あずまんが大王

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

概要

いわゆるギャグ漫画なのですが、これにいわゆる萌えの要素を足しこんで2で割ったようなジャンルの先駆け的なものです。ちびまるこちゃんに萌えをプラスしたような、そんな感じです。エクストリームちびまるこ。ん~違うな。こういうジャンルをなんていえばいいのかわからない。萌えボケ系とでもしておきましょうか。そんな言葉あるかどうか知りませんが、しっくりきます。この作品は何人かの変わった個性をもつ女学生による青春萌えボケ系の漫画・アニメ作品です。笑いもいい感じです。また、オープニングやエンディングの音楽も素晴らしく同期のとれた映像になっていて何度も聞いている内に心地よくなってくる洗脳系の音楽になっているように思います。


キャラクターの個性。そして、破天荒なストーリー。かわいらしさ。いい感じです。大人の男がこんなものに興味をもっていてはいけないのかもしれませんが、なんとなく愛らしいのと面白いのが好きではまってしまう人がいるのもおかしくはないのかもしれません。それでも、オレはこんなの興味ねぇっていうほうが男らしいと思いますが、本能みたいなものをくすぶられてしまいます。そしてオタクと呼ばれる人種へと変貌してしまうのかもしれません。自分はサブカルに詳しい程度の位置づけを目指しているつもりですが、そこらの女子にいわせれてみれば、完璧にオタクなんでしょうね。まぁオオサカかわいいですしね。(でた。こいつ、どさくさにまぎれて好きなキャラとか言い放ってる。)


なんつうか、日本って平和で、なんつうか、ほのぼのできるっつううか、楽しい国だなぁって思える作品です。こういうのもあっていいと思うし、こういうのが、アニメ業界をささえていかなければならないと思いますね。ギャグ。大事です。お笑い芸人と同じくらい漫画家ってのは人を笑わせる職業でもあったわけです。四コマ漫画に始まり、漫画にはストーリーだけでなく、ほほえみが必要なのだと思い返すことのできる作品です。笑いが好きで、アニメに拒否反応を起こさない人なら、一度見始めるとどっぷりはまってしまうような構成になっています。


そして、愛好家も多く、ネットなんかでの引用率もまだまだ高く、なんだこれっていうようなネット上の会話ではよくよく見てみれば、この作品の一シーンが切り取られて活用されているように思います。


商品リンク

  • 漫画
あずまんが大王 全3巻 完結セット (少年サンデーコミックススペシャル
  • アニメ
あずまんが大王 コンプリート DVD-BOX (1-26話, 676分) アニメ <DVD> <Import>


個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス