ウェアラブル端末問題

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

ウェラブルコンピューティングの開発が盛んに進められていますが、いつでも身に着けれるものってのは限界があります。人間はお風呂に入るときには指輪や腕時計やコンタクトレンズやメガネ、あるいはブレスレットやピアスのような装飾くらいしかつけていないと思います。そしてでかけるときに欠かさず持ち歩けるものとしては、上記に加えて、財布、スマホor携帯、カードケース入れ。カバン。まぁカバンやスマホあるいは財布なんかはウェアラブルとは言えないので、やっぱりお風呂ベースで身に着けているものまでがウェアラブルと言えましょうか?


これに何を詰め込めるか?重さも限度があります。電源もバッテリー容量も燃料搭載容積も限度があります。そこまで小さくできるか?時計は現実的な範囲のウェラブルだと感じました。各社頑張っていただければと思います。ただし、時計は時計以上の機能を付け始めるとながら操作になるのでいろいろと危険です。やはりコンタクトレンズやメガネくらいのレベルの重さを保持したまま、ヒューマンエラーを発生させない程度の安全性を確保しつつもウェアラブルにしていかないといけないと思います。


通信環境の整備にお金がかかっている現状では、いつでもどこでも通信ができないと駄目なのでもっともっと整備してもっともっと安くしないと駄目なはずです。理想的なウェアラブルコンピューティング環境を手にすることはできるでしょうか?実用性の高いものを提供できたものが勝者なのでしょうか?経済戦争の結末やいかに!


コンテンツ制限についての法整備も進めないと、ウェアラブル画面酔いとか位置情報表示関連の犯罪や盗撮関連の犯罪につかわれる可能性もあります。



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス