプロか。と思ったんです。しょうがないよね。感情的になっちゃうよ。自分だってスカパーで見るためにお金払ってんすよ。何してくれてんすか。もぅ。でも、ガンバ好き。だから、もう負けないで。お願い。


2016-03-02 vsメルボルンビクトリー 1900~ Home 市立吹田スタジアム AFC G組グループリーグ 国際試合初使用!
引き分け1-1。まけないでよかった。って、んなわけない。勝て勝て勝て勝て勝てホームやぞ。です!最初のバックパスからのGKがすってんコロリからのコーナキック。ワロス。なにそれ。って思った。でも~今までに何度も奇跡的なセーブをしてきた東口選手だから、まぁ許される。俺としてはね。でもプロとしてはあるまじき行為だった。これで2回目だよ。1回目は去年。背後に相手選手がいるのにボールをコロリ。そして昨日。あれがなかったら勝てたとは言わない。だが、これでグループリーグ勝ち抜けれなかったら、呪う。呪っても科学的には何も起こらないのですが、恨む。東口選手のロッカーに押しピンだよな。ちくちくだよ。ちくちく。何言ってんだろオレ。まぁそのコーナキックで点を入れられるという最悪な流れからの立て直し。まずまずの出来だったと思う。さほど危ない場面もなかったし。これを続けていかないとだめだな。そして攻撃は決定力が、今一つ。体勢が悪くてもボールの位置がイマイチでも、状況にあわせて、転んででも冷静にいつでも流し込める練習が必要ですね。完全に崩してからの意味のないシュートはやめてほしいです。でも昨日の見ごたえは抜群でした。2つのプレイに感動しました。1つは得点シーンのヤットの冷静で華麗なるヘッド。そしてそれを演出したショートコーナーからの宇佐美選手のクロスの精度。あれは見ごたえあった。そして、もう一つは井手口選手の意表をつく後方でのクリアやパス回しの押収かと思いきや、めちゃめちゃ体勢が悪く、ボールの位置もきつめのとこにきたのに、左サイドのスペースがあることを察知しての、完璧なるロングフィードパス。見ごたえ最高でした。これぞプロの巧みな発想力というか、自然体というか研ぎ澄まされた感性ってやつだった思う。引き分けたけど最後の方にみれた井手口選手のプレーでちょっと満足してしまいました。ニヤリです。これを続ければAFCはとれると確信しましたので、これからもあのような鋭いボールさばきの精度を磨いてJともども勝ち続けてほしいです。それから、やっぱ平日はお客さん少なめになっちゃうんすね。4万人も入れるのにスッカスカではずかしいことになってしまいました。世界に示しがつかないっす。申し訳ないです。平日の試合はスタジアムにいって席を埋めるべくして動員するためにいかなきゃいけないと思いました。特にAFCとかの国際試合は世界にアピールする場だからなぁ。サポータとしての怠慢があったかもしれません。スカパーもいいけど、現地いかなきゃなと思いました。ま、ほどほどにです。


でもね。まだ、やられていない記録があるんですよ。それは、われらがガンバ大阪側のゴールは相手選手から点を取られていない!サポーターの怨念がその記録を作っているということにしておきましょ♪
2016-03-06 第2節 vsヴァンフォーレ甲府 1300~ Away 山梨中銀スタジアム
1-0 勝った!初瀬選手から長沢選手へのクロスでドンピシャ叩き付けヘッド。素晴らしい。麗しの宇佐美選手は不発。でも動きはよかったよね。1対1になったあのシーンは決めないとダメだな。勝ったからいいんだけど、ストライカーとしてのキャリアを積む上で、ああいうのを止められるってのは(・A ・)イクナイ!。せっかく自分で作りだした飛び切りのチャンスを決めきれないなんて。もし、あれを目の前でみたらガッカリするよ。もっとガッカリする!だから(・A ・)イクナイ!。でも、簡単じゃないのはわかる。でも宇佐美選手だから決めてほしい。そういうことです。点が入ってからはちょっとガチガチ過ぎて、甲府サポーターには申し訳ない試合内容だった。完璧すぎる安全策。それでもピンチはおとづれるんだけどね。時間消費うまいからなぁ。ヤットの冷静さがそうさせるんだろうなぁ。やっぱアデミウソン選手とか馴染めてないのかなぁ。たまたまなのかなぁ。心配。あんなすごい選手を使いこなせないチームある?初勝利はうれしいね!
2016-03-11 第3節 vs大宮アルディージャ 1900~ Home 市立吹田スタジアム
2-1 勝った!今回もHome側ゴール失点無し!宇佐美選手からのコーナキックが今野選手にびったりの華麗なるヘッドが1点目。そして、藤春選手→ヤット→(Justな距離・方向の追い抜きスルーパス)→藤春選手(完全なる崩しのクロス)→阿部選手の2点目は見ごたえあったし、後半は元ガンバの家長選手にやられるという痺れる展開。よかったよかった。もっともっと強いガンバをみたいね。選手層があついので、うまく循環できるくらいの全体的な強さも必要だよね。今年の井手口選手は動きがキレてていい。機敏さが若々しい。
2016-03-15 vs上海上港 20:30~ Away 上海体育場 AFC G組グループリーグ
1-2 負けてるし!スカパー(G+)見忘れたし!何やってんだオレorzっていうかガンバも…。負けてるし。何やってんだ。エウケソンに2発やられてるみたいだし。つうかせっかくパトリックで追いついて直後にやられてるみたいだし。何やってんだよオレ。しまった。火曜日油断してた。迂闊な火曜日だった。反省会だな!反省会。ひとり反省会だよ!しまったよ。スマホ日記に視聴予定試合を入れる!意識してないからこうなるんだな。対策!対策!しまったぜ!フフフ♪


2016-03-19 第4節 vsヴィッセル神戸 16:00~ Away ノエビアスタジアム
1-2 また負けた…。絶望。しかもヴィッセル神戸に負けるというあるまじき現実。受け止めるしかない。阪神ダービーで久々に負けた。圧倒的に攻撃力で負けた。ペドロジュニオールすげぇ躍動してた。小川慶次郎の復活弾は前節の藤春選手→阿部選手くらいの美しさだった。あれだけがら空きのDFってガンバらしくない!そして、ガンバの攻撃は、最後のバイタル付近になったときのパスの精度がダメ。きわどいところほど集中力と想像力が必要。もっと可能性のあるラストバスと精度が必要だと思いました。けっこうボールを支配してるけど、攻めたてるときの怖さが足りないね。そうこうしてると、レアンドロの見事な飛び出しで追加点。完全にやられてた。でも宇佐美選手のコーナキックがキムジョンヤ選手に直撃するくらいの精度で完璧でした。見事な反撃の狼煙(のろし)でした。ですが、その後も不発続き。ガンバに勝つのは簡単じゃないっていう感じは相手に印象を残せたのは良かった。結局負けは負け。一気に8位まで後退です。ACLも調子悪いし。どうなってんのガンバのみなさん。新しいスタジアムあるねんで!もっとスタジアムを満員にするための意気込みと集中力と気合をもって挑んでほしい。われらが大阪のプロ選手なんだからね!頼むよ。
2016-04-02 第5節 vs横浜FM 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
1-2 また負けたぁ!Homeやで、しかも、Home応援席側ゴールにも初の失点。しかも中村俊輔選手の華麗なるFK(フリーキック)。まぁ記念すべき初失点にふさわしい美しい軌道のFKでした。こちらの先制点も美しかった。宇佐美選手のロングフィード→パトリック選手がヘッドでゴール前に折り返し→アデミウソン選手の直接ボレーがゴールに突き刺さる!という流れ。完璧でしたね。そして、宇佐美選手のPK獲得につながるドリブル。そして遠藤選手がPKを外すというものすごく珍しい出来事(コロコロPKじゃなかった。相手キーパーが微動だにせず、コロコロできなかったのかもしれないスローで見返してみたいと思う)。何が起こったかわからんかったけど、悔しい敗戦です。でもさぁ、今日のガンバ、全員で最後まで勝つためのサッカーをしてるって感じだった。これぞ思い描いた全力サッカーだと思った。負けられない戦いという執念を見た。東口選手が最後に審判にいいよったのも、なんかわからんかったけど、その執念を感じた。遠藤選手も珍しく何回かスプリントしてたなぁ。負けたけど、今日みたいな気持ちでサッカーやってたら、最終的にいい結果残せるような気がする。もうひとひねり防御への工夫も必要だと思いましたが、そこは長谷川健太監督に託したいですね。入場前のスタジアムの消灯+全員に配られたっぽい青色発行体は凄かった。見ごたえのあるスタジアムだった。オリンピックの開会式みたいな華やかさ。いいスタジアムだ!LEDライトだからすぐに点灯できるメリットを最大限に生かせたんだね。素晴らしい!


追記:遠藤選手のPKについて振り返る。

あれは蹴る前に中村俊輔選手がコソコソPKに耳打ちするのが映像でとらえられています。すると想像するにコロコロPKだとしたら、一旦フェイントを入れて逆方向に飛べばいいといったのかもしれない。と、思いました。助走が遅ければコロコロPKです。助走が早ければ、ノーフェイントのがっつきジャンプをゴール上隅あたりってことです。そして、遠藤選手のPKの助走はスローでしたので、キーパーの動きをみると蹴る直前にいったん右へ(遠藤選手から見て右ね)飛んだとみせかけて、遠藤選手が振りぬいた後、全力で左に飛んでいます。止められるべくして止められたかなっていう感じです。でもー遠藤選手もコロコロPK失敗と世間に騒がれないように裏を書いて、少しボールを浮かしたという…わたくしの振り返りとしては、そういう感想です。素人目線ですので、全然外れてるかもしれませんが、そういうことにしておこうと思います。


いやはやコロコロPKやっぱ通用しなくなってきてるかもしれない。コロコロPKやりまくってた遠藤選手ならフェイントのジャンプも見抜けていたような気がする。年齢か?こんなことで引退とか言わないでほしいと願うばかりだ。心配だ…
2016-04-06 vs上海上港 19:00~ Home 市立吹田スタジアム AFC G組グループリーグ
0-2 また負けたぁ。ホーム…。浦和は強敵を撃破してるというのに!悔しい。今日は感想無しです。なんか、今シーズン、終わった感満載です。ほそぼそと応援します。今年の目標はJ1残留でいいよ。欲張らない。それと、もうちょいホームでの勝率を上げてほしい。できれば来年のACL出場権利獲得…それって、欲張ってるんじゃ…。


2016-04-10 第6節 vs仙台ベガルタ 14:00~ Away ユアテックスタジアム
3-1 勝ったー!公式戦4試合ぶりの白星。いいよいいよ。Oh!ウサ~ミタカシ~♪Oh!ウサ~ミタカシ~♪Oh!ウサ~ミゴォ~ル♪ウサ~ミゴォ~ル♪ウサ~ミタカシ~♪決めたー今シーズンJ初ゴール!嬉しい!宇佐美選手→アデミウソン選手→ふわり→長沢選手ヘッドドンピシャ。そして宇佐美選手のドリブル突破からの直接シュート。一人で仕事やりきった!長沢選手の引き付けがよかったね。シュートコースがパカッと一瞬見えたもんね。その針の穴を通すような見事の瞬殺シュート。カッコよかった。そして3つめはアデミウソン選手と今野選手のワンツーでアデミウソン選手がきっちり。(・∀・)イイ!!。コレが前半15分までの出来事。一気呵成。一瞬で試合を決めたね。でも~実は、この裏で遠藤選手躍動してたんだけど、前半終盤で遠藤選手がまさかのPK献上。ここから、躍動が空回りしはじめ、後半は閉める感じで防戦一方。打たれたシュートは23本の枠内11本という(スカパー実況調べ)凄まじい防御。丹羽選手のなんか持ってるオーラと東口選手のファインキャッチで防ぎ切った感じ。みんなでそれなりにハードワークって感じかな。宇佐美選手は、走り疲れて途中交代。まだまだやな。俺も走りこむし、一緒に頑張ろうぜうさみちゃん。馴れ馴れしい…。次は金曜日に柏戦。そして火曜日は風前のともしびのACL予選。スウォンサンセイ(水原三星)戦。大事な試合っす。可能性はゼロに近いが気合入れていこうぜ!勝とうぜ!おうおう!やー!


2016-04-15 第7節 vs柏レイソル 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
0-1 またHomeで負けた!なーにやってんだ!オレら!負けっぱなしやんか!140億円のスタジアムが無駄。オリヴェイラ選手の振り向きざまのシュートを誰もカットできず。東~!って思ったけど、最初のフェイントにすでにつられていたっす。時すでに遅し。セーブできるわけもなくゴールネットを揺らされる。そして、攻めきれない最近のガンバの悪い感じになってきて終了。前節の反省がいかされていない。何が悪いのかを素人分析してみる。まず藤春選手の個の力。足は速いが、きわどいところでは力負けして、クロスまでいかない。遠藤選手のアイデアと周りの意識の違い。パスが強すぎて、大事なバイタル付近で楔のワンツーがよく失敗している印象。クロスからのヘッドの角度調整の甘さ。決定力不足。頭には当てれてるけど、その瞬間にちょうどいい当て方を不利な体勢でありながらも計算するべき!前線のディフェンスの連動力。全員で走り切る怖さが不足している。長沢選手のロングフィードを足元に収める体の強さが足りない。パトリック選手はパスの精度!この二つがトレードオフになっている感じ。長沢選手のパスアイデアはいい感じ。パトリック選手は足が速いし、よく収めれてる。アデミウソン選手の体力は凄いが、ガンバというチーム全体での連動がついていけばもっとよし。もっとガンバの中盤ディフェンスサッカー理念についての会話が必要かもしれない。そしてエリアでまもるためにサイドがやられやすく、相手のサイドを駆け上がる選手が入れ替わったときに完全にやられやすいし、クロスが上がり過ぎる。全体で言えるのはパスの精度がイマイチ。集中力がかけているように感じる。もっとやれるはず。雑な回しに対応できるのがガンバのそれぞれの個のよさでもあるが、それに甘えすぎて次の攻撃に繋がりにくくなっている。そんな風に感じました。あとは気合がたりない。横浜FM戦のような勝ちへの執念が必要。あとはゴール裏で写真撮影しながら応援してる中途半端な気持ちのサポーターが多すぎる。せっかくいったから雄姿をカメラに収めたい気持ちはわからなくもないが、忍耐が必要。相手のアウェイサポにはそんな人ほとんどいません。会場までいったからには、あの位置に座ったからには、試合中は少なくとも応援に専念するべきだと感じた。そして、ガンバの選手の試合後の挨拶。遠すぎ!選手と近くで触れ合えるからこその7m。レイソルはフェンス際であいさつしてたし、なんで20m以上もはなれて敗戦の報告してるわけ?真摯にうけとめてサポータの近くで一礼するべきだと思う。サポーターは負けただけでも不満が蓄積してるのにファンをないがしろにするのは良くない。140億円も出してくれたいろんな人の気持ちが理解できていないからあの距離になってんじゃねぇの?と思った。ありえない。あんなに遠くから挨拶するならこのスタジアムはいらない。選手全員で貯金して支援者に金を返して回れ!と思うほどです。


と、厳しくなりましたが以上です。負け過ぎ。相手は強いとは言え14位で不調まっさかりで、前節ようやく勝てて調子に乗ろうとしてたところ、確実に叩いておくべき相手だったはず。だからこそ悔しい。でも、終わったことは仕方がない。これからが正念場!ACL出場枠獲得というせめてもの目標と残りのACLグループリーグ全勝して予選敗退するならまだよし!火曜日は絶対に負けられないっ!!勝て勝て勝て!
2016-04-19 vs水原三星ブルーウィングス 19:00~ Home 市立吹田スタジアム AFC G組グループリーグ
1-2 負けた!もう無理。やっぱなんかおかしい。こんなに強いチームなのに。なんでだろうか?はまってないんだよなぁ。PKをやりなおし含めて2連続で止められるとか神がかり的になんかおかしいでしょ。いろいろな原因究明は次節あたりで、更に深く考えたいと思います。でも、最後に今野選手が1点いれたのは( TヮT)ノカンドウシターだよ。


2016-04-24 第8節 vsアビスパ福岡 13:00~ Away レベルファイブスタジアム
1-0 勝ったー!個の力の差ではやや有利なガンバ大阪。相手は九州魂を燃え滾(たぎ)らせている相手とは言え、絶対に勝たなければならない試合でした。被災された皆さんの応援を背負っているアビスパ福岡さんには申し訳ないがそれがサッカー。いやスポーツ。手を抜くわけにはいかないし、こちらも崖っぷちでした。今回の地震で被害にあわれた人々の回復・復興。亡くなられた人へのご冥福を心よりお祈りいたします。パンパンパパパン九州!パンパンパパパン九州!パンパンパパパン熊本!って感じで、喪章を腕に巻いての決戦でした。勝ったとは言え、後半の半ばまで、負けるかもしれない。そんな思いで見ていました。愛媛FCに負けたことだってあるし、なんといってもレベスタでは、2勝4敗と負け越しているとの情報。呉屋選手の躍動はあるものの、結果がでないという流れで宇佐美選手投入。前節では負けて泣いたという男。なんつうかアツくて、涙もろい宇佐美選手。そこまでの思いを秘めて戦っていたことだけはオレらの救いでもあった。負けた悔しさをファンと共にしている。この男がいるから許せる。もう一度、全力で応援したくなる。決めろ!決めろ!見せてやれ!とテレビの前で鼓舞するオレ。そんな思いなんて空回りするにきまってるさと思ってた矢先…その時はきた。バイタルの左側、メインスタンドから見ると少し奥にいた宇佐美選手にパスが通ると、3人に囲まれかけていて、さすがに無理か?とやや不安に見ているとその内側を倉田秋選手が駆け抜ける。パスがでるか?と思った瞬間。左足でシュートとみせかけて、左足は瞬時に地面を叩き付け、相手ディフェンダーがその左につられて重心を崩されると、間髪入れずに右足側にトラップしてあったボールをめがけて、右足一閃!ボールは韓国代表の凄腕キーパーがとびかかったその左手をも、かすめることなくゴールネット側面を揺らす。側面の網が揺れたほど枠隅にいったってことだと思う。感動。これだけ重たい敗戦が続いたチームとは思えないほどの技術力。これを毎回やれ!ってくらい綺麗で、優雅。そして、アウェイサポ席のファンにかけよる宇佐美選手。それくらいの距離感を吹田でやれ!ってくらい自然体。まぁ久しぶりに感動したし、すべて許す!ってくらい心の晴れるゴールでした。短い出番で、少ないチャンスの一番大事な時に決める。去年の全北戦の米倉選手の大逆転ゴールくらい良かった。もう何点かとってほしかったけど、この一点の重みは普通の一点とは違う。ガンバの復活をかけたような点だった。そのことは、この試合を終わらせたあとのファンの表情からも皆が同じように感じていたんだと思えた。この一点を守り切って勝てたから価値がある。アビスパ福岡相手ならもっと点を取れと思う人もいるかもしれないが、それくらい大事なモノになったと思う。
この一点の真価は、これから試される!頼むよガンバ大阪の選手のみなさん!しかし、遠藤選手、今日も冷静でよく動いてたな。今日の宇佐美選手は、その冷静さを少し持ち合わせていたようにも思う。よし!行こう!さらなる新境地へ!なんかいろいろ失ったけど、とにかく成長が必要だ。目の前のモノをひとつづつ喜びに変えていってほしい。ファンとしてはそれが希望だ。


2016-04-29 第9節 vs川崎フロンターレ 13:00~ Home 市立吹田スタジアム
0-1 前節勝利も台無しの負け。つうかTOPチームに対して善戦したという評価でも仕方なし。でも、負けは負け。しかもHome。勢いにならない。しかも、大久保選手の独走を許すという、またしても宇佐美選手としては見せつけられる形。もう一回、スカパーの再放送で試合を見てから、コメント追記します。んで、G+は契約解除したんで、AFC予選はもう見ません。ニュースだけキャッチします。やっぱ、今のガンバでは、観客を呼び込めないと思うよ。この祝日に33000人くらいしか集まらないってことは、チケット完売してても、お金をはらったものの見に行く気にもならないってことの人がいるってことでしょ。この意味をかみしめて邁進してほしい。辛辣なコメントばかりが続く今シーズン。阪神タイガースと歩調を合わせるようなことがあっては絶対にダメ。大阪を活気づかせるのはガンバしかない。阪神は何気に本拠地は兵庫県だからな。セレッソにもがんばってもらうのは自由だが、まだ、もう少し時間がかかりそう。セレッソには負けてほしくないのは当然ですが、セレッソ大阪自体は嫌いではないです。同じ大阪の仲間だし。結局スポーツチームだから、どこが嫌いとかそんなんはあんまりない。負けたくない。それだけ。ガンバが一番すごいチームであってほしい。そんな愛にこたえてくれないココ最近。どうなってんのー!!

160430追記

もう一回見てみたが、ラフプレーにイライラして、負けたくないっていう思いが落ち込んでいる気がする。なんとなく2回目を見てあたりが強すぎると思いました。このようなあたりがサッカーの基準なのだとしたら、もっとあたりに強いチームにならないといけない。気持ちがどこかにとんでいっている気がする。あとは暑さの問題もあるのかもしれない。これから暑くなるからな~。宇佐美選手も口を切ってから、ちょっと口の具合が気になって集中がそがれてたし、当人はそんな意識ないでしょうけど。前線プレスの連動とラストパスの怖さの足りなさ、セットプレイの不発の多さ。スローインの下手さ。サイドのプレスの甘さ。改善できたらすごいのになぁ。これ以上は無理なんかなぁ。
2016-05-03 vsメルボルヴィクトリー 19:00~ Home メルボルン・レクタンギュラ―スタジアム AFC G組グループリーグ
1-2 負けたらしい。ガンバ大阪やるなぁ。きっちり負けよったわ。どうなるん?われらがガンバ大阪。絶不調っすね!!神頼みしときましょうかね。困ったときの神頼み。こういうときだけ。なんだかよくわからない宗教的な思想。わがまま宗教。ワガママ教


2016-0X-XX 第10節 vs浦和レッズ XX:00~ Home 市立吹田スタジアム
本来の10節はACLのため、6/15(水)に実施予定。このクソ強いチームとの熱き戦い。見逃せないっ!レッズのスポンサー問題も少し気になる。日産は横浜FMの大口スポンサーだし、新しいスポンサー探さないとな。Canonさんとか、東芝さん、富士通さん(川崎のスポンサーだったか…訂正。)あたりが絞り出せばいいんじゃね。無理か?SONYさんは仙台のチームおしてるんしょ。NECさんはどうだろう。つうか三菱本体が責任をとるしかねぇべ。
2016-05-10 第11節 vsアルビレックス新潟 13:00~ Away デンカビックスワンスタジアム
0-0 引き分け。無念。おしいのはあったけど、それ以上にあぶないのもあった。平松選手の2発は完全にやられていてもおかしくなかった。けど、防げた。岩下選手効果かもしれない。帰ってきた彼のパワーだ。なんだかんだいって3冠に貢献した名DFってことになっている。多少あらけずりだが、ゴールに転がり込んだあのシーンでも、なにげにオフサイドを獲得するほど、きわどい守備をする。さすがだ。たまたまかもしれない。鉄壁の防御が復活したなら、あとは得点王を生み出すほどの決定力。1stステージはもうだめかもしれないけど、まだ終わったわけじゃない。AFC枠。そして、天皇杯、ヤマナビ、Jチャンピオン。とらなければならないものはまだまだ残っている。


2016-05-13 第12節 vsジュビロ磐田 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
2-1 よっしゃー!勝ったー!逆転。逆転。4シーズンぶりの戦い。負けられないよねぇ。よしよしよし!試合内容は…まぁまぁあぶない内容だったね。やっぱね。パスが雑。ガンバらしくない。あと気が付いたのは、岩下選手のロングフィードは、試合運びに変化をもたらしているね。失敗も多いんやけど、やらないとやるのとでは相手の動きが変わるね。つまり雰囲気が変わる。ただ守って、審判に言い寄ってるだけの選手ではないなと思った。し、失礼な。なにが違うのかよくわからないが、彼がスタメンに入るだけの力を持っているんだと思う。それをチームがわかっている感じ。素人には、わかりませんが、ちょっとだけ、冷静さが違う。それと米倉選手もいいね。いやぁ選手層アツいな。それでも、この順位ってのはなんか問題あるんでしょう。宇佐美選手の華麗なるアシストからのアデミウソン選手のゴールへの切り込み。そして股抜きでの流し込み。That sounds perfect!そして、カウンター攻撃で、パトリック選手が頭で前に落とすと、それを誰より早く察知した我らがヤット。華麗なる飛び込みで、今シーズン初ゴール!最初のFKのセットプレイからの直接inは東口選手が止めてほしかったなぁ。なかなか鋭いコースやったなぁ。手が届いていただけに無念。


次のサンフィレッチェ戦での勝利こそが、ガンバスタイルの確立につながる大事な一戦。中堅チームではなく、ここ最近の上位チームをたたくことこそが、自信になる。やりきってほしい!しかし、どのチームもツエー。今の選手層ならAFCとれるとおもってただけに勘違い甚だしかった。強さを見せてほしい!


2016-05-20 第13節 vsサンフィレッチェ広島 16:00~ Away エディオンスタジアム
3-1 やったー。勝てたー。強いチームに勝てたと思ったけど、浅野選手がいない分だけ楽でした。うちも井手口選手がいませんけど、選手層がアツいので、井手口選手がいない分の影響はあまり感じない。けど、長いシーズンをみれば必要な選手です。あの横浜FM戦で見せたダイレクトパスが、忘れられない。でも、岩下選手が帰ってきてから流れが良い。あの口うるささは健在。カレー券を集めるプロでもある。んで、先制点なんすけど、パトリック選手の華麗なスルーパスが、アデミウソン選手を直撃!キーパーより先にタッチして先制。パトリック選手のパスの精度上がってきてると思う。練習の成果が出たんじゃね?成長してくれてる気がする。マジでお見事です。この時のリスタートも解説者絶賛のとおり、素晴らしい集中力でした。ヤットのリスタートの動きに宇佐美が素早く反応し、前線の二人につなぐというガンバが続けてきたプレイイングタイム重視のサッカーが生きた瞬間でした。先制したことで、ガンバらしいサッカーができたと思う。相変わらずサイドからの切り込みを許すものの中はしっかりしめるスタイル。不思議と危ない場面も中がしっかりとはじき出す守備。途中でもう駄目かと思った瞬間も岩下選手がけがをした膝を犠牲にするかもしれない勢いで、1失点分を稼いだ。流石は岩下選手!そして、順調に2点目を針の穴を通すようなシュートをした倉田選手。(・∀・)イイ!!。そして、前のめりになった相手のとどめを刺す、華麗なるカウンターで長沢選手にフィードがわたり、飛び出したキーパーと対峙しそうになったところを冷静なループシュート。いい力加減でジャストイン!最後はセットプレイから無駄に一失点しましたが、最後の最後のファウルで今野選手と相手選手がもめているところを、岩下選手が相手をいなすような余計な挑発。普段はおとなしいのにスイッチが入るとあとさき考えない不良っぷり。あいかわらずの2重人格だな。いつものガンバがかえってきた感じがした。無駄にアツイ。ほどほどにお願いします。正しいアツさ持ち合わせている宇佐美選手にはいい刺激になると思います。相手に負けない気持ちが大事だな。浅野選手がいない分がしっかりと生かされた試合展開でした。まずまずですね。もっと強い相手にも勝っていかないと駄目だ。もっともっと強さを見せてほしい。AFC枠獲得とJ年間タイトルと天皇杯とナビスコ。もう一度、手中におさめてAFCで頂点。そして、開催枠CWC出場とか目白押しだよ。来シーズンは自力CWCで優勝とかもしてほしい。世界中にガンバ大阪と遠藤保仁、宇佐美貴史を知らしめてほしい。その他の選手もね。全北戦で奇跡を起こしたヨネクラ選手も…また魅せてほしいな。


2016-05-29 第14節 vsFC東京 17:00~ Away 味の素スタジアム
0-1 負けよったー!!今節の注目選手は岩下選手でしたが、彼の放り込みは確かに守備を楽にする展開になることが多い。そして、中を締める役割としてはかなりの技術力と迫力。なぜ負けないのかを分析してたら、なんか相手にセットプレイを与えすぎていて、最終的にはやられました。何回もやってたらそりゃドンピシャにもなるよ。あと運が悪いのは今野選手なの(´・ω・`)なんで?相手にミスから招いたファウルとかを献上するとあっさりとやられる道筋がびしっと整う。今期のこの流れを作ったのは東口選手だな。自分のミスで相手に与えたチャンスはしっかりとやられる流れになる。で、分析の結果なんですけど、縦に深いところでキープさえできれば、しばらく守備は休める。このちょっとした休みが適度にとれるかが重要で、相手にボールを持たれてずっと回されていると、走らされて、疲れてしまって集中力が低下したり、足にきてパスの精度がさがる。あんまりうまいこといってない縦パスですが、前の方や中盤で奪われるよりは深いところで相手に渡った方がまだマシなのかもしれない。で、前線がしっかりとプレスして相手のパスを急がせて早く奪い取る。このバランスをチーム全体で、うまくコントロールできれば道は開ける。そう思う。技術力と個の力はある。最後まで走り切るパワーがたりないのなら、パワーを使わない方法を考えるしかない。力の使いどころ。大事だと思う。今からトレーニングしてもどうにもならんし、そういうことっしょ。ガンバのシステムをガンバのパワーにあわせてチーム全体がパワーの使い方をコントロールする。これでちょっとはいい技術が出せるんじゃない?という素人的な感想。それで岩下選手がはいるとそのパワーの使い方がヤットのコントロールとの相乗効果を生んで、いい感じになっているような気がする。岩下選手がイチイチ審判に突っかかるのは個性なのでみていてたのしいから、その調子でやってもらっても一向に構わない。今回くらいの暴れ方ならカレー券もらわないみたいだし、相手サポーターからぶーぶー言われるくらいのヒール役を担っている。とてもいいことだと思う。紳士的なプレイかどうかは議論しない!以上!とにかく、総合3位とか狙うためにも、ここからは負けを格段に減らさねばならない。大改造っすよ!勝って勝って勝ちまくれ!あとね、横浜FM戦みたいな勝ちへの執念が足りない。これではホームでやったときはブーイングの嵐になること間違いなし。執念をもって戦ってほしい。終盤での1点とってやるという勢いがなかったと思う。疲れているのはわかる。その点だけは今野選手はやりきっていたように思う。素人が能書きをたれるのは簡単なことですが、自分でさえそう思ったってことだから、プロの人の視点ならもっと何かはっきりとした原因があるんでしょう。改善して対処してほしい。3冠したときの個の力以上のものをもっていて、更にスタジアムまであって、あと何が不足しているのか!マジデなんとかせにゃならんと思うよ。俺なんかちょっとしかお金出してないけど、もっとお金出してくれてる人のことを考えたら、今の状態はまずいよね。


2016-06-11 第14節 vs湘南ベルマーレ 14:00~ Home 市立吹田スタジアム
3-3 引き分け。なんじゃこりゃー!!ミドルを隅に決められすぎ。疲れる試合展開でした。守備崩壊ですね。ちゃんと相手につけていないからうたれるんちゃうの?もっとボールにいかないと!
2016-06-15 第10節 vs浦和レッズ 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
1-0 勝った。最初の先制が楽だった。アデミウソン選手の飛び出しと見事な個人技で相手チームのDFをすべてはがしきり、フリーで後ろから走ってきた宇佐美選手へ渡して決めるだけの簡単なシュート。落ち着いて冷静に決めきれたのが良かった。ヤットの2連続ポストアンドクロスは、いただけない。が、外しても気落ちせず、闘志をみなぎらせていたところはさすがベテラン。今日のレッズは弱かった。打てども打てども怖くないシュートばかり。なんか悪霊にでもとりつかれているのかね?という感じ。あんだけ打ち込まれて、防ぎきれたガンバのDF陣。素晴らしいけど、危ない。追加点欲しかったなぁ。宇佐美選手海外行っちゃうの?寂しい。ガンバがストーカーだったら、つきまとうよ!きっとね。夜の試合で勝つと、うぃにんぐガンバのコールでスタジアム消灯するんだね。初めて見た。ひょっとして初めてなのかもしれない。シーズンも半ばになってやっとで出た演出かな。


2016-06-18 第16節 vsサガン鳥栖 19:00~ Away ベストアメニティスタジアム
1-2 逆転で負けた。岩下選手不調?途中であるいて出て行ったよ。゜(ノ□`。)゜。。嫌な負け方。せっかく宇佐美選手がゴールしたのにあっさりです。どうすればいい?
2016-06-25 第17節 vs名古屋グランパス 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
3-3 分けた。宇佐美貴史選手ブンデスリーガ アウクスブルグ移籍。ガンバ大阪の選手になることが夢だった。強くなってガンバ大阪に戻ってくることができたなら幸せ。と語った。サポータだった自分が選手になってここにいるということが幸せだとも語り涙していた。ガンバファンからしたら、これ以上ない気持ちをもった素晴らしい選手ですね。早いとこバロンドールでもなんでもとって世界一の選手になって帰ってきてほしいです。また出戻りでもいいですけど。


しっかし、なんだ今日の体たらくは!スキがありすぎ。2点目は相手のパス精度が高かったし、まぁやられてもおかしくない感じだったけど、他のは、止めれたような気がする。ダメダメ。なってないよ。ちゃんとしよう。ちゃんと。ね。後半戦は宇佐美選手の穴も埋めるような、もっとおもしろいゲームやってよ。


2016-07-02 第01節 vs鹿島アントラーズ 18:30~ Away 鹿島スタジアム
3-1 勝ったー。宇佐美選手がいないのに勝てたー。総動員だった!チーム力!あるのかもしれない!値千金の大森選手の同点弾!そして、今野選手のヘッド、そしてそして、キムジョンヤ選手のそらしヘッド。そして遠藤選手復活のフリーキックとコーナーキックの冴え。きてます。きてます。いったれいったれー!それにしても最初の失点はずぶずぶの守備でしたね。丹羽選手が下がり過ぎてしまったのが残念です。アレでは中央があいてしまいます!守備の連動力!それ以降は、全員でよく走って守り抜いたと思います。ハードワークしたね。点が入ると躍動がすごいね。こんなにみんな動けるじゃんっていうくらい動いてた。頑張れみんな!はしってはしって首位になって、お給料もアップ!ですよね。今日みたいな取り組みの試合を続けてくれたら見に行くお客さんも増えるし、自分も見に行きたい!って思うよ。だからお給料アップだよ。
2016-07-09 第02節 vsベガルタ仙台 18:30~ Home 市立吹田スタジアム
3-1 勝ったー。展開は違ったけど、今日もチーム力!あったかもしれない!あと、ヤットが冴えているかもしれない。FKキックの精度があがっているかもしれない。でも、最近のヤットは攻撃時のパスワークに不安があると感じています。ボランチ位置でのボールさばきは相変わらず冷静で、コチラも冴えている。攻撃っすよ。攻撃。あと、シュートの精度。枠にいかないことが多い。ヤットの攻撃力。この年齢にして、まだまだ磨きをかけれるとしたらこういった、攻撃のセンス、センシングしまくらないとね。しかし、年齢に対しての運動能力の高さは凄まじいものがある。輝き続けるオトコの中のオトコ!カッコいい!オレもあんな風に年をとっても能力をあげていける人になりたい。ま、そんな無理なことはさておき、でましたね。ヨネクラ選手のヘッドで、今季初ゴール!そして、パトリック選手のヘッドとキックの2得点!これまた今期初。スローインリスタートの速さから倉田選手の切り込みと執念と技術力と冷静なパトリック選手へのトス。華麗すぎる。いつも走りまくっている結果が出たね。阿部ちゃんもよく走ってるし、大森選手もよく走ってる。もっと走っていいよ!なんにせよ。よかったよかった。でも、東口選手の手からこぼれ落ちた一点。もったいなかった。最近、調子が下がり気味だけど、ファインセーブも出てきている。こういういいイメージを増やしてメンタルで負けないようにこれからもやっていってもらいたい。キャッチ力とか本来の予測力ってのは凄いものをもっていたはず。メンタルが大事なんじゃないかな。失敗はある!素早く反省して素早く立ち直り、開き直り、修正して、本来の力を思う存分発揮してほしい。
2016-07-13 第03節 vsアルディージャ大宮 19:00~ Away Nack5スタジアム
0-0 引き分けー。つまんない。けど、よく頑張った!環境が悪かったね。雨のち湿気+適度な高温。みんな疲れてたし。なんとなく許せてしまうが、勝ってほしかった。けど、大宮の選手もよく動いていて、強いなーって思った。大宮の前線の選手が良く動いていて羨ましい。何度も危険な感じがあったね。あと、阿部選手のこれ以上ないっていうチャンスは、決めきってほしかったなぁ。キーパーの位置をよく確認して、優しく、枠内にパスするだけなので、ときには冷静さが必要だね。いつでも決めてやるという強い気持ちなのかな?サッカー選手じゃないからわからないけど、俯瞰してみてるだけなんで言いたい放題です。勝ちたかったというワガママなサポーターです。今年は一度もスタジアムに足を運んでないくせに何がサポーターだって感じだけどね。


2016-07-17 第04節 vsアビスパ福岡 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
2-2 引き分けー。眠い。今日もアツさで体力を失った。アビスパのガンバに食らいつきたいという気持ちが勝った試合だったと思う。チーム力で考えると、この引き分けは負けにも等しい。次節以降も心配だね。どうにもならないかもしれない。遠藤選手の俊敏さが垣間見れる試合だった。必死だ。あれだけの技術力をもっているベテランがあれだけうごいてるんだから、若手はもっと動いて、見習わないとね。藤春選手、井手口選手。リオへいってらっしゃいませ。身体に気をつけて、盗難対策もしっかりとして、きっちり銅メダル以上をお願いします。
2016-07-23 第05節 vs柏レイソル 19:00~ Away 日立柏サッカー場
2-3 負けた!さらに眠い。アツさで、体力負けしている感じ。ガンバらしい負け方だった。跳ね返す力が不足しているのも確かだが、前線の頑張りがが乏しいのでDFが疲れて、いい守備ができていないのも否めない。セットプレイの調子は上がってきていると思う。セットプレイからの無理な体勢でも枠に飛ばせば怖さはある。それが出来ているのは今野選手だと思う。触ったときの枠内率高そう。米倉選手もいい感じの冷静なシュートがある。もうちょい率をあげていこう!阿部選手は枠外が多い。岩下選手がいなかった。心配だ。この調子では、頂点にはいけない。何かをかえなくちゃいけない。なにかってなんだい?そのなにかがなにかさえもわからず。なにかしなくちゃ。なにかしなくちゃ。


2016-07-30 第06節 vsサンフィレッチェ広島 19:00~ Away エディオンスタジアム
1-0 勝った。阿部ヒロユキ選手やってくれた。カッコイイ!いままで、枠からかなり離れたシュートが多かったけど、前半からもだいぶ寄せてきてたし、クロスバーに一回あててるし。(・∀・)イイ!!。崩すのに手間がかかり過ぎているのは相変わらずでしたね。堅守のチームだけに大変な事ですが、中盤のパスワークはもっとやれる必要がある。しょうもないミスをもっともっと減らさないとね。
2016-08-06 第07節 vsサガン鳥栖 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
2-1 逆転で勝った!迷いのある戦術でしたが、呉屋選手をあきらめてから流れがよくなった。呉屋選手のようなタイプを前においていたからこそ、選手交代が効いたかもしれない。特徴が違う選手が途中から入ることで、対応をおくれさせれていたと思う。アデミウソン選手の個人技で、全くはいれこめなかったゴール前までボールを運び、最後は相手選手がバシッと決めてくれました。そして、2点目は、ここしかないというようなちょうどいいクロスが長沢選手のヘッドにつきささり逆転。倉田選手の躍動がよかった。ドリブルで相手バイタルへなんども持ち込んだことが、崩しにつながったと思う。最後は鳥栖の選手が倒れていたところからのつながりだったので、相手側のクレームがあったようですが、あんな時間帯になって転んだ程度では油断してはいけないということだ。ガンバなら絶対に油断しない。つまり、顔洗って出直してきた方がいいということです。精神がなっていない。転んだら助かるんだったら、みんな転ぶ。転んでも試合は止まらない。これがトーナメントとかワールドカップだったら泣くに泣けない油断だ。相手の動きに集中するべきだ。


勝利のセレモニーに変化が!イングランドの儀式をいち早く取り入れた模様で、いつもはクールなヤットが両手を真横に広げては、真上で手拍子をするというものを、徐々に手拍子のリズムを早くしていくという儀式。選手が一列にならぶなか、ヤットが前にでてオンドをとる。そして、最後はパチパチパチっとなってわーっとなる感じ。いいとものタモさん風に終わるかと思ったが、ふつうに終わった。でも、いい。こういうことを今までしなかったヤットがやるということに意味がある感じがする。万歳うぃんにんぐガンバはまだ納得がいってないのかもしれない。


2016-08-13 第08節 vsジュビロ磐田 19:00~ Away エコパスタジアム
2-0 勝った!アデミウソン選手の見事なヒールトラップ反転シュートと、途中出場の堂安選手が切り込むとマイナスのスルーパスが長沢選手へぴったりと合い簡単押し込みシュート。今日も勝利の儀式!相手にもたせていたものの、前線の連動した前からの守備がほどよくきいていたと思う。あとは、きりこまれたときのファールがいただけないのと、簡単にコーナーにさせてしまっていた部分ももったいない。もっとやれるはず。攻撃面では、厳しい体勢でも枠に飛ばす意識はもう少しかなと思いました。ヤットさんは頑張っていましたが、暑いから念のため交代してました。ゆっくり休んでください。休むと体が鈍るのなら問題か…心配だ。


2016-08-20 第09節 vsヴィッセル神戸 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
0-1 負けた。一発で押し込まれたorz。あのグダグダな守備はいったいなんだったんだ。何が起こったかわからなかった。堅守でいってたのに、気の抜けたような守備。そして、なにかバリアでも張られたかのようにゴールにボールが入らないわれらがガンバ大阪。夏の暑さで動けない選手が多くなっていたのもあるが、つらい試合だった。阿部選手の決定力が今後を左右しそうだ。アデミウソン選手は厄日でしたね。なんか、なにやってもうまくいかないという感じ。運も実力のうちとはいうもののアデミウソン選手の実力からすれば、神様はいじわるだなぁ。大森選手、阿部選手、倉田選手がもうひとつ突き抜けた存在になってくれれば、もっと強くなる。互いにドリブル力やシュートへの執着心はあると思う。長沢選手とパトリック選手の拮抗した能力は頼もしい。切磋琢磨してほしい。新人の呉屋選手や堂安選手、若手の井手口選手のパスワーク力やダッシュ力。走り続ける強さに期待したい。ヤットには、相変わらず健康でいてほしいし、優れたセンスを維持してほしい。あと欲を言えば、100ゴールと、ちょっとした油断からおこるミスの低減は心がけてほしい。ファンサービスはグッド!今野選手は心持ちが強ければ、調子はいいので維持っすね。メンタル大事よ。こんちゃん。米倉選手はアレだな。頑張ってるけど、ボール取られやすいので、技術力アップしてほしいな。クロスの精度とか、クロスを出し切る力だね。DF陣はほどよくFW陣に頑張ってもらって少しでも楽しながら、集中した守備を連動した動きだな。まぁ、こういうところで落とすというのもガンバらしい。もうこのようなフガイナイことがあってはならない。気を引き締めていきましょう。ゴール裏が広くなったけどちゃんとうまってるし、ゴール裏系サポータも増えたね!みんなで盛り上げましょう。ひたすら応援し、ひたすら勝ち続ける。これがガンバ大阪スタイル。負けてはならん!


2016-08-27 第10節 vs湘南ベルマーレ 18:45~ Away 湘南BMWスタジアム
2-1 逆転で勝てた!土砂降りdownpour!その影響もあったと思う。環境に対応しながら攻め立てたのは湘南ベルマーレでした。枠内の低めに勢いのあるシュートを繰り出すと、雨で手が滑りやすい中、たまらず東口選手が大きくパンチングで防ぐと怒涛のように再度、強烈な低めの枠内シュートが!さすがにこれには反応できずゴールを許す。ヤラレタ!7連敗中で闘志に燃える彼らから、この雨の中勝ち切れるかという厳しい状況になった。そして、前半の間においつけるかと心配していた頃、オジェソク選手がカウンター気味に前へうまく飛び出していた長沢選手へふわりとロングフィードすると、そのパスボールにとびかかり、長い脚でボレー!ボールはなかなかの勢いでゴール枠内をとらえ、キーパーの少し上をとおりぬけてネットを揺らしました!ネット揺らした瞬間に雨しぶきがバッシャーと舞い上がったのはカッコよかった!試合は、このまま後半へ。雨の中、ボールコントロールが難しくなる状況でありながらも、誰一人手を休めることのない白熱した戦い。いや、相手が7連敗中だからね。圧倒的に勝たなあかんのにっ!なんか悔しいけど、わりかし拮抗した試合展開。やるかやられるか。そんな状態。ボール支配率とテクニックではガンバが一枚上っす。この流れの中でもなかなか決めきれないのが最近のガンバ。すると後半の半ばに得たコーナキックで久しぶりに炸裂。ヤットのCKが久しぶりにアシストにつながり、最後はまたもや長沢選手のヘッド。素晴らしい1点だった。もう1点くらいとれそうでしたが、逆に追いつかれそうな場面もあったりと一進一退。まだまだ油断できない展開ながらも、守り抜いて勝利を呼び寄せた。雨だったから、低めに枠内に打つと何がおこるかわからない。技術力も雨の中という特殊な状況なので、なんとも、途中でパトリック選手が交代で登場。久しぶりの起用ですが、前で収めるというのが要求される仕事。でもパトリック選手は、どうやらゴールに意識がいっているようで、前がかりになりすぎて大きくフィードされたボールをうまく収められないという印象が残った。長谷川監督もちょっと残念そうだった。でも、まぁ収まるという力は相変わらずあるし、スプリント力も凄まじい。おちついて状況にあったプレイを選べるようなタフさが必要。最近はうまく活躍できていないという意識が強くなっているのかもしれませんが、そんな風に気負わず、特徴を生かしたプレイを続けてほしい。おのずとゴールチャンスはやってくるハズ。ヤットの100ゴールはまたもやお預けでした。活躍はしてるんだけどね。時間の問題でしょう。ボランチで点とるなんてのはあまりないのは当然だし。100ゴールはやっぱFKで華麗に飾ってほしい。特に厳しい試合展開とかで、グサリ。待ってます!経験の浅い選手たちの走りに対する躍動が最近は良くなっていると思う。湘南の選手よりもハードワークしていたのは評価できる。全員で続けてほしい。チームが強い意志を一つにしてゴール奪取にダッシュして、栄冠も奪取してほしい。いよいよルヴァンカップ始まりますね。YBC(ヤマザキビスケットコーポレーション) ルヴァン(商品名)カップ。まぁナビスコとの業務提携完了?寂しいねぇ。でもこれはしょうがない。ヤマザキに感謝(人▽`)!オレオどうなっちゃうんだろう…心配。あれがなくなったら生きていく自信が無い(ソンナニ?えっとベルマーレサポのみなさんごめんさない8連敗に追い込んでしまって。でもしょうがない。試合だからね。戦いだからね。うちらも落ちた時はあったわけだし…。大阪は嫌いかもしれんけどなんだかんだいって人口の分で助かってますかね。街の規模からしてJ1にいること自体が難しい中。過酷な応援乙です。すごい迫力ですね。大阪で生まれたから、大阪応援します!厳密には大阪では生まれてませんけど…
2016-08-31 YBC ルヴァンCUP vsサンフィレッチェ広島 19:00~ Away エディオンスタジアム(旧ヤマザキナビスコCUP)
1-1 なんとか追いついて引き分け!アウェイゴール1!少しだけプレッシャー。こちらは主力選手温存作戦で臨んだ1戦。東口選手と遠藤選手と今野選手とアデミウソン選手が特別にオヤスミです。それでも、層はアツイ。1失点目は放り込まれたクロスへの対応が遅れて後手後手にまわっての失点でした。しゃーないしゃーない。んなわけない。藤ヶ谷選手との連携とろうよ。DFメンバー!ま、でもやられてしまったからには取り返すしかない。んでんで?われらがガンバ攻めの方でも決め手に欠く。パトリック選手が浮足立っているのは否めない。実力で勝負していいのに…最近、運にまで見放され気味?いいよいいよ。頑張れパトちゃん!そしてそして?突破口を開いたのは呉屋選手!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ナツイこのAA。あれだよ。疲弊しきったところにパワフルに左側から切り込みバイタルエリアはペナルティエリアのちょい外くらいからの鋭いシュートが突き刺さる。見事!つうか助かった。次につながる1点。この調子で次の試合でも0におさえるなり、勝つなりして、とにかく勝ち切ってほしい。


2016-09-04 YBC ルヴァンCUP vsサンフィレッチェ広島 19:00~ Home 市立吹田スタジアム(旧ヤマザキナビスコCUP)
6-3 どひゃー!大勝利!どうしてしまったん広島さん!大崩壊っす。負けそうなときのガンバの強さと、前がかりになったときのスキを突くガンバの強さを思い知らされた試合だったでしょう。うまくはまった試合だった。サポータのみなさんも超ご機嫌です。広島から6点はいいね!でも3点とられてるからね…やばいっすよ。藤ヶ谷選手がまだ試合に入れていない感じがする。でも、J2おちとJ2にいたころとあんまりかわんねぇんすけどね。でも、持ってるんすよね。藤ヶ谷選手は。数々の栄光を彼と共にしているガンバ。なんつうか不思議なパワーをまき散らしている。こんなガンバ見たことないっていうそういうのを引き出している。FKで微動だにしない藤ヶ谷選手の守備とか凍り付いたよね。丹羽選手の不用意なファウルが根源だったからね。あんなちかくで打たれたらやられるのも否めん。あっさり先制されたときも凍り付いた。そして大差をつけてからの崩され。よくないね。よくない。引き締めていかないと次で負けてしまうよ。だからなんていうか、勝って兜の緒をしめなければならない。ことごとく枠にとんでいったシュートが気持ちいい。その調子だぜ。米倉選手はふかさないようにもうちょいトレーニング必要だな。
2016-09-10 第11節 vsヴァンフォーレ甲府 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
2-1 逆転で勝ったー!序盤の5分。ミスからサイドを切り込まれ、足元でのクロスがごちゃごちゃっとして、すんなり失点。こ、これは…もとはといえば、米倉選手のミスから始まった感じに見えた。なーにしとるんやぁ!ってなった。けど、すぐっすよ!スグ!FKを得てヤットから長沢選手のヘッドで同点のゴール。そこからモタモタすること、数十分…これはもしや、まさかの同点という結末と思いかけたところで、バイタルで倉田選手の豪快なボール奪取がさく裂。パスは大森選手にこぼれ、相手選手らの守備が崩壊した刹那。大森選手が冷静に倉田選手にパスを戻しての、冷静なる流し込みで逆転。とてもよい動きだったと思う。細かいつなぎの一番良いパターンだったような感じ。これは続けるべき。得点こそとれなかったものの、みんなのシュートの意識が枠に行きつつあるのもよい傾向だと感じたよい試合だった。強いて言えば、最初のミスからの失点の下り。ああいう場面を作らない集中力が必要。あと、阿部選手が足首をもってかれて、歩けなくなった故障が手痛い。四条畷イオンでの、トークショウが翌日日曜日に開催されるも欠席で、代わりに西野選手が急遽出席。心配っす。丹羽選手も来てましたね。写真を勝手にパシャリと思い出にしておこうと思います。とっちゃダメな感じだったので、公開はできないっすかね。とっちゃいけないというのは1Fのステージ付近だけで指示してたので3Fの遠くからの写真は許されたのかもしれない。んなわけないか。イオンの風景写真を撮ったらたまたま、映り込んだ。そういうことにしておきましょ。ま、どっちにせよ、公開は慎むべし。思い出は思い出。なんでもアップロードするSNS症候群とは一線を引かねばなるまいと肝には銘じているつもりです。


2016-09-17 第12節 vs名古屋グランパス 19:00~ Away 豊田スタジアム
3-1 逆転で勝ったー!序盤にサイドを深く切り込まれ、そこからのパスコースをきれずゴール前の永井選手にやられる痛恨の失点。甘すぎる。その後は怒涛のゴールラッシュ。長沢選手調子いいし、井手口選手のとどめも良かった。みんなよかった。やりきれていた。最初だけだな。だめなの…。見ていて思ったのは試合に入れるまでに時間がかかっている感じです。序盤のパスは距離感がつかめていないせいかミスが多い。試合の最初でももっとパスのリスクが少ないしょうもないパスで試合に入るように展開を変えるべきだと思う。試合への入り方を考えるとよさそう。ま、難しいわな。あ、そうそうケガで削られた試合でした。危ないっすよこの試合。長い戦いの上でケガが一番怖いっす。カラダ大事に頑張ってほしい。ヤットさんは足を痛めて途中で下がっちゃいました。(´・ω・`)
2016-09-24 第13節 vsFC東京 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
3-3 引き分けた。逆転に次ぐ逆転の末です。おいついて良かった的な。そんな試合です。先制された直後の大森選手のシュートはきれいに枠内へ。( ・∀・)イイ!!そして、すぐさま追加点となる素晴らしいプレーで藤春選手への絶妙な前へのパス。息が合っていたし、藤春選手じゃないと相手を追い越して触れないくらいの距離感!それに足を延ばした藤春選手が後ろ横でゴール前の長沢選手へ精度的には長沢選手にピッタリではなかったけど、長沢選手が反応すれば長沢選手しか触れないところへボールが転がる。藤春選手へのパスを防ごう飛び出していたキーパーのおかげでゴール前は誰もいない状態。これをおちついて、ゴールに流し込みインゴール!相手DFも長沢選手めがけてカットすべく滑り込んでいたが、体制を完全に崩しているため、長沢選手が、一方の選手の股の間をついたのはナカナカすごい。見えていたのなら凄い。と喜んでいたのですが、すぐさま、相手ゴールが決まり追いつかれる。後半にはケガの調子が心配な遠藤選手登場!ヤット!ヤット!ヤット!そして試合も終盤の89分に逆転のゴールを許す。ここしかないというクロスを入れられた。守備が甘い。なんであんなにフリーになっちゃうんだっけ?せめてフリーにさせるだけならまだしも、せめてコースくらいは消さないと!でも、ここからがナカナカすごかった。ガンバが珍しく攻め立てた刹那、前線には6人くらいという、とんでもないまえがかり状態!米倉選手もゴール前でパスを繋ぐ大混戦。このボールを大森選手が機転を利かしたヒールで唯一フリーの米倉選手の前へパス。ヒールなので集中していないとボールへの反応が遅れて、急にボールが来たので蹴れませんでしたとかになるんすけど、米倉選手は集中していた。転がってきたボールに素早く反応し、がら空きの部分へ流し込むかのようなインサイドキック。ほかのガンバの選手にもあたったような気がしたが…米倉選手の得点です。貴重な勝ち点1をなんとか取り返す展開。米倉選手の集中のおかげです。トップの浦和レッズとの勝ち点差は2→4と広がってしまったので、何やってんだ的な試合ではあります。これ以上の勝ち点の取りこぼしは避けたい。次節の直接対決。今シーズンの頂上決戦。選手のみなさんも壮絶な準備段階や練習。精神集中。やれるだけのことをやるという感覚になっていると思いまして、J-GREEN堺での練習を見てきました。非常にいいピリピリしたムードでへらへらするわけでもなく練習メニューをこなしていたっす。これは期待できる!そう思いました。なので、監督にだけ直接。期待していますと声をかけてきました。ほかの選手にもいろいろ対応してもらえました!ファンサービス凄すぎる!どれだけ大きな試合があってもファンあってのサッカーってのは忘れていないってことなんだなぁと感慨深くなりました。なるべく邪魔はしたくないので、ささっと退散です。いやはや、モチベーション高くして、強烈な試合運びで相手に挑んでほしい。最後まであきらめない攻めの姿勢と失点も許さないような集中した試合を見せてほしい。とられても絶対取り返してほしい。1点でも多く抑えて1点でも多く奪い取る。ときには相手をいなす。そういう試合運びっす。絶対的な勝利が必要!次節の負けってのはファンの落胆は半端ないことになる。心せよ。われらも選手の勝ちを祈ろう!それくらいしかできない。鼓舞するのだ。moment!


2016-10-01 第14節 vs浦和レッズ 14:00~ Away 埼玉スタジアム
0-4 死んだ。完全にやられた。生き返りは難しい。が、ここで終わるガンバではない。残りをとにかく勝つ。それだけだ。今日のはサッカーではないから、負けても気にしない。あんな早々と退場処分にする悪徳審判みたことない。のっかかってきたのをどけただけなのに…ひどいよ。それよか体当たりしてきた方をなんとかしろってガンバファンなら思うでしょ。サッカーを覚えてから出直してきてください。ってそんな気分。サッカーじゃないから反省するべきは存在しない。ぬか喜びでもなんでもすればいい。これはサッカーとは言えないのだ。勝てばそれでいいのかっていうそういうレベルのひどい試合だった。以上。あんまり冷静ではない意見ですが、そんなところです。


2016-10-05 YBC ルヴァンCUP vs横浜FM 19:00~ Home 市立吹田スタジアム(旧ヤマザキナビスコCUP)
0-0 ふむ。決めきれず。そして、やられず。危ない場面もあった。でも藤ヶ谷選手のナイスセーブ2つ。献身的な守備。守備陣形のときは全員が良く走っていた。攻撃に厚みが足りない。横浜FMの守備もがっちりだったし…しょうがないか。そんななか倉田選手が3回ほど決定機。いずれも素晴らしかった。途中からのアデミウソン選手のボール保持力すごい。最後のところのアイデアは行き詰るというのがちょっと残念。3人に囲まれたらもうどうしようもないっすよね。パトリック選手久しぶりの先発。よく走っていたけど、決定機にはならず。幻の1点はついてなかった。倉田選手のカバーがきつすぎてファウルになり、得点が無効に。惜しかった。でも前節に比べたら、試合にはなっていた。面白かった。Awayでの2戦目もあるし、これはこれでよい結果と言えます。次は勝つ!タイトルとって賞金稼ぎ+栄光を手に入れよう。天皇杯も大事だぜ。清水さんとなんすね。頑張らないとね。ぶっちぎりで優勝して、ACL→CWC行こう!


2016-10-09 YBC ルヴァンCUP vs横浜FM 14:00~ Away 日産スタジアム(旧ヤマザキナビスコCUP)
1-1 ふむふむ~っ!。次にいける!アウェイゴール差。後半、サイドの守備が甘くなったところを一発で決められる。何?その決定力?でも、まぁ、最近のガンバは逆転できる力とかあるし、我慢強く応援。すると、ゴール前の混戦から!井手口選手がはたいたボールが米倉選手の足元へそれを相手の足元を使って後ろ向きに蹴ったボールがすぐさま跳ね返って藤本選手のところへそれを冷静にヤットへパス。相手DFが詰めていたが股をぬいてスルー。待ってましたとばかりに遠藤選手が華麗にゴール。素敵すぎるつながり。相手のあんな一発があるんだからこちらもこういうことがあってしかるべき!あとは守り抜いての同点劇。最低限の結果を残しました。良かった。次につながりさえすればいいわけで、おーけーおーけー。無駄に自分がJ-GREEN堺なんぞにいって選手に触れ合ったから、なんというか穢れが乗り移ったのかと心配していましたが、関係ないわな。そりゃ。選手は選手。自分なんかとは関係なく頑張ってくれてますよね。軽く2億円を超える額をかせぐ遠藤選手に触れ合えたことで、なんていうか、そういう人がいるという実感が沸きました。普段の目付きとか集中力とかを見るといい刺激になりますね。わしゃもぼちぼち頑張らんといかんなぁって思いました。オーラがすごい。俺にはなんとなく見えたね。オーラ。その遠藤選手が決めてくれて嬉しい。オーラだな。なんつうのこれまでの活躍を知っているものだけが見えるそういう人生の道が見えました。すんげぇもの背負ったこともある人が目の前に…。そして、日本代表最多キャップ…あらためて凄すぎる。こんなちかくに触れ合えるってすごくね。自分とこの社長とも会ったことないのに、この近さ。眩い。次は…浦和さんかぁ…厳しい。しかも壮絶なるアウェイ。われらがガンバ大阪が全国にまたをかける地上波で見れるのは嬉しいことですが心配です。タイトルほしいね。でも、このタイトルはACLついてこないからなぁ。でも、ここでの賞金が選手のみなさんの勢いをつけるとしたら重要な一戦なわけで、この賞金を元にいろいろな欲望にまけずガンバ大阪でのプレイに打ち込んでいただければと思います。あれがほしいこれがほしいと副業とかに気を散らさないでサッカーに打ち込むんです!そのためにも!優勝は大事!特に若い選手はお金は持ってた方がプレイに集中できるよね。


2016-10-15 YBC ルヴァンCUP vs浦和レッズ 13:00~ Away? 埼玉スタジアム(旧ヤマザキナビスコCUP)
1-1 → 延長 0-0 → PK 4-5 むむむっ!引き分け!つうかとりあえずは負けだ。悔しい。負けに匹敵しない負けなのでアレですが、残念っす。よくやった!なのに!おしい。天皇杯に照準を合わせていかんとな。これは絶対に取りたい。いや~アデミウソン選手のは、かっこよかったよね。一人で持ち上がって二人かわしつつも、キーパーと対峙して冷静に打つそぶりもなく転がしきるという裏をかきまくる才能。凄すぎる。今日のみどころだね。それにしてもガンバは堅守だったけど、前半の半ばあたりから、CKを与えすぎていた。そして後半になってついにやられるという展開。あれだけCKをあたえていたら、運よく相手にわたることもあるわな。もったいない。PKは遠藤選手やっぱ決めたね。カッコよかった。丹羽選手がふわりとしたキックできめたのも意外だったけど、そのあとの相手への挑発。意味あったんかな。東口選手ってまだPK一度も止めてないような気がする。西川選手はレッズでPK初セーブとか。一歩先を行かれたな。なかなかの不名誉な記録だ。PKどうでもよいけど、ある程度、技術力のいる修羅場だよね。いやな勝敗システムですが勝負の世界にはつきものの最終手段的試合ルール。時間がないし、体力ももたないからしょうがない。別日ってわけにはいかないし。はぁ。寂しいな。


でも、胸を張っていい試合だったと思うね。よく頑張ってくれたよ。見応えはあった。全員が輝いていた。こういう展開にならないように個々においても、チームとしても、もっと強くならないとな。


2016-10-22 第15節 vs横浜FM 14:00~ Away 日産スタジアム
2-2 引き分け。若手育成期間に突入したっぽい戦い方でした。でも、負けたくないみたいなそんな感じもしました。結果的にはあれでしたが、なかなか収穫のある戦いだったと思います。呉屋選手には最後のところを決めきって欲しかったけど、まずまずの躍動具合。これだけの時間を与えられたのは良い刺激になったと思います。引き続きガンバです。あとは、井手口選手の2ゴール。遠藤選手の代わりというポジション。重責でありながらも、日本代表尾ボランチの山口蛍選手のような、それ以上のボール奪取力があったと思います。さらにはふかしすぎない冷静な2つのミドルシュートがことごとく得点につながるという素晴らしい結果によるチームに勝ち点1を手繰り寄せました。米倉選手のマッチアップも頑張っていましたが、斎藤選手に持ってかれたあの胸トラップによるバックパスは失敗でした。無念なり。全体としては良かったので、へこまず、やり続けてほしいと思います。よく走っていたと思うし、いい試合だったと思います。最初の失点は相手に崩されているので、守備陣で同じことにならないようにしっかりと確認をしてほしいですね。目が大きな白丸を囲むような点になったような状態で試合観戦をしていました。もう優勝とか3位以内とか無理なんだなって思うとちょっと切ない。あきらめは肝心ですよね。でも、ACLのためにも天皇杯はなんとかとってほしい。めざせ3連覇。最後に照準をあわせてチーム力を高めて、来年につなげてほしいです。まだまだ期待ですね。自分も遠藤選手が頑張っている限りは、ひそかに応援していたいと思います。


2016-10-29 第16節 vsアルビレックス新潟 14:00~ Home 市立吹田スタジアム
3-1 勝った!すでに得るものはあまりない。とにかく負けないで、少しでも上位に上がって、そしてよい成績を残すべくして、シーズンを終わらせること、これに尽きる。そして、天皇杯で魅せるべきものを魅せる!そういうわけで、新潟のみなさんには、降格圏内にいながらも厳しい戦いになったことは申し訳なく思いますが、こちらも次がありますんで真剣勝負です。サポータは一勝でも多く勝ちたいのです。J2に落ちるのがかわいそうとかそういう感情をもって戦うことはできないのです。2年前にJ2に落ちた時に誰も手を差し伸べてくれるわけがないことを知りました。最後まで真剣勝負なんですよ。それがJリーグ。そうならないためにもシーズンを戦いきらねばならないのです。1点目はアデミウソン選手の華麗なる持ち上がりから、そして、2点目はPK。遠藤選手のJ通算100ゴール!綺麗にゴール右上隅でした。3点目は前がかかり&人数が少なくなった相手チームのスキを突いた呉屋選手のJ初得点でした。良い成果です。今節でHomeは最終戦ということで恒例のファンへの感謝の気持ちを込めた挨拶セレモニーがありました。その中でキャプテンより心強いメッセージがありましたね!元旦は予定をあけておけ!Yes。楽しみにしてるよ。吹田スタジアムでの決勝戦。どことどこの戦いになるのかわかりませんが、少なくともここまではガンバが残るということを意味する発言だと思います。3連覇。いきましょう!
2016-11-05 第17節 vs川崎フロンターレ 14:00~ Away 等々力陸上競技場
3-2 勝った!勢い的にはかなり負けていたが、集中砲火って感じでしたね。良かった良かった。なんつうか本来は勝てない展開の試合をひっくり返した凄さを感じました。やればできる子たち。それがガンバ。あきらめていない集中力ってやつがあったと思う。ひとつでも上の順位で終わらせる。これが本気だった。キャプテンのまなざしはそれを物語っていたと思う。0-2の超ビハインドを後半の20分あたりから倉田選手、呉屋選手、そして阿部選手の押し込みという詰め寄り系の攻撃が成果をあげると、そのすぐ2分後、井手口選手の横へ流れるドリブルからのシュートが低く枠内をとらえゴール!そして、とどめはアデミウソン選手の華麗な個人技がさく裂、一瞬にして逆転。すさまじい決定力。これを毎回ヤレという内容だった。毎回ヤレたらなぁというそういう内容です。強いよ。これで、年間4位で終えて天皇杯でAFC枠の3チームが優勝した場合の繰り上がりJ年間3位相当のAFCという望みをつないだ。自力で天皇杯をとる!という自力AFC出場枠ゲットが一番の理想形。たのんますよ!来てる来てる!


2016-11-09 天皇杯 Round16 vs清水エスパルス(今季J2) 19:00~ Home 市立吹田スタジアム
1-0 なんとか勝った!徹底した守りを貫く清水。おそるべし、ガンバの決定機をことごとくつぶしては時折みせる強烈なカウンターという繰り返し。ガンバがやられやすい展開に持ち込まれること112分。何度もいただいたCKも得点につながっていなかったところを無にする遠藤選手の正確なキックと長沢選手のヘッドがさく裂。試合を決める。長かった。よく守り切ったし、みんな集中していた。絶対負けないっていう気迫はあったと思う。期待できる。遠藤キャプテンの目はおまえら絶対この試合まけらんねぇぞっていう顔をしているし、気を抜くなという遠藤選手の鼓舞がみんなに伝わっているという感じ。この熾烈な戦いを制したのだからやはり元旦まで残ってAFCの枠を獲得してほしい。世界の頂点に詰め寄ろう!まだまだこのメンバで強くなろう!世界的チームになろう!


2016-12-24 天皇杯 準々決勝 vs横浜FM 13:00~ Away 日産スタジアム
1-2 ぐぉぉぉおおお負けた!終わってしまった。今年が終わった。正月はガンバがいない。天野ぉぉぉ!あんなん入るん?試合を振り返ると、まぁいい試合だった。なんつうか、いい試合だった。後半にジョンヤ選手が斎藤学選手に不用意なPKを献上。あの悔しそうなジョンヤ選手の表情を見ればわかる。失敗したぁって感じだった。あんなもんこけなくたって点には繋がってなかったはず。あの流れならね。ここから一気に厳しくなった試合展開。がっちり守備をする相手に対しての強烈な策を打った長谷川監督の判断の速さと選手の順応力。ガンバはまだあきらめていないことが、ひしひしと伝わってきたし、ダメなりになんか起こりそうな予感がしてきていた。波状攻撃もあったし、時間の問題とまで思える展開にまで発展。相変わらずカウンターの怖さは潜んではいましたけどね。でも、でも、つうか、そしてっつうか、試合終了間近になってのCKから遂に結果を手にする。イイ感じに放り込んだボールのクリアが甘くなったところに、今野選手の嗅覚がボールをとらえ、超ド級のフリー状態からの一閃。これでもかってくらいの良いコースにボールがゴールへ向かいネットを揺らす。1-1!追いついた。そして、怒涛の攻めが続くガンバ、もっといったれ!もっといったれ!いや、ここは仕切り直して延長というのも悪くはないか?と思いつつも、攻め続けるガンバ。一気に試合を決めるという覚悟。しかし、これを外すかというようなシュートの嵐。ダメか。かちきれんかと落胆した矢先、無駄に長くなってしまったアディショナルタイム6分も5分がたったあたりでの横浜のカウンターがさく裂!それなりに堅い守備のガンバがミドルシュートのスキを与えるあたりの弱さをみせた一瞬の油断。天野選手の放ったミドルは無情にも鉄壁の守備をすり抜け、ゴールに突き刺さる。これはさすがに試合を決める一点になったなと愕然。つか唖然。でも、あきらめてはいけない2分もあれば2点とれるガンバ。あきらめてはいけない。選手もあきらめずにボールをゴールに運ぶ。いつもだったら通らないようなロングフィードがとおるし、2ndボールをひろい最後のシュートを放つという展開へ。しかし大森選手の放ったシュートはゴールの枠のはるか上へとび、試合終了。無念。AFC出場は鹿島と川崎の2チームの天皇杯優勝というカタチで実現するという他力状態に…さて、どうなるガンバ大阪。


今シーズンのガンバの試合は終わりましたが、奇跡のACL出場枠ゲットを目指して…ときは流れる。


果報は寝て待て!そして、来シーズンにこそ!期待してます!セレッソも戻ってくる!熱いJリーグに期待やね。それにしてもまさかのスカパーの放映権喪失。安定したTV観戦はなくなりそうです不安ですが、まぁとおくから見守ってます。ガンバ大阪オレ!ガンバ大阪オレ!ガンバ大阪オレ!


2016-12-29 天皇杯 その後の試合結果によって… ACL出場権獲得!

<プレーオフの試合予定>

2017/2/7(火)

ガンバ大阪 vs バンコク・ユナイテッド(タイ)またはジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)

ということなんだって!やったぜ!ACLぎりぎり滑り込んだ。来季こそはACLのぼりつめて頂点とってほしいね。なんならCWC。日本クラブ初の優勝とかまでいってほしい。鹿島さんであそこまでいけたんだから、可能性はある!


でも、いまのままでは即死します。得点力。個の力。ボール保持力。ボール奪取力。連動力。パス精度の飛躍的な向上。パスの質向上。失敗時のフォロー率向上。失敗の質の悪化を極力低減し、次の成功につなげれる発想力。得意な部分を生かすチームの戦略アップ。あらゆる点で磨きをかけてほしい!来年も陰ながら期待してますよ。


スカパーは来季以降は全試合放送権利を失いました。僕たちはいったい何をとおして、いくらくらいで全試合を閲覧できるのだろうか…。値段が高くなったら見れないかもね。


追記:

2017シーズンより、スカパーだけではすべてのサッカー中継を見ることはできなくなるそうです。ダ・ゾーンというネット配信を利用しないと見れなくなるそうです。たくさんのお金を積んだそうなのです。ダ・ゾーンって何?って感じの人多いと思いますが、そういうことなのです。なので、どうやったらTVで見れるか?ってことになるんですけど、ダゾーンをTVで見る最も一般的な方法はAmazonのFire TV Stick(およそ5000円) + HDMI端子付きのTVもしくはディスプレイでスポーツのような素早いフレームレートやスクロールあるいは残像処理に耐えれるディスプレイ + DAZNダゾーンの契約(およそ2000円) が必要です。あ、あと高速通信ができる光通信とかを自宅に引き込んだり、無線で10Mbpsくらいを確保って感じっすかね。管理人もこれらの道具をそろえようと思っています。見やすいんかな~。

2015シーズン

スタジアム募金は結局3000円だけ…(´・ω・`)ショボーン ゴメンネ。そして、年間パス解約。三重県民だから遠いし…ショウガナイヨネ。

Gamba NewStadium.jpg


ACL出だし悪し。第一戦だけ見に行った。無理そうなにおいが漂っていた。だけどオレはまだ信じてる。馬鹿だからな!


宇佐美選手!代表デビュー!代表デビュー2戦目でドリブル突破からの代表初ゴール! (※日本代表関連情報なので、ここに書くべきではなかったかも知れない。けどガンバ大阪の宇佐美選手ってことで許して下さい。)


2015-04-12 18:30~Away・AIAスタ
清水戦勝利も宇佐美選手大活躍!3-2 アウェイで勝利!(宇佐美選手2ゴール!)


2015-04-18 18:30~Home・万博記念競技場
湘南ベルマーレ戦も2-0で勝利!やった2位だ。宇佐美選手のねじ込みとヤットのPK!
2015-04-22 22:30~Away・中国
ACL 広州富力戦も5-0で完封勝利。
でも、ここまで2勝2敗1分け勝ち点7の得失点+2で2位。3位ブリーラム(タイ)も2勝2敗1分けで勝ち点7だが得失点±0。1位の城南は勝ち点10(3勝1敗1分)得失点+4。4位の広州富力は1勝3敗1分で勝ち点4。次のGW最終日Home城南戦で勝てば一位通過っすかね。2-0くらいでよさそう。ガンバは今野選手が戻ってきて、大森選手は次回出場不可だけど調子は今野選手復帰による上がり調子は持続しそう。宇佐美がここのところ連続得点だし、途中の試合もあるけど、可能性を感じる。引き分け以下の結果で巻き起こる2位通過以降の複雑なことは考えないことにする。なるようにしかならんし。とにかく勝てばいいらしい。
2015-04-26 14:30~Home・万博記念競技場
アルビレックス新潟戦も2-1で勝利。宇佐美選手が東口選手の無念を晴らす相手KPのボールセットを後ろから横取りして、見事にゴール。そしてパトリック選手の見事な飛び出しでゴール。2点目はガンバらしいナイスなパスがひかったね。1点目の仕返しは友情の証なのかもね。いいぞいいぞ公式戦7連勝。まだまでかてかてかてかて!CWC(クラブワールドカップ)いってほしい><!


2015-04-29 14:30~Home・万博記念競技場
松本山雅戦も1-0で勝利。宇佐美選手ドリブル→パトリック選手→宇佐美選手のワンツーで華麗なゴール。走力は相手が上でちょっとおされてたけど堅守が功を奏して完封。辛勝といったところ。でもでも、公式戦8連勝。次はAwayで浦和と直接対決だね。勝てるかな。かてかてかてかてAwayやぞ!
2015-05-03 14:00~Away・さいたまスタジアム2010(いなか)
浦和戦は0-1で完敗。守備の乱れが気になった。とくに小椋選手のところが連携が甘いというかなんというか、小椋選手自身はよく動いていてすごかったんだけど、隙が多かった。そして、そのへんの問題が徐々に効いてきて、走らされ過ぎて、後半で疲れていたのは浦和よりもガンバだった。最後はフリーになってたし。なんじゃそりゃって感じの終焉だった。あれだけ守りに守ったのに、そこで疲れてどうするってそんな感じ。もうちょっと練習したら、守備陣はよくなってくれると思うので、まぁ浦和だったし、力不足のガンバが負けるのも仕方ないようにも思える。そんな感じ。頑張れ小椋選手。突然の起用の割にはよく頑張ってくれたと思うし、凄い試合だった。宇佐美選手にもう少し神がかった余裕があれば、2点はとれてたと思うし、実に惜しい。そんでヤットのが入ってたら、もう1点あったと思うし…。ないものねだり過ぎる。もうやめよ。つぎだ。次!ACLこそが我らの誇りを示す場所なのだ。


2015-05-06 14:00~Home・万博記念競技場
城南(ソンナム)戦は2-1で快勝。ACL決勝トーナメント進出決定!宇佐美にリンス!逆転らしい。テレビで観戦できなかったけど、願いは通じた。よかった。CWCいったれいったれ。


2015-05-11 19:00~Away・エディオンスタジアム
広島戦は1-0で快勝。宇佐美FK獲得→遠藤FK→ごちゃごちゃあって相手がクリアミス→岩下の足元→岩下の華麗なアシスト→リンスのヘッド!ゴール!そして守り抜き。快勝。岩下選手の肘鉄は相手選手も悪いと思う。岩下選手に向かってぶつかる動線で走り出してるからね。岩下選手はぶつかりそうになったら最強の方法でかわすクセのある選手だから。岩下選手のそういう性格は治しておいた方がいいかもしれないけど。でも、それがパーソナリティなのかもしれない。


2015-05-16 18:30~Home・万博記念競技場
川崎戦は1-1で引き分け。宇佐美選手がゴール。得点王いけるかも!引き続き、宇佐美選手の足元に得点に繋がるボールが転がり続けることを祈る!ガンバにいる間に、いろいろな記録を作ってほしい。つうか、ガンバ一筋でヤットみたいに生きていく人生を…まぁ、それは本人が決めることか。さて、次だ!次!次が大事。FCソウルとまずはAwayで。いったれいったれ。ラウンド16!


2015-05-20 ??:??~Away・ソウルワールドカップスタジアム
FCソウル戦は3-1で勝ち。やったね。宇佐美選手、米倉選手、宇佐美選手の3ゴール。宇佐美選手( ・∀・)イイ!試合は全く見れてませんけど。次は応援行きたいなぁ。CWC行きたいなぁ。アジアを超えて、世界を取ってほしい。今シーズンで夢を叶えてほしい。そしたら、もう、ガンバが世界に誇れるクラブに成り上がり、誰にも文句なしでこの先、ずっとにんまりで生きていけるような気がする。2連覇とかいう欲が出たりはしないと思うし。
2015-05-27 ??:??~Home・万博記念競技場
FCソウル戦は3-2でまた勝ち。それで合計6-3で勝利!やったぜ!ベスト8。パトリック、倉田、リンスの3ゴール。1点目は宇佐美選手のアシスト( ・∀・)イイ!躍動最高。試合は全く見れてませんけど。CWC。CWC。CWC。
2015-05-30 ??:??~Away・日産スタジアム。
横浜FM戦は1-1で引き分け。なんとか追いついた。良かった。


2015-06-07 ??:??~Home・万博記念競技場
鹿島戦は2-0で快勝。ヤットのFKから今野選手がゴール。そして宇佐美の切り込みからコロリでヤットのPK。その前にも宇佐美のドリブル突破からのシュートもあったし見応えあった。宇佐美選手のドリブルが冴えてきている気がする。宇佐美選手のいいところは、基本的には前に行くドリブルなんだよね。横に交わすのは攻撃的にならずに終わってしまうから、抜いてもあまり効果的ではない。積極的に前を狙っているのがいい。前があかないときのこじ開け方が宇佐美選手らしさを感じる。もちろん穴があればおちついて突破もできるし、横の動きもたまにあるので、普段から前を狙っていることが相手には効いているのだと思う。どうせ前だろ?って思った時は横へいっちゃうとみせかけてやっぱりななめ前だったり。そして横へスライドしながらのシュートや前に向きながらのシュートでも足の振りの速さがドリブルの動きとほとんどかわらないからいつ打つかがよくわからないところもいい。さすがモウドリスト。


2015-06-07 ??:??~Home・万博記念競技場
神戸戦 0-0で引き分け。決めきれずといった感触の試合でしたが、神戸の戦術がよくなっていると感じました。悔しい。監督の効果は大きいのかもしれない。これで何つうか、終わったっていう感じにはなりました。残り3つ勝って、少しでも浦和との勝ち点差を縮めることが必至の課題であると思います。がんばろう!


近況
最近は試合もニュースもサッカー番組も見れていないです。ネットでたまに試合結果をみる程度です。8月からのAFCホームだけでも現地観戦したい。


いやはや、リーグ戦いつのまにか、8位っすね。10位から2ランクアップっすけど、ふがいないっす。ACLを制覇するはずのガンバがこの体たらく。まずいっしょ。宇佐美選手のシュートが無限に決まり、ドリブルが無限に抜き続けれる神なる力が必要なのです。そして、ヤットの繊細なパスセンスがぴきーんときてパトリック選手のヘッドがボールを叩けばゴール枠に吸い込まれるバキューム的なセンスとここぞのときの冷静なキック。あとはみんないつもどおりやってもらえれば、まぁ制覇するでしょ。妄想酷過ぎ。でも、この妄想に近い状態になってほしい。いよいよだ。いよいよ。アウェイだからいけないし、みることさえできないかもしれませんが、応援してるぜ。


まずは、Homeでの戦いに望みをつなぐような結果を残さないとね。心の叫びが選手に届いてほしい。後押ししたい。大事だよ。そしたら応援いくからね。


最低限の仕事はやってくれました。素人のわたくしから考えれば、もちろん偉大な結果です…。ACL。全北ヒュンダイモーター(ソウルワールドカップスタジアム)とのアウェイ戦は0-0の引き分け。ヒュンダイからしたらアウェイゴールを許さなかったのだから、向こうからしても作戦通りの最低限の結果といえる。最近のガンバの調子から考えても、これは良い傾向だと思いました。しばらくは国内リーグでプラス基調の調子を手にしなければ、この最大の壁を撃破するのは難しい。勝って兜の緒を締めてほしい。それでこそACL王者がみえてくる。


2015-08-29 ??:??~Home・万博記念競技場
湘南ベルマーレ戦 1-0で勝ち。トントントトトン♪クラタッシュー!トントントトトン♪クラタッシュー!トントントトトン♪クラタッシュー!宇佐美選手もいい感じのが一個あったね。おしい。いいよいいよ。ACLにむけてもJ制覇に向けてもいい調子。


2015-08-16 19:00~Home・万博記念競技場
全北(ヒョンボク)現代(ヒュンダイ)モーターズ戦 前回のアウェイでは0-0で引き分けているのでアウェイゴールがガンバにはありません。1点でも失点すれば引き分け時は負けを意味する厳しい戦いです。0-0にしても延長になるだけで結局は勝たなければなりません。勝てそうもないくらい実力に差があれば、PK戦に持ち込むしかないでしょう。とかかんがえていたら試合開始10分でPKを与えてしまい1点取られてしまいました。つまり、勝つしかなくなったっス。


もう、声がかれるほど激(げき)を飛ばすしかないです。檄(げき)って字はコレか。J2に落ちた時の悔しさを思い出せ、あの負けられない日々、這い上がるための努力、浴びせられ続けた激しいサポータの声。心無いようにも思える声。人知れず流した涙。心折れそうになった瞬間。支えてくれた人たちの思い。立ち上がろうと思えた瞬間や出来事。すべてを糧にして奮い立たせて力にして、結局は選手にしか結果は変えられないんだけど、僕らの思いってのは、それでも無慈悲にもその限界を超えて選手の魂に乗り移っていく。それでなんか得体のしれないパワーみたいなもんが生まれると何となく信じているから応援しているし、声を張り上げるし、飛び跳ねる、体を揺さぶる。それもほどほどなわけだけれども。


倉田選手のミドルの後の青と黒の男やろコールは、なんか凄いものが渦巻いてたような感じがする。点もはいんなかったしね。で、ジョンヤ選手に交代でコールが途切れた瞬間の油断からか、その呪縛がとかれたかのようにその隙からゴールが奪い取られた。一瞬のうちにクロスがピンポイントで入ってうまいことやられた。でも、サポーターの最後まであきらめない。ガンバ大阪コールはいつもどおり。冷静にスタジアムを鳴り響かせていた。ヤットもいつもどおり冷静だった。俺らも冷静だった。いつもならこのまま敗退して肩落として帰るんやけど、今日は奇跡が起こったね。米倉選手のフェイントの後のスライディングタッチの左のキックはキーパー足の上を通過してゴールのネットを揺らして、長谷川監督をピッチの中に呼び込んで、監督は退場という前代未聞の逆転劇。こんなんみたことなかった。


ゴール裏の一体感凄かった。ちょうどいいくらいの人数だったし…。不思議な感じ。また新しいスタジアムでもこういうびっしりとゴール裏とか、バックスタンド、メインスタンド、埋め尽くして、こういう群集団を形成できたら素晴らしいと思う。交通システムももうちょっとよくならないと若干フラストレーションが高まりそうだけど。


今回は自転車でスタジアムまでいきました。淀川を渡っての全体で15kmくらいで往復30kmの工程ですけど、なかなか手ごわいコースです。やっぱ電車が早いし安いし便利かもしれません。尻が痛くてヤットのタオルマフラーをおしりに敷いてたんですけどいつの間にかなくなっていてどっかで落としたみたいです。イタイ出費になりました。結局電車の方がやすくついたやんっていう感じです。それに途中で栄養ドリンク1本と抹茶ミルク補充したし。そのお金で切符買えたでしょ。しかも、台湾台風18号の募金箱に財布にはいってた小銭全部入れたし!ヤケクソ!もってけどろぼう!なにやってんだおれ。的な。せっかくせつやくしても結局、差分を大きく超えて消費する悪い癖があったりします。スタジアムでリアルゴール飲んでから募金したからなんとかもったけど、手持ちの現金無くなった状態で、何も買えなくって辛かった。なんで全部募金しちゃたんだろオレ。でも、お財布携帯って奴には限りなくお金はある状態。試合終わりの近くのコンビニでのジュースがうまかった。SUICA経由ICOCAありがたや~。ところで、台湾台風ってなんだっけ?知らないんだけど。無知って恐ろしいなって思った。結構ニュースみてるつもりだったけどしらないことってあるんだな。あるんだわ。うん。そんなもんって自分でも自覚してるから大丈夫。知らないことの方が多いの知ってる。オレは無知のカタマリ。偏差値でいったら32くらいっしょ。でもテストとか試験とかあるときは頑張る。徹夜で頑張って、なんとか偏差値50くらい狙う。50って。普通。それが俺の生き方。無能だけど、なんとかして、普通を目指す。なんとかする。これが限界。ほんとはサッカー選手みたいに秀でた才能とかあったらおもしろい人生もあったかもしれないと思うことはある。ないものはない。仕方ない。探したけれどなかった。人生半ばにして、悟った。俺には秀でた部分ってのはなさそう。いたって普通レベル以下の才能。これ以上はさみしくなるからやめるか…。んとね。おっとっとはなしそれつつあるか…。しかも、募金のお金入れる瞬間誰も見てくれてなくて、なんつうか「ありがとうございます」とか、そういうコールがなかったんですけど。こんなに身銭けずってこの仕打ち。なかなかですよコレ。あと自転車置き場ってちゃんとしたものってのはあまりないんですね。警備員さんにきいたら、東記念公園駅の下に置いといたらって言われました。ホントは駄目だけど付きの説明でしたけど。みんなそこにおいてるしイチイチ聴くな的な感じの野暮な質問に受け止められた感じでした。警備員さんも大変ですね。なんでもは対応できないってことですね。知ってることだけ。


でも、いろいろ勉強になりました。寝屋川市菅原神社の交差点からスタジアムまでの経路でのGoogleナビ不思議ポイントを解決しなければならないとおもっています。徒歩でのナビなので、ちょっと厳しいコースで案内されました。後程、どれくらいきびしかったか解説したいと思います。電動折り畳み自転車で走ると鳥人間コンテストの操縦士の凄さが身に染みるくらいのコース取りになっています。


次もかてかてかて、アジアを獲ろうぜ、CWC行こうぜ!ヤットの最期の花道になるんじゃねぇの?あと2・3回くらいしかチャンスないと思う。こんかいで決めた方が楽だと思う。つうか決めるしかない。んで、うっかり、宇佐美選手が劇的に成長して、CWCもとっちゃうんじゃねぇの。なんかすごいことになってもいいと思うんだけど。日本人だから無理とか思わなくていいと思うんだけど…ありえると思うんだけど。クリスチアーノロナウドに一対一で勝つ岩下選手や米倉選手や丹羽選手あるいは他の選手の姿もあっていいと思うんだけど。メッシとか、ネイマール、スアレスとか、そうそうたる面々も関係ないっしょ。ガンバが勝つる!


2015-09-30 ??:00~Away・天河体育中心体育(中国のどっか)
広州恒大戦 負けた。ガンバが貴重なAwayゴールを1点先制するも2点を返され逆転負けを喫する。4万人越えのアウェイの赤い集団の洗礼を受けたらしい。悔しい。きゃしい。悔しい。試合見れてないからよくわかんないけど悔しい。なんでなん。なんでなん。最低限の成果?あほか、そんなんあるか。どうやって次を0でおさえるつもりなん、俺らの声援で0に抑えれるわけじゃあるまいし。どこが最低限の成果なん?なんのつもりなん。
とりあえず4点取らな勝たれへんと思っといていいと思う。パトリック選手。宇佐美選手。倉田選手。安部選手。みんな1点づつ!とりこぼしたぶんはだれかが補う。取れてない間は手を抜かないで応援し続ける。その覚悟が必要だと思う。というそういう気持ちを共感するのは無理だから一人だけでもそう思ってスタジアムに乗り込んで念を送り続ける。ヤットに向かって念を送り続ける。司令塔に思いが通じれば、あとはなんとかなるような気がしないでもない。とりあえずスタジアムまで無事故で行くだけだな。また自転車で行くわ。炎のチャリダーが大阪の北摂地区を疾走するわ。電車代浮かした分だけ、なんか違うことにつかって貢献するわ。そうするわ。アジアとりたい。どうしたらいいんやろ。なんか勝てるイメージが湧いてこない。イメトレしなあかんわ。勝てるイメージしなあかん。まずはイメトレ。つうか、試合やるの選手でしょ。マジ頑張ってもらうしかないわ。とりあえず、10月10日を楽しむことにします。


新スタジアム見に行こう!


一人でガンバ大阪ファンとして超絶に楽しめるだけ楽しむ2015年。コレが最期のガンバファン活動になりそうだな。ヤットと宇佐美選手とNew→米倉選手のサイン欲しい。特に米倉選手のコンフィットシャツ欲しい(追記:2015年版はコンフィットシャツがかなり省略されたデザインでしょぼいないらしい…なので、レプリカにしたほうがいいらしい。1万円…。たけぇ。かといってオーセンティクとかアホみたいにたけぇもんカエルワケネェシ。お金持ち羨ましい。スポーツする人なら多少高くても意味はあるんでしょうけど。1万円か…。悩むな。ヨネは背番号フタだからプラス3000とかだろ…。まぁイオン四条畷オープン記念とかって奴で買っとくか。スポーツオーソリティ待ってろぃ。更に追記:だめだ、ヨネは在庫ないらしい。イオン四条畷のオープン記念にアヤカレナイらしい。結局、ヂュー阪急山田吹田店さんで発注するしかないらしい。でもあるだけマシか。望みがあるだけマシか。買いにいっとこ。後悔したくねぇし。三冠の後の栄光のゴールドのJマーク…。生涯ダイジにするし。ジョギングとかして余生過ごして死ぬつもりだし。1万円でその理想の死にかたを手に入れるし。壮大だし。他人には理解できるわけねぇし。買いに行くわ。更に追々記述:Dew阪急山田吹田店さんまで足運んだらまた違った展開が!。Jのゴールド腕章版はなくて、天皇杯版しかないってさ。どうするオレ。どういうこと?つうか何その天皇杯版って聞いたことも見たこともねぇレアさ。父の分と合わせて2着買う予定だから、2着もそのレアな天皇杯の腕章のソレを買うのオレ?どうするオレ。参った。でももうここでしかヨネはできないって言うし。とりあえず買った。なんかオカシイ。店員さんの言う。「あるいみレアっすよこれ。」は、なんとなくわかる。みたことねぇし、天皇杯も去年だけど、頂点をとっている。かといって、天皇杯とらなくてもそれはつけれる腕章なんじゃねぇの?違ったっけ?その腕章になにか意味あんの?教えて?誰か?どれくらい意味あんの?でも、ヨネのユニ印刷できるのはここだけだという。スポーツオーソリティの仕組みわけわかんねぇ。なぜ四条畷店さんではヨネの背番号印刷できねぇんだ。それに、こないだは四条畷さんにM-L寸のJのゴールド腕章あったのにSS-S寸とO-OX寸の天皇杯腕章版しかねぇって意味わかんねぇし。そんなこと店員さん、そんなこと言ってなかったし。なんだよソレ。って思いつつも仕方なく買いました。(2015番天皇杯腕章レプリカユニホーム10800円なり、米倉選手#14DF背番号2ケタ印刷費用 4860円なり)x2…なかなかの出費です。イオン系列のサービスカード持ってなかったし。家族にイオン株主がいるんでお金渡して買ってもらった方が良かったかもくらいのことはある。3%キャッシュバックあるんでしょ。関係あんのかな?つうかなんでイオン系のカードがこんなにつかえる店にかわっちまってんだスポーツオーソリティさん。いみわかんねぇことだらけだ。まぁ、じぶんはじぶんのカードのポイントをつけるだけのことよ。どうでもいい。いろいろかんがえんのメンドクセ。とにかく天皇杯腕章になっちまったよ…なんでだろって一日考えて、待てよ。四条畷さんのJゴールド腕章をDewさんにもっていけばいいんじゃねぇの?よっしゃぁ…ピコーン!と、おもったので即行動してみた。そしたら少しだけトキオソシ。M-L寸が無くなって、O-OX寸のJゴールドだけの在庫に!マジか!でもSS-S寸の天皇杯はそれはそれで珍しいから父用はソレのままにしてやろうとおもった。でも、オレはO寸か~妥協だけどJゴールドになるのは嬉しい。Dew阪急山田吹田店さんも天皇杯腕章版O-OX寸法だし。というわけで、差し替えすることにしました。つうか差し替え出来るそうです。このことに最初に気付いていれば、最初から四条畷店さんでM-L寸法Jリーグゴールド腕章版の背番号無しレプリカ買っておいてたのに!連携ミスっ惜しいっ!けど店員さんはしっかり調べてくれたし仕方ないか?恨むならスポーツオーソリティさんの連携の無さ、しいては、店舗どうしのつながりの薄さを恨むしかない。惜しいっ。ABCマートならこんなこと無いのにっ。惜しいけどABCマートが過激で異常な連携なのも否めない。とりあえず。えっと、いまから数えること数十行前に書いた夢の老後には近づけたから良し!ひょっとしたら、今から食べ過ぎてブクブク太ってO-OX寸にしといて良かったって未来もありえるしな。追記オワリ。)。今年中にどこまで達成できるかな。ヤットさんのファンサービス精神最近旺盛だから、なんかイケそうな気がしてるんですけど甘いかな。つうかなんでヤットだけ呼び捨て?


2015-10-04 Sun. Away とどろきスタ
川崎フロンターレ戦 まさかの久しぶりのノーガード的な打ち合いで敗戦。なんだっけ5対3って何時以来だコレ。っていう負け方。やりにいってやられたって感じ。なにもやらないよりましだけど、昔ながらのガンバスタイルってココにあったんだっていう感じです。(・∀・)イイ!!。負けたけど。(・∀・)イイ!!。こんな戦い方できるオレら。(・∀・)イイ!!それって俺らの魂。誇り。(・∀・)イイ!!でもまけたら意味ねぇ。考えんといかんな。これのやり方で勝てるのが昔のガンバ。思い出さんとイカンのはソレ。惜しかった。でも面白かった。宇佐美選手頑張ってほしい。


2015-10-07→11 Wed. Sun. Away→Home デンカ→万博 ヤマナビCup
新潟戦
1戦目でまさかのAway敗戦。でもHomeで2-0の完封勝利!で逆転勝利。やったぜ決勝進出。すべての冠に黄色が点灯していたところにようやく一筋の光を灯したった。よかった。( TヮT)ノカンドウシター。
2015-10-10 新スタジアム見学会
新スタジアム見学会に行ってきました。素晴らしいスタジアムです。Aホームの2階席一番奥に座ることになったとしても、この見晴らしです。さらに奥のカテゴリの席もありますが、ドームの2階席みたいなもので、普段はこれ以上奥の席にいくことはあまりないと思います。
市立吹田サッカースタジアム


さすがは7mとうたうだけのことはある。近いです。迂闊してるとFKのボールが直撃して捻挫とかしそうです。前の方に座る人はしっかりと試合観戦しないとだめですね。よそ見してたら怪我します。自己責任です。カップルの方は女性をうまくエスコートしてあげてほしいですね。ファミリーの方は子供をしっかりと見守ってほしい。楽しく観戦できるようになってると思いますし、この良さを思う存分に活かしてほしい。なんだこの臨場感は!大阪唯一の国際基準、サッカー専用スタジアム。素晴らしいです。世界的プレイヤーが思う存分に駆け巡ってほしいものです。そこのカップホルダーは私の寄付金によって出来ているのかもしれません。大事に使ってやってください。って恩着せがましすぎるか…。いやはや。よくできたなぁ。ほとんどパナソニック様のおかげやなぁ。


2015-10-21 Wed. Home 万博記念競技場
広州恒大(コウシュウコウダイ)戦の第2戦目で1戦目はAwayゴールをもぎ取っているものの逆転負けを喫しているため無失点で1点差で勝つのが一番効率がいい勝ち方となるこの大一番。結果は0-0。……………。無念なりっ!!!!!!また、自転車で行きました。折り畳み自転車で走行距離往復40km超え(寄り道+歩道橋回避ルート開発のため距離が伸びたけど前よりは実はラク)。声が枯れるほど応援したなりっ。体調が悪めなのであまり無理はできなかったけど、それなりの応援をしたよ。一人で行ったにしても今回はAホーム席もびっしりで応援団チームの人に空いてるところ譲ってもらってそこで応援してました。ちょっとヘタレな応援なのに気合十分な集団の中に飛び込んだので、ちょっと緊張しました。女の人も凄い怒号というか応援というか声量で、選手やチームってのは愛されているんだなと思いました。その反面、雑談を盗み聞きしてたんですけど、意外と弱気な発言もたまにしていて、威勢のいい応援の合間にはこんな普通な顔もあるんだなと思いました。アタリマエか。ようするにどっか緩んでる瞬間ってはある。そりゃ素人だもの。つかれるよ応援だって体力はいる。正直、ずっととんでたら死ぬ。管理人は飛んでるフリしながら、大きな声出したり、要所要所だけ叫ぶスタイルだね。許せ。若者たちよ。これがおじちゃんの限界だ。腹式とか意識しないでガンガン声出すから、声が枯れたよ。


それにしても、もうこんな頂点をめざす戦いは暫くは味わえない。だから勝ちたかった。みんなで喜びたかった。スタジアム全体でなんとかその不思議な力を発揮したかった。でも、何かが足りなかった。悔しい。あと一つが出なかった。なんなんだろうな。何が足りないのだろうか。日本のクラブチームがアジアをとれないんだろうか。残念だ。また来年。いちからやり直せるんかな。やりなおしたいよ。ヤットも宇佐美もあきらめてないやんな。まだやれるやんな。もう疲れた体動かへんとかいわんとってや。もう一回だけこのメンバでアジアをとるところ見てみたい。ぜったい見る。そんときは海外でもどこへでも行く。そんな勢いだ。


え!?それって、おまえはただの旅行やん。せやった。オレはただの旅行やった。恥。


あのデッカイスタジアム使ったってヤ!3000円しか寄付してへんけど!つうか、Awayチーム席の陣地広すぎ、どんだけ買収されてんだよ。ガンバ大阪。チケット完売にするためにあれだけ広げる必要はあるんか?AwayがHome化しちまうだろが!と、思いました。なんにしても、金持ってるチームは手ごわいってことだな。ファン大杉。ファンも金持ちスギ。うらやましい。なんで大阪まであんなにいっぱい来れるん?


はぁ、年間3位いけるかなぁ。もしくは天皇杯。どれもきびしいなぁ。きがついたら無冠ってのもあるという。まずはナビスコとって、無冠を絶つ!これが大事なのかもしれない。かてかてかてかて!テレビで見れるんやで!ナビスコ!


15-10-18 Home
浦和戦 2-1 勝ったね。FC東京負けてくれたんで、年間3位がグッと見えてきましたね。次節、東京はこのクソ強い浦和となんで、ご愁傷様です。死亡してほしいです。ガンバはJ2降格争いという絶滅寸前のベガルタ仙台さん(たぶん生き残れる)と真剣勝負をするだけのことです。目の前の1勝をもぎ取るのみです。勝つだけです。勝つしかない。ひとつづつ積み重ねて、再挑戦するしかないのです。アジアをとるのです。その上でCWCに出ないと意味がない。開催国枠はズルいから必要ない。本音はズルい枠でもいいからCWCで優勝したいけどね。


ナビスコぼろまけて…。Homeサンフィレッチェ戦でぼろ負けて、無冠が見えてきた。喪失感ハンパネェ。そりゃAFC負けるわって思った。あそこまでガンバが残ったのが奇跡。っていうか選手のみんなのメンタルが心なしか落ちている気がする。全力でサッカーやってんだけど、なんか、心のどこかで引きずってる感じ。ファンもそう。だから、今年はもうヤバいかもしれん。AFCで燃え尽きた。全力でサッカーやってる選手の姿を信じるだけだな。残りひとつはきっちりとって、奇跡を信じよう。


選手の全力で取り組む姿を最後まで見届けるシーズン終盤。切り替えれると一番いいんだけど、そんなことどうやったらできるのか、AFCの喪失感はやっぱデカかった。我らがガンバを信じよう。ヤットさんの冷静さを巧みな戦術を健太氏の手腕に期待しよう。


ユニフォーム買ったけど、まだ背番号が出来上がらない。楽しみだ。大阪のおうちにスカパーひいたし、家でまたーりと観戦しますよ。最後の最後に強さを見せてくれるはずのガンバを見届けます。


ユニフォーム出来上がった!すげぇ。まぶしい腕章。まだ着ていない。おおきいんだろうなぁ。身長170cmなのに。180cm用だもんな。天皇杯の腕章は前年チャンピオンだけが付けれるというプレミアムなものだった。他のチームはつけれないらしい。カッコいい。父用ユニもかっけぇ。みんなも注目してみて、12月末に戦う我らがガンバ大阪の右腕を!

15-11-18 Wed.
天皇杯 4回戦 川崎戦 Homeは2-0で勝利。大森選手。倉田選手。やってくれたぜ。年末につないだ。道のりは果てしなく遠い。J1勢ばっかりのベスト8。
15-11-22 Sun.
山形戦 Home最終戦 まさかの4-0の完封勝利!前半0-0で、点数はいらなくてもたついてたけど、やってくれたよ。( TヮT)ノカンドウシター。わずか6分間で4点を入れるという気迫の一撃。つまり、3点差でも後半43分くらいから逆転することがあるってことっすよコレ。サッカーは最後までわからない。そういうことを証明したんしょ。一気呵成すれば、こんな展開もありえるということっしょ。いや、ゲーム終盤で3-0ならどんびきしてくるから必ずしもそうなるとは限らないが、可能性はあるってことっしょ!すげぇ。宇佐美選手の完璧なる2アシスト。ヤットの華麗なるCK!飛び込んだ米倉選手。最初のはごちゃごちゃしたけど、窮屈な感じで大森選手のところへ転がり込んだボールを自身がトラップして、華麗にグサリ。しぶかった。


FC東京が点を取れなかったみたいで、引き分けだそうなことで、年間順位の3位を再度奪還。広島に無駄に負けた分をなんとか取り返したカタチ。山形は強かった。危なかった。鳥栖も強かった。他のチームもつえー。どこもつえー。Jリーグ面白い!って思ったのガンバ大阪ファンだけかな。とにかく、せっかく次のステージに進めることになったんだから、とことん叩いて這い上がらないとな。そういうコンフィギュレーションだからな。規定どおり戦って、規定にしたがって優勝の2文字を掴みとるのみ!浮き沈みのあるチームだけど、可能性はあると思う。遠藤キャプテンの力強い宣言もあったし、実現して証明してくれることを願うよ。ヤットさんかっけぇっす。


15-12-02 Wed. Home
広島戦 第一戦。2-3というまさかの大逆転負け。オ・ジェソク選手が相手清水選手の挑発に乗ってしまい退場。ガラッと流れが変わった。またしても自転車でかけつけるも、敗戦。この自転車かけつけ、縁起悪いんかな。いい調子で点数入るのに、自転車で行くといい意味でも悪い意味でもドラマが起こりやすいのがここまでの個人的統計。現実の事象とはなんら関連性はない。ま、関係ないもんは関係ない。とにかく、おかしなことになってしまった。首根っこつかまれて倒されたのはオ・ジェソクで、悪いのは相手だ。なのに、あの横柄なクレームで胸を突き出してきた。それで押し倒してしまった。相手の方が一枚上手の挑発だったとしたら、ヤラレタとしか言いようがないが、それを見抜けない審判って一体っていうのも切なさを感じる。運が悪かったけど、実力も足りていなかったのかもしれない。悔しい敗戦だ。かなり、これで立場的には辛くなった。2点差以上の勝利。あるいは4点以上入れての勝利。厳しい条件を突き付けられた。今野選手でさえ、最後の最後にあの慌てようだもんな。ダメだよ(T_T

帰りにExpocityを散策。楽しかった。ガンダムとか。イルミネーションとか。観覧者建設現場とか。一人でも十分楽しめるね。渋滞が凄まじいのと駐車場料金がかかるのがイタイ。貧乏人にはあまり用の無い施設だね。近所に住んでたとしても徒歩圏内には家はないので、少なくとも自転車で行く必要があるし、小高いところに立地しているため、坂も半端ない。Expoランドが衰退した原因をあまり理解していないのではないだろうか?いずれ、しょっぼい事になるような気がする。毎日いずみやで食料品買う人なんているのか?どういう層だろ?当面は物珍しさで込み合うだろうが、そのうち、そこらへんのアウトレットと変わらないくらいの状態になるんだろうと思う。まぁ休みの日は常時込み合うか…。

15-12-05 Sat. Away
広島戦 第二戦。1-1の引き分けでCS(ChampionShip)は完全なる敗北に終わった。可能性を感じる1-0の先制弾はあったものの、後半に広島浅野選手が縦横無尽に走り回って、ガンバは疲れさせられた挙句、彼に華麗なるヘッドまで決められる始末。勢いのある若手にやりたい放題やられた。あとは天皇杯だけど、広島も残ってるし、このままだと厳しい。対策が必要だ。健太さん緊急のトレーニング施策と作戦を頼む!無理か。まずは鳥栖さんに勝たないとな。テレビで応援するよ。無冠。あるな。コレ。ある意味。天皇杯もレッズあたりとぶつかって準優勝っていうのもあるような気がする。準優勝で3冠とかあるな。CWCも残念だったわ。広島にはせいぜい頑張ってもらって、日本のクラブ力を示してもらいたい。新スタジアム使えんで残念やねぇ。貸さへんもんね。ふふん。だ。
15-12-26 Sat. 万博記念競技場。公式戦はまじでラスト?
リーグ戦3位浮上。チャンピオンシップでは2位確定に導いてくれた鳥栖さんとの対戦。最終節でFC東京さんを撃破してくれたおかげで、まぁいい夢を見させてもらった。でもそれはそれ。何も手を抜くはずがない。我らがガンバ大阪は宇佐美選手が一閃。振り向きざまの振りの速いシュートは今年一番のしびれるシュート。そして、横に倉田選手、長沢選手のおとしから宇佐美選手がドリブルで横にスライドしながらの一閃も決まり2点目、最後は、長沢選手の相手バックパスをインターセプト。見事な決定力で追加点。3-1で勝利。
15-12-29 長居スタジアム
サンフィレッチェとの因縁の対決と再燃だ。またもや宇佐美選手が爆発。振り向きざまの振りの速いシュートは今年一番のしびれるシュート。長沢選手の抜け出しも華麗にきまり3-0で圧勝。なんでこれをCSでできなかったんだろうかと思うと切ないが、大事な決勝への切符を手に出来たし、良いよね。全部勝つのはやっぱ難しいか。いやはやAFCとって世界とることを考えたら、こういう試合運びを毎試合できるガンバになってほしいね。
16-01-01 味の素スタジアム
2回目の国立立て直し期間中となった天皇杯は味スタで、浦和レッズと我らがガンバの一騎打ち(サッカーだから2チームで決勝を戦うのが当たり前なので一騎打ちなのもアタリマエ)。幸いなことに相手は主力選手がけがをしているため、ベストメンバーではない。常日頃から体の状態維持についてケアを怠らないヤットの遺伝子がガンバの各選手に伝播しているせいか60試合たたかってきて、怪我での離脱が少ないガンバ。状態はいい。宇佐美選手の調子も上がってきている。でも、今日はパトリックの調子選手がすこぶるいい。ラフといえばラフなプレイが目立つのがパトリック選手だが、後半にはいって、立て続けにゴールを奪う。足と頭の2本。2本目はヤットのスクイーズプレイだったね。完璧なCKだったと思う。キックの精度が半端なかったっす。よくよく聞いてみると、通天閣でウルトラマンの収録をやったらしく、走っているピザ宅配バイクの荷台にサッカーボールをぶち込むという感覚をみにつけていたらしい。精度が一段と上がった感じのキックだった。パトリックもかなりフリーで当てるだけだったし、見応えのあるシーンだった。今シーズン、これだけ頂点を逃し続けたガンバがついに頂点をとった。天皇杯は一発勝負で、一番難しいタイトルだ。だからこそ嬉しい。格別のチャンピオン気分だ。オワリ良ければ全てよし!


来年からはガンバ大阪は市立吹田スタジアムでの活動になります。広くなった観客席でゆったりと見れるかと思うとワクワクします。もっともっとスタジアムに足を延ばせる気がしますね。セキトリとか夢中にならなくてもどこかには座れると思うので、誰かと一緒に行ったりするのも楽しそう。ひろいから応援疲れたら端っこの方に退避すると言う高齢者としての振る舞いも許されるやもしれんし。ゴール裏の空気が淀むので、ほどほどにしながらも楽しみたいです。楽しみ方の幅は広がったと思う。最前列付近で臨場感を楽しむのもいいし。選手と触れ合えるんちゃうのコレ。こけら落としチケットとろう!

終了したシーズンの記録



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス