エネルギー獲得手法

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

 電気でいえば、火力、水力、地熱、風車、波、洋上、太陽光、原子力、人力、ガソリンエンジン、バッテリー蓄電池、乾電池、充電池(リチウム、ニッケル水素、ニッケルポリマー、ニッケルカドミウム)、水素、天然ガス、バイオマスとかそんなのがメジャーです。夢の永久機関。


 ちょっとした未来を考えると宇宙無線発電とかあるらしい、宇宙に敷き詰めた、巨大な太陽光発電装置から凄い電磁波が宇宙からやってきて地球でキャッチする方法です。そんなんできるの?受信は太平洋あたりが穴場なんかな。でも、なんか通るときあるっしょ。船、飛行機ね。その前に巨大な太陽光発電装置を無数の星のカケラやら、スペースデブリを避けながらの安定供給。むずそう。宇宙にゴミを出し過ぎたな俺ら。未来の子供たちのためとかいうけど、もう手遅れなくらい、汚れてしまった。宇宙汚染。まぁそれがなくてもときどき星のカケラが飛んでくるし、危ないよ宇宙。宇宙スゲェ怖いからなぁ。


 地球外からの燃料調達。太陽があんだけ燃え滾ってるんだから、どっかの惑星から燃料掘り起こしてみたりね。石油はないかもしれんけど、なんかあるんじゃね。いずれにしても、アルコール、石油は無尽蔵にあるなぁ。小学校のとき習った内容だと、もうとっくに枯渇しているはずなんだけどなぁ。枯渇しねぇじゃん。嘘つき。


 鎌倉幕府の歴史年表変更よりたちが悪い。あんなの数年の誤差じゃん。こっちは大ウソ。無尽蔵。原子力もプルサーマルとか、頑張ったら、無限にいけるんでしょ。


 でも、エネルギー、いつかは無くなるよね。それまでに無限のエネルギー獲得手法を確立しておかないと、早めに人間は滅びるね。最後は地球上のありとあらゆるものを燃やしてエネルギーを使うのかな。


 さぁみんなで自転車こごか…



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス