⧅ffmpeg

提供: yonewiki
移動: 案内, 検索

パソコンに戻る

目次

概要

 ffmpegはほぼ全ての形式を網羅した動画変換と少しのエフェクト・編集ができるアプリケーションでもあり、ソフトウェアです。コマンドプロンプトでの操作が基本となっているソフトウェアで、GUIもあるよ。という感じです。


インストール

 ffmpeg-guiというGUI形式の専用アプリケーションがありますが、コマンドで操作するのが柔軟です。


 本家


 インストールしたら、環境変数のPathへの登録をしましょう。どのフォルダがカレントディレクトリであってもffmpegというコマンドが使えるようにします。

 [コントロールパネル]-[システム]-[システムの詳細設定]-[詳細設定]タブ-[環境変数]ボタンから下側のシステム環境変数側のpathという項目を選択した状態で[編集]ボタンを押して、[追加]ボタンを押して

  • C:\Program Files\ffmpeg\bin

 と登録します。インストールしたディレクトリによってffmpeg以前のディレクトリ階層が異なる可能性があります。

使い方

 ここでは基本的な使い方を紹介します。引数、オプション、オプションの値、オプションの中の要素。要素に対する値と多岐にわたる使い方があります。普通にこれらの全ての説明をしようと思うと、数千行の文章量になってしまいます。

  • 動画・音声ファイルの詳細情報取得
>ffmpeg -i [ファイル名]

 -i 入力ファイル名を -i の後ろにスペースを一つ追加した後に記述することを意味しますが、変換・加工処理をして出力するファイル名を省略した場合は入力ファイルの詳細情報が表示されます。以降 -i のオプションのように引数値を指定する場合にスペースを一つあけて記述すること自体を -i の引数という風に呼ぶことにします。都度、スペースの後ろにとか説明していると読んでいる人に分かり難いし、記事を書く管理人も疲れます。winwinです。

  • 動画・音声ファイルの簡単な変換
>ffmpeg -i 元の動画ファイル名と入力のパス [オプション] 変換後の動画ファイル名と出力のパス

 カレントディレクトリ。作業中のディレクトリにファイルを置いたり、出力したりする場合はファイルのパスに関する情報は必要ありません。ファイル形式を変えるだけの処理で、変換後のファイル形式とも互換性があるときは、オプションを省くことが出来ます。拡張子から判断します。ファイルの拡張子は、こちらのエンコード・デコード対応ファイル形式、一覧表を確認して下さい。オプションを指定しない場合、動画ファイルのコンテナーの形式だけが変わる感じになります。コンテナー中身にあるビデオ形式やオーディオの形式が保持されます。まぁ普通はオプション付けるでしょうね。動画ファイルは箱の中にストリームという単位でビデオだったりオーディオだったり字幕だったりを保持して構成されています。このときの箱のことをコンテナーと呼びます


⧅ffmpeg 全てのエンコード(ファイル生成)・デコード(ファイル読み込み)可能なファイル形式

⧅ffmpeg 全てのオプション一覧と可能な限りの説明


関連情報

⧅ffmpeg DivX HomeTheater形式の生成

 

パソコンに戻る



個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス