カツベン

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

 活動弁士という無声映画である活動映画のセリフやナレーションを入れる職業に憧れる話で、子供の頃から夢だった活動弁士という立場を偽の弁士として、人を集めては、集めた地域で留守になったい家々の家財や金銭を盗む詐欺集団に属していた。やがて、深層にせまる活動映画好きの刑事。ある日、活動弁士の夢と女優を夢とすることを誓った幼馴染と再会する。彼女は女優になっていた。偽の弁士をやっていた主人公はある日、活動弁士が劇場から不満を理由に逃げ出したため、人員の補填が必要となっている所に出くわす。ちょっとやってみようと思い志願する。これまで詐欺で働いた弁士の技術は確かなものになっていた。観客を魅了する主人公だが詐欺グループから抜け出す時に持ち出したお金があって、これを追いかけている詐欺集団に見つかりそうになる。そして、追いかけられる立場になって逃げたりと、てんやわんや。なんだかんだ弁士の世界にある魅力を披露しつつ。幼馴染との恋の逃避行を企てたり。うまくいかなかったり。お金がどっかいったり。ドタバタする展開。そこそこ面白い。

'商品リンク

アマゾンプライムビデオカツベン



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス